琉球王国
[Uncyclopedia|▼Menu]

アンポータル 国

琉球王国(りゅうきゅうおうこく)とは昔々の大昔に創られた。現在の沖縄県にあった。かなり昔に西郷どんの犬に滅ぼされたが、現在では琉球王国は日本の統治下にあると勘違いしたうみんちゅの心の中だけに存在する。
目次

1 概要

2 国名

3 歴史

4 文化

5 関連項目

概要

1429年?1879年に存在していた王国。どっかのだれかさんが作った。このどっかのだれかさんは、少なくともひよこ陛下より弱かったことは言うまでもない。中山にあった王朝って言うんなら1185年にはあったよね
国名

ここで注目してもらいたいのは国名で、「琉球王国」は、名前の全ての文字に「王」が含まれている。これは、この国を建国した国王が、「国にとって王様が絶対的な存在だ」ということを、しらしめるためにつけたと考えられている。また、それぞれの漢字には意味が込められている。

「琉」 - 国民が王の気まぐれに流されること

「球」 - 地球は琉球王国の国王のものだということ

「王」 - 王が全てを支配すること

「国」 - 琉球王国が全ての国の中でトップだということ

歴史

1420年
 現在の沖縄にあたる島が海底火山の噴火により誕生。

1422年 ひよこ陛下がこの島を発見。この島に「那覇」と命名する。これは、後の那覇市の地名の元となった。

1429年 どっかのだれかさんが琉球王国を建国。どっかのだれかさんが那覇に上陸し、たくさんの先住民を使い、城を建設。同年、この城を拠点とした国、琉球王国を建国した。島が誕生してわずか9年で、なぜ先住民がいたのかは不明。

これ以降は書物が全くないため、不明。


他にも諸説あるが、特に琉球王国がムー大陸の一部であったとされる説が有名。その証拠は、与那国島近海および北谷(チャタン)沖の海の底にあるとされる。
文化

一般的にこの国は国王が中心なので、琉球王国の文化は国王に支配されている。国王の気まぐれで2年に5回ぐらい文化の特徴が代わる。このことから国王は代々、思いつきが激しく、影響されやすく、染まりやすく、飽きやすいことがわかる。

以下は琉球王国で興った代表的な文化である。日本では地名や時代名が文化名になることが多いが、これらの文化は全て国王が発端のため内容が文化名になってる。

第一次奉公文化琉球王国最初の文化。全国民が国王に服従し、奉公するというものである。国王をたたえる祭りが度々行なわれた。

第一次健康文化全国民が健康に気をつけ、食の規制などをした。健康グッズが飛ぶように売れた。

第一次運動文化上記の健康文化が発展し、運動が中心になった。毎日2時間の散歩が義務付けられたが、畑仕事をする時間がなくなるため、数年でこの文化は無くなってしまった。

これ以外にも第二次、第三次があるが後になるほど文化の広まり方が極端に狭いため、それらの文化は無かったと言ってもよい程である。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「琉球王国」の項目を執筆しています。

琉球帝国

沖縄

sengoku38監督の「琉球王国」を見ている暇があるなら早く最新のプラウザにアップグレードしてくださいお願いします (Portal:スタブ)


更新日時:2018年7月14日(土)01:26
取得日時:2019/08/26 09:09


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4924 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef