現代アート
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…評価[編集] 「現代アート」と名乗っているものは、言うまでもなくアートである。しかし大抵の場合、その評価は決して芳しくない。なぜなら、素人目には何がなんだかわからないからである。それが現代アートなのに、という根本的な事をわかっていないのだ。そういった周囲の厳しい評価が才能の芽を摘むこともある。そんな中、少しでもそうした自体を減らそうと、幼稚園の段階からそういう教育を進めていく方針が全国的になっている。園児が「せんせいとぼく」の題名で書いてきた右の絵に対し、右下の赤い部分が「幼さゆえの活気に溢れる自分自身」を、そして左上の青い部分が「そういった自分たちを愛のこもった目で見て育ててくれる先生」をそれぞれ表していると瞬時に判断し、正当な評価を下すのだ。「うわぁ、よく描けたねぇ。すごいよ、そっくりだねぇ。」などである。

ただしこの教育体制はなぜか小学校以降は確立されておらず、小学校でこんな絵を提出しようものなら「ふざけるな」と一喝されるのみである。こうして大部分の子供たちは、古い時代の美術感に戻されていくのである。指導者の頭の中がルネサンス時代で凝り固まっていると言えよう。そんな人たちに「現代アート」を理解させようとするのは、まったくもって無意味である。
総括

現代アートは、文字通り「現代のアート」である。文化が変わろうとする時、それは時として大きな抵抗を生む。素人が現代アートを見て首を傾げるのはこれにあたる。しかし時代の流れによって、それらは徐々に認められていくのである。原始から続いた美術の概念を覆しかねない現代アートだが、それはいずれ新たな美術界の常識になっていくものなのである。時代の変化についていくのはいつの世も難しいことだが、ついていかなければいい笑い者である。
関連項目

美術

芸術

これは芸術です


執筆コンテスト
本項は第26回執筆コンテストに出品されました。


更新日時:2020年8月16日(日)08:17
取得日時:2021/04/22 07:57


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9244 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef