是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。「ワシの必殺玉つぶし、食ろてみい!」
? 猫 について、月の輪の雷蔵「タマの奴め、悪戯ばかりしおってけしからん!…母さん、今夜はにせんか?」
? 猫 について、磯野波平「猫を殺すと末代まで祟られるニャリーン」
? 猫 について、影千代「ネズミの補れないネコはただのタヌキさ」
? 描 について、野比のび太「なんか犬っぽくねえんだよなあ」
? 猫 について、谷岡俊一

猫(ネコ、Cat)は、可愛さを武器に人間を利用し、さらなる繁殖を目指す為に結成された秘密組織「猫(MAO)」の正式名称である。周囲よりいくらか温度が高い場所においてその形状を変化させ、丸まったようになる。明け方頃に起動する際には(「起床」と呼ばれる)、夜の間の形状変化の反動としての「伸び」も見られる。耐用年数は15?20年程度で、初期不良ほか一切の返品等は受け付けられていない。

近年新たに学界を賑わせたことも記憶に新しいが、なんと!猫は実は地球外生命体であるとの報告が多数寄せられるようになった。しかも、彼らは名古屋共和国の原住民たるみゃ?星人と共通の遺伝構造を持つということも新たに判明している。この興味深い研究成果は今後さらなる議論を呼び発展されることが予想されている。

猫を購入・使用・維持する者のことを「飼い主」と呼ぶ。前述の通り猫は餌と暖かさと自らの繁殖のために飼い主に寄り添うが、飼い主はそこに愛情があると信じてやまず、自分達がネコ族の繁殖と繁栄に利用されていることに気づいていない。なお、ネコの類似組織にハムスターイヌムスカ大佐などがある。

なお、麻薬の一種であるとの指摘があるが、現時点での法規制は存在しない。また、将来的に法規制しようとする動きもない。これは政治家官僚に重度の依存症患者が既に多数存在しており、彼らが禁則事項です禁則事項ですしているからである。
目次

1 概要

2 身体的特徴

2.1 狩りにむいた体つき

2.2 体の柔軟性

2.3 耳

2.4 前足

2.4.1 肉球

2.4.2 猫パンチ

2.4.3 猫だまし



3 繁殖

3.1 発情

3.1.1 メスの発情

3.1.2 オスの発情



4 飼いかた(運用方法)

5 効果

5.1 うれしい効果

5.2 確実にうれしくない上に、猫に洗脳された人の心には届かない効果


6 Photo

7 脚注

8 関連項目
3fec
9 外部リンク

概要 あ!ここにもいた♪猫族について熱く語るAちゃん。 AIBOと共に耐熱テスト中の様子。写真の映りの悪さが、いかに過酷なテストを行っているかを物語っている。 とあるネコ型ロボットのモデル。 猫について猫かく語りき キャットファイト。猫を甘く見たらこうなる

猫は近年の汎用犬型決戦兵器(以下:AIBO)などのブームに乗る形で開発・販売がされ、またたく間に人々の生活の中に入っていった。AIBOの2匹目を狙う各社多様の商品の中で、唯一成功を得たと言えるものであり、その原因の最もたるものが、(他社製品にない)特異な形状記憶機能である。

通常の形状記憶合金と異なる点は、それ自身の内部より発する熱のみで形状変化が可能な点、絶対的な温度ではなく周囲との相対的な温度差で形状変化を起こす点、などである。また、形状変化をしたあとでも、全体を動的に変形することができるため、極めて応用範囲が広い。その例として、

キャットフードと呼ばれる ペレットの類型、及びDHMOと呼ばれる化学物質の類型を処分する機能

ペレット処理を日課として行うと、特有のアラームを発し毎日の処理時刻の到来を知らせるようになる(自動動作)


同系列の製品と交わり、自分と似た新しい製品を数個生産する機能

食用の主に魚類を見つけ、必要ならばそれらを奪取する機能

靴磨きのブラシとしても使える。

主食はコバトンであり、集団で狩りをする事もある。

内部で発生する熱エネルギーは湯たんぽやカイロに利用されている。燃料であるキャットフードを与えることにより繰り返し使用でき、いつでも一定の温度を保つことから低温やけどの心配もないため、からだに優しい暖房器具として好まれている。

但し、某アイドルのようにかぶり付いたり猫かわいがりしすぎると、冗談抜きで寄生虫にやられる可能性あり。さらに猫を被るという言葉もここからきている。

自動車同様、燃料補給により走り回り、不要物を排出する。その不要物は一般的に武器になる。また、ねこにんげんという存在も確認されている。これは世界でオスとメスの一匹ずつのみ存在し、ねこにんげんどうしでしか結婚できない。ともに人間として生活しているが、ねことしての特徴をかくしきれていないときもある。なお、オスは非常に知的聡明であるが、メスは阿呆である。
身体的特徴
狩りにむいた体つき

体の大きさはネコ科の他のほとんどの動物に比べて小さい。


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:33 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE