[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…取った偉大なサル・豊臣秀吉時代は下って戦国時代から安土桃山時代になると、サルは戦国大名にまでのし上がり、ついには権力の中枢にまで食い込んだ。日本で最も有名な天下人たるサル・豊臣秀吉である。

しかし、この時代には言葉の意味は変遷してしまっていたようで、サルと言えばを指すようになっていたらしい。というのも、秀吉に謁見した朝鮮使臣は秀吉を犬顔であると記録しているし、ルイス・フロイスも、秀吉の犬顔についてはっきりと言及している。「外国人がイメージするサルと日本人がイメージするそれとは食い違いがあるのでは?」という指摘は無意味なので勘弁して頂きたい。

ところで秀吉の私生活は、どうしてもねねには頭が上がらない…これもまたカカア天下であった。
神としてのサル

漢字を分解してみれば簡単にわかることであるが、神という字は「申」に「示」すと書かれる。このことから、神の意味を神の漢字に与えた時点においては、サルを神もしくは神の使いとしてイメージされていたことがわかる。室町時代までさかんに行われていた猿楽が、サルに奉納する神楽であったという傍証もある。

「有史以前の原始人に科学的知識を与え、文明を開花させたのは宇宙人であり、この宇宙人こそが神として崇められた」という論があるが、如上のようにサルと人間とが非常によく似た外見をしている事実を踏まえれば、この宇宙人というのがサルであることがわかるだろう。

現に、宇宙のどこかにはサルが支配する惑星があり、その星に住むサルたちは高度な科学技術を有していることが判明している。我々がこうして科学の恩恵を享受していられるのは、遥か昔に地球にやってきたサルのおかげなのである。

そして人類も文明を発達させ、いつかは地球をさる…
関連項目

西遊記

十二支

バナナ

福田康夫

豊臣秀吉羽柴秀吉とは別人)

猿脳

ガイウス・ユリウス・カエサル

三猿

プロゴルファー猿

猿島

チャットモンチー

サロット・サル

フットサル

チンパンジー

サルゲッチュ

この項目「サル」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2019年7月17日(水)17:17
取得日時:2019/08/25 10:47


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6628 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef