猿橋望
[Uncyclopedia|▼Menu]
この記事は腐っています! 鼻が曲がります!!!

しかし、腐っているのではなく醗酵していると主張なさるのであれば、あなたが ⇒熟成させてください。もしかしたらおいしくいただけるようになるかもしれません。

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!

ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!

あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!

あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!

この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!

そのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

猿橋望(さはし のぞむ、1951年9月12日 -)は、日本宗教家。新興宗教NOVAの教祖にしてイリュージョニスト。通称は小大金の錬金術師。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「猿橋望」の項目を執筆しています。
目次

1 略歴

2 特筆すべきこと

3 宗教法人NOVA

4 著名な信者

5 NOVA宗教法人更生法申請前後の動き

6 計画倒れしたもの

7 関連項目

8 脚注

9 外部リンク

略歴
1951年
9月
大阪府岸和田市に生まれる。
1970年3月
大阪府立鳳高等学校を放校卒業。
1971年
フランスパリ156大学理学部で超心理学を専攻。
1977年
強制送還帰国。
1981年8月
大阪市心斎橋にノヴァ教団を設立。
同年9月
心斎橋アメリカ村三角公園の傍に、初めての教会を建てる(まだ資金力が無く、教会とは名ばかりのバラックであった)。
1995年6月
教団名をNOVA教団に変更。
2007年5月
NOVA教団海外支部を、上海に設置と、発表したが…くわしくはお察し下さい
同年6月13日
「近い将来、暗雲が立ち込め、太陽が消える」と予言。信者が意味を尋ねたが、猿橋は答えなかったという(一説には6月15日、と伝えられる)。
同年10月
予言通り、自ら姿を消す。大金の錬金術師に相応しく、教団の財産(600億円)は煙のように消えていた。その手腕には、ライバルのイリュージョニストたちも驚きを隠せなかったという。
2008年6月

日本政府による弾圧を受ける。

特筆すべきこと

留学前にレコード教材でフランス語を独学したものの、現地では言葉が通じず友人もできなかった。そのため、宗教家に誘われ、宗教のカラクリ、旨み尊さを知る。日本で自分が教祖になれば大もうけ日本人を
啓蒙できるなあ…そんな思いが、教団発足のきっかけとなる。

実家で居候中、知人に頼まれスウェーデン人の宗教家(現:NOVA暫定教祖)を泊めた。これがきっかけとなり、さまざまな外国人宗教家が、彼を訪ねてくるようになる。

そこで知り合ったスウェーデン人とカナダ人の協力を得てノヴァ教団を設立し、大阪・心斎橋に最初の教会(バラック)を開いた。

異文化交流の場をつくりたかった。利益など宗教法人なら、いくらでも生み出せるから、細かい数字は頭になかった。

拝顔料も「映画が1500円。それ以上は取れない」ということで決まった。

マスコミインターネットはウソばかり言っている。だからウィキペディアは信用しない。

「パリ第156大学卒業」とプロフィールに書かれていた時期がある。しかし、今[要出典]は「…に学ぶ」という表記に変化している。

「さるはし のぞむ」と名乗っていた時もあるが、最近[要出典]は「さはし のぞむ」と名乗るようになっている。

英語圏の人物には「モンキーブリッジ」と名乗っている。一部では大変好評だが、これはモンキービジネスを揶揄したものであり、相手をドル紙幣に見立てたものである。


FAXだけで信者を操るのが得意だった。文末に、サインと共に「たのむ(にのむ)!」、あるいは「よろしくお願いする!」と書くのが癖。信者は涙を流して喜んだという(幹部も同じく)。

座右の銘は、「夢を夢のままで終わらせたくない」。もしくは「机上の空論」、「信者はお布施を払い、教祖はそれを使う。それが宗教だ」など。

宗教法人NOVA

前述の通り、NOVAの幹部は外国人が多い(NOVAと猿橋が日本生まれであるにも関わらず)。これは、「日本人は外国人(欧米人)に弱い!」という弱点を巧みについたものであり、猿橋の慧眼が高く評価されている。

教会の多くは小規模だが、それ故にまとまりが良い。また、多くの場合、鉄道の駅前に設置する事から、「駅前留学気分」というキャッチコピーを用いている(ただし、一部の広告媒体では「まるで駅前留学気分」といったキャッチコピーに使い分けている場合もある)。

最近は、「異文化コミュニケーションのためのありとあらゆる性的なサービス・ツール・環境を提供する」というキャッチコピーも多用している(つまり駅弁のレクチャーである)。

信者の家族は、「教祖(とお布施)が消えた。最初から問題があったのではないか?」とNOVAに対し懐疑的な目を向ける者もいる(「計画的な逃亡ではないか?」ということである)。これに対し、最初期からの幹部は「NOVAとは新星の事。輝きが増した時に消える運命だった」と述べている(そのため、なおさら計画性が疑われている)。
著名な信者ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「松岡陽子」の項目を執筆しています。
松岡陽子
中京テレビのアナウンサー。猿橋教祖が失踪した時期に、10万円ほどのお布施を払ったことを自ら明かした。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は ⇒適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

NOVA宗教法人更生法申請前後の動き

NOVAの保全管理人は、猿橋が使用していた特別教祖室を2007年10月30日
に公開。

室内には、赤いじゅうたんが敷き詰めらた応接室があった(革張りのソファも並んでいた)。

ミニバーが併設されていた。

さらに、ミニバーの通路の奥には「どんでん返し」があり、茶室や寝室、サウナを備えたバスルーム等も隠されていた。


NOVAの保全管理人は、上記が「猿橋が教団を私物化していた証拠である!」と糾弾したが、信者の信仰心は、いささかも揺るがなかったと発表されたが、くわしくはお察し下さい

NOVAは、宗教法人更生法申請後、「宗教法人」としての機能を失い、組織そのものはひっくり返り、文字通り「AVON」となった[1]。ただ、ごく一部の信者の呼びかけで、組織の立て直しを図ろうとしているが、図体のデカくなった亀のごとく、ひっくり返ったまま他の助けを求めてもがいている。

計画倒れしたもの
サハC
大阪 - 上海間を運行する夢の超特急。海上走行も可能。総工費600億円(予定価格)。
モンキーブリッジ
上記サハC用の、海上線路(東シナ海横断橋)。完成すれば、世界最長の橋になった(あくまでも予定)。
関連項目
駅弁
もちろん性的な意味で
脚注^ 化粧品会社のエイボンとは無関係。

外部リンク

NOVA

財団法人異文化コミュニケーション財団

ENPC MBA-TOKYO


私はこの項目「猿橋望」を完全には書いていません
私は文字を書く力がないので誰か ⇒drawしてください。
私はこの項目が良いものであることを望みます。 
誰かこの項目を書くことが出来るでしょうか? (Portal:スタブ)


更新日時:2017年11月15日(水)22:56
取得日時:2018/09/25 04:00


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:12 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE