熱湯
[Uncyclopedia|▼Menu]
ウィキペディア専門家気取りたちによって「熱湯」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「 ⇒熱湯」の記事を執筆しています。

熱湯(ねっとう)とは、様々な奇跡を起こす願望享受アイテムである。
目次

1 概要

2 熱湯の神秘性

3 脚注

4 関連項目

概要

熱湯は基本的には大量のと加熱機構を使って作成される。水を何らかの方法で加熱し、表面から高温の水蒸気が発散されても尚熱し続け水の量が減り始めた頃に漸く縁の高温部に熱湯が生成される。これは非常に危険な液体であり生物が触れれば蛋白質の凝固限界を越え機能不全に陥るが、極度に乾燥した物体を極短時間で元の姿に復元すると言う奇跡を起こすことが出来る。またその危険性を利用し、黒色有害生物外来危険植物の駆除にも用いられる。これらは非常に生存能力が高いが、熱湯を浴びせることで完全に無力化し殺傷してしまえる。

更に小麦やなどと反応させることで、まったく異なる物質に変える事さえ可能[1]。他にも熱湯を用いることで衛生性増進など様々な恩恵を受けることが可能である。熱湯の存在が人類の発展に大きく貢献したのは疑いようのない事実であり、現在も世界各国で熱湯が使用されている。
熱湯の神秘性 後押しはさりげなく行うこと。バレバレでは効果が落ちる。

熱湯を媒介として起こす奇跡は上の通り数多いが、その中でも熱湯から神秘的な力を受けようと試みた手法が存在する。例えば「盟神探湯」(くかたち)と呼ばれる裁判方式では、熱湯の中に石を置いてそれを罪人が取るという流れで行われた。罪がなければ熱湯に受け入れられ火傷せず石を取れるが、罪があれば大火傷を負う。熱湯の持つ奇跡が人の善悪をも裁くと考えたのである。

この手法は時代が下ると「熱湯に身を浸して耐えれば、願いが叶う」という形になって伝わっていった。またその際には「欲深い」と思われないように[2]「入りたくない」と言いながら熱湯に向かわねばならない。周囲に人がいる場合、「押すなよ」或いは 「絶対押すなよ」と言いながら行うこともある。
脚注^パン」「ご飯」と呼ばれる。特にパンは、救世主イエズスが「パンは我が肉である」と聖別したことでも有名。
^ 「仏に会わば仏を殺せ」という言葉があるが、これは「御仏に会いたくば、「私は仏に会えるほど立派だ」という慢心を捨てろ」という意味である。このように、欲や慢心を隠さなければ物事は滞るという考えが日本における謙遜の美徳に繋がっている。

関連項目この記事「熱湯」は何故か「熱湯コマーシャル」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。





奇跡


更新日時:2018年1月20日(土)07:42
取得日時:2019/07/22 20:47


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4916 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef