牟田口廉也
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]

牟田口 廉也 (むたぐち れんや、1888年10月7日 - 1966年8月2日)とは、大東亜戦争において連合国の勝利に大きく貢献した英軍の指揮官である。インパール作戦で大きな戦果を上げ有名になる。
目次

1 人物

2 インパール作戦における活躍

3 軍人としての活躍

3.1 日華事変

3.2 太平洋戦争初期

3.3 インパール作戦

3.4 戦後


4 右翼最大の悪夢

5 外部リンク

6 関連項目

人物

盧溝橋事件をきっかけとした日中戦争を日本陸軍の暴走により勝手におっぱじめたようにした偽装工作や、ビルマ(現ミャンマー)からインド北東部にかけてのジャングルで日本陸軍3個師団とインド国民軍をほぼ全滅させた作戦を指揮した連合国の軍人で、史上最悪最強の工作員、コメディアンである。その数々の諜報作戦における謀略のあまりの巧みさと偽装工作での類を観ないような強さに、日本兵から「鬼畜牟田口」「無茶口」などと恐れられた。Saga Prefecture出身、最終階級は中将。

戦後、潜伏が上手く行き過ぎたため、連合軍に日本軍人と間違えられて戦犯として起訴されかけたが、日本軍の指揮官としてはあまりにも無能であったため釈放され、味方にすらスパイだという事を隠し通した。Mr.生き恥という名誉な称号を連合国及び日本人から得ており、見事に潜伏活動に成功している。その後は実業家へ転進、天寿を全うした。

第2次世界大戦中にビルマ(現在のミャンマー)で餓死した日本兵の遺体の処理方法に環境にやさしい方法によって環境保護に努めるなど、チーム・マイナス6%のさきがけと言える存在でもある。

また、元々は皇道派だったが、二・二六事件以降は、保身と出世より深く潜入活動を行う為、統制派の首魁である東條英機の男妾となった事でも有名。
インパール作戦における活躍 もうダメ。

牟田口の勇名を全世界にとどろかせた有名な戦い。連合軍のスパイとして潜入し、とうとう日本軍の司令官にまで出世してしまった彼は、連合軍の太平洋方面本格的反攻に合わせ、南アジア方面の拠点ビルマに駐留する日本軍を殲滅する作戦を立案した。その作戦は恐るべきもので、
日本陸軍第15軍の3個師団8万6千を、連合国の蒋介石支援ルート遮断のためインド北東部の都市、インパールを攻略すると称して年間降水量9000mmの殆どが降る雨季直前に出撃させる。

行軍ルートは川あり(川幅600mの大河)山あり(標高2000mの山岳地帯)の悪路三昧で片道200km(例えられたのは「軽井沢から岐阜や金沢へ30kg?60kgの荷物を背負って徒歩で日?? 3ff0 ?アルプス越えの直行」)。繰り返すが膨大な雨のため更に泥と濁流が襲う。

あとは緑の砂漠ことジャングルだけで村もロクにない。補給どころか徴用すら困難。

物資輸送を食糧を兼ねた家畜に頼る(ジンギスカン作戦)。しかもあえて物資輸送に不向きな家畜を選択。日本軍の補給が鈍重で困難を極めるところを爆撃。補給路を切断し、更に家畜を爆撃で驚かせて逃走させ、物資も失わせる。もちろん、この家畜(=水牛)用の餌の事は、何も考えていなかった。

連合軍は15万の大軍で迎え撃ち、長期戦に引きずり込む。連合軍の補給は空中投下などで全く問題ないし、日本軍の侵攻ルートも当然把握している。

意気があったり有能な士官は排除するため、作戦中止・撤退と言う者は全て更迭する。

「作戦が上手くいかないのは精神力が足りないせいだ」と言い続け、作戦中止を最大限引き伸ばす。

そんな中、自分は料亭で芸者と豪遊し、その姿を日本軍に見せ付けて戦意を奪う。

当然、弾も食糧もなくなってへろへろ…飢えとマラリアで日本軍壊滅。

というものだった。

この作戦はまんまと図に当たり、日本軍は参加8万6千のうち戦死3万2千(ほとんどが餓死)、戦病4万(ほとんどが栄養失調)の大損害を出し、ほぼ全滅した。しかも戦闘以前の問題だらけなので、連合国側の損害はほぼゼロという完璧な仕事っぷり。作戦の成功を確信した牟田口は、日本軍の敗残部隊を恐れていち早く前線から逃亡する。なお、3万2千の死体でビルマのジャングルを舗装した日本軍はこれを「白骨街道」と命名した。この白骨街道の建設は戦時中に行われたODAとしては最大の事業だった。竣工後、開通式は牟田口の祝詞によってしめやかに執り行われた。

…ごめんなさい!m(_ _)m。ジョークとして笑いの種にするには、あまりに陰惨過ぎますので、詳しくはクソまじめな辞典の方を読んでく下さい。
軍人としての活躍

なにもいうまい…とにかく凄すぎる…
日華事変

盧溝橋事件の際、事実確認および交渉の為、中国軍側に部下を軍使として派遣するも、その直後に心変わりして攻撃命令。(もちろん、牟田口が攻撃命令を出した時点で、その部下は中国軍と交渉中)

盧溝橋事件の直後、怪我もしていない腕を包帯でつって会合に出席。

太平洋戦争初期

1942年に立案されたインパール作戦の作戦計画の原形と言うべき「二十一号作戦」に対し、当時、第十八師団長時代だった牟田口廉也は、「兵站補給が困難」と言う理由で反対している。理由はもちろん、この時の牟田口の立場では、自分が最前線に立たされるからである。

インパール作戦

補給が困難な中で本土から海軍の護衛を受けて命がけで輸送していた輸送船団の軍需物資の中身。

芸妓、女中、料理人、髪結い、
三味線屋、鳴物屋、仕立屋、洗濯屋、医者(婦人科兼泌尿器科医)。計150名

畳、座布団、屏風、障子、会席膳一式


ただでさえ問題がある日本軍の補給計画が、これによってますます滅茶苦茶になった。どう考えても軍の私物化です本当にrt軍を私物化する俗物を装って日本軍の補給計画を破綻させるという、非常に高度な戦略であった。

本作戦に従軍した従軍記者の感想。「湿気の多いビルマでは三味線も太鼓も、鼓も、こわれやすいし、御相手がお相手で、相当の破損を覚悟してのこと、暑いビルマではおべべも、汗まみれになるというので仕立屋さんや、洗い張り屋さんの配属となったもの。それでも輜重行李から、衛生隊まで引きつれての進撃ぶりは大したものだ。それだけにお値段も滅法おたかく相手にもしてくれなかったが、なにもかも留守宅送金の僕ら軍属どもには無用の長物、高根の花だった。灯ともしごろともなれば、青、赤、黄の小旗のついたトヨダさんが門前に並んで、椰子の樹陰から粋な音じめがもれてくるという始末で、チークの床に青畳を敷きつめた宴会場では明石か絽縮緬の単衣かなにかをお召しになった久留米芸者の お座付きからはじまってあとは、例によって例の放歌乱舞が日ごと夜ごとの盛宴に明け暮れていた。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:19 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE