灰原哀
[Uncyclopedia|▼Menu]

 注意!この記事には推理の面白味を崩しかねないたった一つの真実が多数織り込まれています。

真実の意味を理解して書き込むようにしてください。「あの女、絶対最高機密を隠してやがるな」
? 灰原哀 について、江戸川コナン

灰原哀(はいばらあい)とは、『名探偵コナン』に登場する天才科学者である。
目次

1 黒の組織

2 組織からの脱出

3 阿笠博士の家

4 初めての出会い

5 世を忍ぶ

6 命がけの闘争

7 志を保って

8 将来

9 性格論

10 関連項目

黒の組織

灰原哀、本名宮野志保は黒の組織に所属していたマッドサイエンティストの父母の下に生まれた。そして、「ヘルエンジェル」とも呼ばれた母親が父親ともども幸運にも交通事故で亡くなったので、母の顔を覚える前から米国へ出された。米国では表社会の小学校に通ったが、そこで白人人種主義の被害に遭い、黒の組織の一員だった育ての親より「どうだ、黒の組織の方が表社会よりまだましだろ」と哀情極まる言葉をいわれながら成長した。志保の性格は、そのような「偽善的表社会」を基にして形成されたものだ。

志保は勉学を重ねて飛び級進学を重ね、15歳で米国の名門大学を卒業した。そして、その年から日本に戻り、黒の組織のフロント企業に天才科学者として迎えられた。この企業は表向きの偽装工作として一日8時間労働の規則をしっかり守り、遵法企業として何度も厚生労働省より表彰されていた。志保は姉の宮野明美とも再会を果たした。明美は荒れもせず南洋大学に通うという何の欠陥もない人生を送っていた。志保はその後、黒の組織から「若返りの薬をつくろう」と誘い込まれ、新薬アポトキシンの開発に専念するようになる。組織において志保は文民部門だったので、暗殺人部隊の恐ろしい計画を知ることはなかった。黒の組織とは、その程度の規模の組織なのだ。

志保はジンという自称・最強のカリスマに出迎えられた。上級幹部だったジンはたちまち哀情に惚れ、酒の中で何より好みだったシェリーというコードネームを提供した。側にいたウォッカは「兄貴、未成年にそんな名前をつけるとは何という贅沢。告白宣言ですね。性欲ありますか?」と相槌を打った。ジンは「シェリー、君は組織最高の頭脳だよ」と賛美した。これを聞いた1世代上のベルモットは、「マティーニが一番の好みじゃなかったのか!シェリーめ、いつか事故にみせかけて殺してやる」と因縁の嫉妬感情を抱いた。

その5年後、志保は工藤新一という名探偵の存在を新聞経由で知った。「15歳でまだ高校生なんて組織にとっては雑魚同然ね」これが第一印象だった。一方、ベルモットは「ナイトバロニス工藤有希子、彼を組織にスカウトしたいわ。シェリーの悪事を暴露してもらうための銀の弾丸として」と電話していた。
組織からの脱出

その翌年、哀はウォッカがその工藤新一にアポトキシンを飲ませたことを自慢しているのを聞いた。哀はその時初めて、黒の組織最高の頭脳をもってしても試作段階に止まっていたアポトキシンを勝手に殺人目的で使われたことを知り、初めてジンに対して怒りを示した。しかし、ジンは「おお、君は怒った顔もなかなかの優しい顔だねえ、組織に相応しくないほどの」と言って思い切り抱擁した。その怒りは2012年春神戸のセリフで蘇る。クローンの子をつくるようなものだ。

しかし、他の検体と異なり、工藤新一の死体は確認されなかった。志保は工藤新一の自宅へ潜入し、「この雑魚探偵に何が起きたのだろう」と訝しんだ。そして、翌月の追加調査で、工藤の家から子供服が消えているのを発見する。前回の調査で「何故、高校生しかいないはずの家に子供服があるのだろう?ひょっとしてその手の趣味があるのでは?工藤新一にも黒い趣味があったのね」と注意していただけに、その謎に気付くのは手早かった。そして、実験結果から「工藤新一は生来の趣味が生存の決め手となって幼児化で済んだ」と推定した。

しかし、それを実直にジンへ報告したら、勝手にしたい放題されて死体にされるだろうと懸念した。ジンが幼き頃からどのような視線を自分に向けていたかをよく知っていたからだ。赤みがかった髪だけで本人と自分を同一視できるほど、ジンは志保に執心していた。自分への盗撮事件は全てジンの仕業だったのだ。その件でジンを処刑しようとも考えたが、生来の性格によりそれは断念した。

ちょうどその折、「10億円強奪事件に関与したら、組織から妹を抜けさせることを前向きに検討します」という言葉を真に受けた純真なる一般人の姉宮野明美が、ジンに港で射殺された。明美の死を報じる新聞には遺体の前で立ち尽くす謎の少年の姿があった。別れる直前、江戸川コナンという少年の話を姉から聞かされていた志保は、「ああ、この少年は工藤新一ね」と瞬時にして正体を見破った。

志保は即座に工藤新一を拉致連行して貴重な科学飼料にしようと思い立った。だが、一般人の姉を殺したことへの謝罪と賠償を要求したところ、「その死は自発的なもので、強制性は一切存在しなかった」という回答しか返ってこなかった。志保は歴史の真実を求め、黒の組織の大使館前で「明美を明るく美しい普通の女」に仕立てた像を立てて毎週のように抗議した。

黒の組織はこれに対して拘禁措置を採り、志保をガス室に押し込めた。そしてすぐに殺すかどうかを審議したが、「志保ほどの頭脳は存在しない。黒の組織に彼女ほどの叡智は存在しない」という声が大勢になり、「いや、彼女の思想は赤みがかっている。処刑すべき」という議論と永久衝突した。つまり、志保の頭脳と推理力が黒の組織の最高水準なのだ。組織は志保を監禁するにあたって、服を脱がさず食事も用意して、人道的に対処する姿勢をみせた。

志保は組織の処分に抗議するために、研究成果を証明すべく所持を許されていたアポトキシンを飲んだ。すると、一気に身体が縮んだ。早速、抗議の姿をみせつけようと、ガス室を出ようとしたが、そこで組織に潜入していた赤井秀一と遭遇した。赤井は「こんな所にブカブカの研究着をした子供がいるとは。何故こんなところに。そういや俺がダシにしたあの女の顔と似ているな。そうだ、こいつを相手に今からその代役を…」と口走った。

志保はたまらず脱出した。赤井は今や組織の追っ手を上回る最大の敵だった。どこを新たな住まいにすべきか?すべてを知る工藤新一の家しかない。そして、志保は多少の不自然な服では隣人が決して尋問しようとしないことで評判な米花町へ向かい、工藤新一の家にたどり着いた。そして、謎のマッドサイエンティストとして黒の組織の間でも同志扱いされていた阿笠博士が帰ってくるのを待ち構え、工藤家の門の前に横たわった。

この経緯について、ベルモットはこう伝えている。「秘密は秘密。クール・ガイ、私たちがシェリーの姉を殺していなかったら、今頃あなた検体として永久監禁されているはず。だから、貴方は少しやりすぎちゃったジンに感謝しなければいけないのよ」
阿笠博士の家

阿笠博士は倒れている志保をみるなり、「おお、これは工藤新一の女版じゃな?」と思い至った。志保はすぐに目を覚まし、「そうよ、私はそんなもの」と答えた。即時に目を覚ましたのは、その手の対策のためだ。

阿笠博士はすぐに自分の家へ志保を引き入れた。「おお、新一君が女だったら考える間もなくこうした対応をしておったわい」と博士は回想した。博士は黒の組織顔負けの発想力でもって言った。「君はともかく偽名、髪型その他を何とかしなければならない。そして、私の発明稼業に少しでも貢献しなければならぬ。もちろん、私の娘のように家事もやってほしい」と告げた。

そして、偽名をつけるべく1日かけてじっくりと話し合いを行った。どこかで適当に名前を自称した誰かさんとは大きな違いだった。そして、コーデリア・グレイやV・I・ウォーショースキーという名無し同然の女探偵の名を合わせて灰原哀という新しい名前が誕生した。原とはスカーレット・オハラの赤髪とハラからとったのだが、「オハラはみんな知っている」という理由で裏設定となった。なお、本人にとってはそんなことはどうでもよく新しい名前に「おに」が入っていなければどうでもよかった。(黒の組織は天才刑事野呂盆六・9を志保に見せていた。小さくなってもばれるぞという意味だ。)

赤みがかった髪の色も目立つから変えた方がいいと助言されもした。しかし、志保はせめて子供になったのなら、下らない髪型規制と戦いたい本当の名前はおとり捜査官北見某なんだ漢字表記は違うけどと主張してそのままにした。「漫画では髪を染める方が常識的」とは、その時に出た志保の言葉である。

志保は科学研究を博士の実験室で行っている。しかし、志保の研究は常識的な実証科学だっただけに、非科学をもって本懐とする博士の研究には足元にも及ばない。非科学的なシューズや時計の科学性など気にかけないどこぞのホームズまがいに比べ、何という常識性であろうか。
初めての出会い

そして、阿笠博士は「新一君の小学校に入学し、少年探偵団の一員になれば、江戸川コナンと名乗る検体に直接接触できる」と志保を説得し、各種証明書を偽造してなぜか空いていた江戸川コナンの隣の席をゲットする。そして、実際にはコナンしか探偵活動を行っていない少年探偵団の一員にしてもらう。

果たして、その日のうちに志保は少年探偵団の関わる偽札事件に巻き込まれた。志保は上手いタイミングでコナンの助けが入るように仲間の突入時期を算定し、犯人を退治するためのコナンの武器を目に焼き付けた。そして、銃を暴発させてから警官の前で嘘泣きし、コナンと2人切りになったところでシェリーとしての正体を告白する。阿笠博士はもうこの世にいないという言葉を真に受けた工藤新一は、「私の存在を受け入れてくれる」という志保の計算通りにその存在を受け入れざるをえなかった。そして、組織関連のコンピューターディスクを見つけ出した後、意図的にウイルス感染させ、組織の恐ろしさを工藤新一に植え付けた。 
世を忍ぶ

志保は模範的に人目を忍ぶ行動をとった。自分の薬で小さくなった一人の少年探偵が、「目立つな」という阿笠博士の厳命を無視して目立ちまくるのとは全く対極にある態度だった。警察庁では目暮警部を含め、「証拠がないので断定できないが、コナンの正体は工藤新一」という総意ができているので、死神のごとくコナンが事件現場に現れたら、活動を黙認する内規ができているが、志保はほとんど現場に介入しないので、「茶髪の小さな女の子も実は頭脳が大人」ということを信じる警部は一人も存在していない。隠遁生活という意味では志保の方が模範的なのだ。

ただ、毛利蘭に関しては、「私のつくった薬で恋人が小さくなったのだから」と罪悪感を覚え、普通に向き合うことができずにいた。しかし、水着特権やお風呂特権を享受する少年探偵がその罪悪感を理解することはまったくなかった。その非常識を目撃した志保は、自分でなく工藤新一を人体実験の材料とすることを決定した。ピルイーター大河内の方がまだましだわ。

志保の正体を知る者はごく少数である。しかし、コナンが少年探偵団の中でも他の団員のことなど気にせずその手の話をするため、円谷光彦は「コナン君だけでなく哀ちゃんも変ですよ」と洞察した。その場は「気にするな」と流したが、「円谷くんは後で必ず有能な高校生探偵になれる」と感心しているという。

ただ、赤井秀一やジョディ・サンテミリオンらは「灰原=シェリー」ということに気付いている。何度かみただけで志保の正体に気付ける彼らFBIは実に優秀だ。その知識の前では、FBI本部が「コナン=工藤新一」を知らないことなど霞んでしまう。
命がけの闘争

少年探偵団に加入した直後から志保は数多くの死体を目撃し続ける日々を送ることになった。たちまち、死体の数はシェリ 2529 ーとして活動していた日々の総数に並んだ。その死体の山にまったく疑問を抱かぬ歩美ら探偵団員たちをみて、志保は「この子たち、黒の組織より黒いかもしれない」と大いに不信感を抱き、「こんなところ、もう出ていきたい」と思わず口にする。

すると、そう言ったその日の内に、ジンのポルシェが目の前に現れた。コナンは志保の制止を振り切って、もし他人のものだったらどうするかなど気にかけず車上荒らしを行う。幸いなことにポルシェはジンのものだったが、志保の赤みがかった茶髪が落ちていたことからジンはシェリーの存在に気付く。

そして志保は暗殺計画を止めると言ってホテルに乗り込んだコナンと行動を共にするが、暗殺阻止に失敗し、おまけに志保も拉致される。そこで観念した志保だが、コナンの忠告に従って何とか大きくなって上へ逃げる。そして屋上でジンにたっぷり銃撃される。その後はコナンに服を着せてもらって何とか脱出することができた。しかし、無傷で済んだコナンは自分の行動がすべて裏目に出て、志保を大怪我させたことにまったく配慮せず、「奴らをぶっ潰さねば」と虚しく叫ぶばかりだった。「アポトキシンを使うと予告したから、奴は必ず現れる」というジンの発言に志保の黒の組織での性格を伺うことができる。

しかし、「潰してやる」と息巻いていた1巻もしないうちにコナンは、黒くない犯罪者の下っ端に銃撃されて大怪我を負う。しかし、志保は親切にも哀れみの感情を発揮して一時的な解毒剤を開発してやり、工藤新一の姿を毛利蘭にみせつけて、「コナンは新一にあらず」とストーリーに延命措置を施してやる。そして同時に毛利蘭に抜きがたき罪悪感を抱く。ここに、とても寛容で常識的な研究者としての姿勢を伺うことができる。
志を保って

その後も殺人事件の現場に居合わせる日々が続いた。しかもサッカーがらみのテロなどなかったかのようにおとり捜査官北見志穂が放送された。ところが、コナンたちは「逃げるな。こんなの見慣れた光景じゃないか」としか言わない。「死体を目撃し続ける一般人の貴方たちの方がよっぽど狂気」と言っても、まったく聞く耳を持たない。志保は「もしかして、黒の組織が私の周りで殺人事件が続発するよう陰謀を張り巡らしているのでは」と思い悩み、しR西日本などのミステリーツアーに探偵団が誘われてもすべてキャンセルした。「灰原は周りとは違う」といわれても、「それは周りの者の方が違い過ぎているからよ」としか思わなかった。

しかし、コナンはこう説得した。「お前がいなくても、しR西日本では重大な殺人事故が起きたではないか?米国育ちならよく分かるはずだ。むしろ、殺人が続発するのが一般社会でのフツーの光景なんだ」と。この暴論を次第に受け入れていった志保は、やがて黒の組織に対する警戒を和らげていき、黒の組織の部員が近くにいても気付かないほど気を休める。おとり捜査官北見志穂のエンディングがあなたの愛になりたいにさしかわっていても気づかないくらいに。殺人事件が周囲で続発する環境を「平和な生活」と呼んだ志保に、コナンは「フツーになったな」と賛辞を贈った。

だが、その心の均衡をあの赤井秀一が破った。赤井は志保と目を合わせ、「まさかな」と口にしただけだが、志保は平静を取り乱して幼体になったあの瞬間を思い出し、警戒した。そして、自分の正体を知っているベルモットに「殺して下さい」と港で陳情した。その願いは受け入れられる寸前だったが、その瞬間に毛利蘭が現れて志保に覆いかぶさり、命を守った。志保はそんな蘭にやっとのことで近づくようになったが、「やっぱり奇怪な空間だな」と思うことしかできなかった。

その後、赤井秀一がFBIの工作員であることが判明したが、それを知っていた志保はこうとしか思えなかった。「赤井のいるFBIの銃社会の方が、黒の組織よりずっと非常識だ」と。黒の組織随一の頭脳を誇る志保が、自分の知識を表社会にいるコナンたちに提供しようとしないのは、つまりこういう訳である。
将来

黒の組織に直接追われる志保は、一人で事件に介入しようとしては危ない目に遭うどこかの少年探偵以上に自衛用の武器を必要としているはずだが、特性の自衛武器を装備している様子はみえない。また、ジンに「赤みがかった茶髪」という特徴だけで銃撃されてからも、その髪を黒く染めて先生の意思に従おうとはしていない。

阿笠博士が時折つくるゲームには、推理ゲームも存在する。推理には当然殺人も含まれる訳だが、この脚本はすべて志保が書いたものである。志保は推理ものを創造することはできる能力を維持しているとみられている。

こうした能力を維持しながら、赤みのある茶髪を残し、志保は一体何を考えているのだろうか?志保は明白に今も何かの機密を隠しているようだ。

恐らく、毎晩コンピューターをいじる頭の中は、「如何にすれば、できる限り平穏に「工藤優作=あの方」という当初の設定を葬って、大同団結的な結末に持っていけるかということで一杯なのだろう。そのために、志保は黒の組織の良心的勢力と手を組んでジンなどの悪質勢力を滅ぼす脚本を練っていると思われる。今も赤みがかった茶髪を目印に、そうした勢力と日夜連携をとっているかもしれない。そうなれば、「黒の組織は全てを消し去る絶対悪」という最初の設定を崩し、自分がコナンと宮野明美の墓標の前で祈るシーンを最終回に持っていけるからだ。



性格論

志保はこうした理由で至って常識を貫いているのだが、どうした訳か非常識扱いする不逞の輩が多数存在する。彼らは志保を綾波レイというまったく関係のない軍人と結び付け、「みろ、中の人まで同じじゃなイカ?」と詰問する。

だが、コナンの世界では通常キャラこそ 3f6e 非常識である。事件現場に子供を入れ、目を覚ました眠りの小五郎が推理を覚えていなくても誰も疑わず、剣道場で殺人事件が起きても試合が中止されず、挙句の果てには何年経っても登場人物が年をとらない世界では。

それでも志保は「悪人に人権はない」と叫ぶある魔法少女より遥かに寛容である。哀れんだ眼差しで、志保は罪人に向けて発言する。「やりたければやってみるが良いわ。哀してあげるから。黒の組織より腹黒き皆さん」「だから、僕らは灰原哀が嫌いだ」
? 灰原哀 について、自称天才
関連項目

江戸川コナン

毛利蘭

阿笠博士

宮野明美

赤井秀一

ベルモット

黒い人

名探偵コナンの登場人物

綾波レイ※中の人が同じ

灰原達之※名字が同じの借金取りだが無関係

北見志穂※テレビ日朝土曜ワイド劇場の人気シリーズ。おとり捜査官。

天見詩保※乖離人格を装って殺人を犯す。天才刑事・野呂盆六9作目に登場。


俺だ。江戸川コナンだ。「灰原哀」の項目はまだ内容が不十分なんだ。
黒の組織を追い詰めるためにも加筆してくれ。奴らを追い詰めるためには必要なんだ。 探偵が諦めたら事件は迷宮入りなんだぜ。 (Portal:スタブ)
 ・話・編・歴 名探偵コナン(カテゴリ)

登場人物 :江戸川コナン - 工藤新一 - 灰原哀 - 阿笠博士 - 怪盗キッド - 黒い人 - 円谷光彦 - 宮野明美
関連人物 :青山剛昌 - 高山みなみ - 山口勝平 - 林原めぐみ
用語 :真実はいつも1つ - バーロー - アレレー・バー - バーの法則
その他 :コナン - 名偵探柯南 - サンデー・マガジン特別増刊 - 米花町 - 東都鉄道 - まんが王国とっとり


更新日時:2019年4月30日(火)11:15
取得日時:2019/11/11 04:31


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:22 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef