狐火
[Uncyclopedia|▼Menu]

狐火(きつねび)とは、文字通り火あぶりにして、そののた打ち回る姿を愉しむという残虐極まりない動物虐待の一種である。火狐との歴史的関連性も疑われているが、定かではない。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「狐火」の項目を執筆しています。
目次

1 狐火の歴史

2 狐火の弊害

3 狐火が狐に与えた影響

4 関連項目

狐火の歴史

狐は賢い動物であると言われ、よく人間に化けて人を騙すとして昔から知られていた。そのような狐達をあぶりだす為に、狐火と言う一種の儀式が生まれたのである。

基本的に

油揚げを良く食べる

目が細い

コンコンと鳴く

緑のたぬきが食べられない

などの特徴がある人間は狐ではないかと疑われ、署まで連れて行かれてたっぷり尋問される。尋問されてもまだ口を割らない場合、最終手段として狐火が行われるのである。

狐火がより頻繁に行われるようになったのは江戸時代である。江戸幕府初代将軍徳川家康が狸と称される理由の一つに、狐が大嫌いと言うものがあった。家康は、狐の住処を片っ端から焼き討ちし、狐を虐殺していった。一方、出羽の最上義光のように粛清を免れた狐もいる。え? 義光は人間だって? いや、彼はどう見ても狐です本当にry

なお、徳川綱吉の治世に生類憐れみの令が発布された時も、狐だけは例外とされ、虐殺が続けられた。
狐火の弊害

このような残虐な行為に対して、狐の祟りではないかと噂される現象も多発している。江戸時代は「火事と喧嘩は江戸の華」と言われるほど火災が多かった事で有名で、特に1657年の明暦の大火は江戸の大半を焼失した。これは、一説には焼き殺された狐の怨念が炎となって江戸の町を燃やし尽くしたのだと言われる。

また、狐火の刑は狐疑惑が掛かった人間に対して誰にでも行われており、たとえ当人が無実であっても狐火の刑に処せられ、無念のうちに焼き殺されてしまう事も多かった。
狐火が狐に与えた影響

この狐火により、狐の中には炎に対する耐性を持つものが現れ始めるようになった。後にそれらの狐はポケットモンスターのロコン、キュウコンになっていった。またマルちゃん赤いきつねの赤は狐火の炎の色である。
関連項目



魔女狩り

玉藻前

鬼火

狐の嫁入り

ヒガンバナ


この記事、「狐火」は、地球温暖化によって、文字が溶けてしまい、厚みがなくなりました。
あなたたちの1つ1つの努力で、この記事を元の姿に戻しましょう! (Portal:スタブ)


更新日時:2015年6月26日(金)21:25
取得日時:2019/09/22 13:01


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4557 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef