特撮におけるもっこり
[Uncyclopedia|▼Menu]

独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です。自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。
ナニモノかがウィキペディアに「特撮におけるもっこり」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました。

特撮におけるもっこり(とくさつにおけるもっこり)とは、ウルトラマン戦隊ヒーローの溢れるパワーを具現化した表現方法である。
概要

特撮におけるもっこりの「もっこり」とは、超人たちの溢れんばかりの何とかパワーを表現する手法として、それまでの技法(チャチなポーズ、狂気じみた掛け声など)にいささかマンネリを感じていた超監督はじめプロデューサー、照明小道具大道具、メイク撮影音響雑用その他もろもろ使いっ走り雑用全般、スタッフ一同総動員でひねり出したアイディアであり、この「サラブレッド効果」によって新たなインスピレーションを刺激されたスタッフは早速「絶倫帝王」だの「竜馬・日本の選択」だの「西郷・隆盛(たかも)る男」だのと言った「ひみつのおくすり」を超人たちの中の人に服用させ、その溢れんばかりのエネルギーをスーツの下の隆起によって表現、演出効果を高めることに成功したのである。かくして世に広められたこの表現方法は、ファンたちには斬新であると好評を博し、また、今までウルトラマンシリーズや、なんとかレンジャーなどの戦隊モノについて、そんなのどうでもいいと思っていた人たちにも大好評であった。そして深夜枠で放送した割には18%という高視聴率を叩き出すことに成功したのであった。

しかし、超監督たちはその結果に慢心することなく、更なる「もっこり」パワーの表現手法について、その新境地を模索中であると言われている。「名作と呼ばれる作品には、ムラムラする何かを思いっきりぶちまけるようなカタルシスが不可欠なんだからっ!」
? 特撮におけるもっこり について、超監督「お前、言葉の意味わかって使ってるか?」
? 超監督の発言 について、キョン
歴史

特撮におけるもっこりの歴史は古く、現在、俳優の中でも大御所として知られる宇津井健のもっこりは、テレビの歴史に名を馳せている。もっとも、昭和30年代の特撮においてもっこりは当たり前の話であり、子役から何から、もっこりしてないほうがよっぽど問題であったことも確かである。あわせて、本来であるならばもっこりさせてはいけない人物にまでもっこりさせてしまうのもお約束である。とりあえず、おおらかな時代である。

宇津井健の鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ)

子供であろうと容赦なし

横山稔氏による華麗なアクション

もっこり 注意 : アンサイクロペディアに未成年者の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれているのは仕様です。

ウルトラマンティガのパワータイプはウルトラマンの中でも、すごく…大きい事でファンの間では有名である(図1)。しっかりパワータイプの名に恥じぬ大きさであり、見る者に力強さ、父性といった感想を抱かせるに十分である。

さらに、「大決戦!超ウルトラ8兄弟」のホームページでは、ウルトラ戦士全員が、もっこりしている。これはさすがに少々やりすぎであるという意見がある一方で、大スケールで描かれる戦いにはもっこりが必要不可欠であるという意見もある。某評論家は、「果たして、もっこりのない特撮に価値は存ずるか。否、断じて否である。我らがウルトラマンに求むは逞しさ、雄雄しさである」という熱弁を振るったことで有名である。 ⇒大決戦(参考1)

仮面ライダークウガ仮面ライダーの中でもこの表現方法を特に好んだことで有名である(図2、図3)。

また、超人ではない常人がスーツを着てもっこりしても、そこからあふれるようなパワーは伝わってこない。ただの貧相な異物がスーツの下にあるのみである。常人は茄子でも詰めていればいい。

こうなって美しいのはあくまでヒーローだけである(図4)。このもっこりこそ、ヒーローの名に相応しく猛々しい。まさに、悪を貫く聖槍、人類の希望であるといえよう。

図解『素晴らしきもっこり』

図1、ウルトラマンティガのもっこり

図2、仮面ライダークウガのもっこり

図3、同図2

図4、もっこりの中のもっこり(無修正版)


今、『特撮におけるもっこり』は文章がつまらなすぎる。君の助けが必要だ。
さあ、今すぐ加筆してくれ! (Portal:スタブ)


更新日時:2018年10月28日(日)18:46
取得日時:2019/08/24 04:32


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6907 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef