[Uncyclopedia|▼Menu]

火(ひ)とは、人間が始めて生み出した魔法で、現在では無くてはならないもの。 熱いぜ。
目次

1 概要

1.1 歴史


2 火を使った娯楽、つまりは火遊び

2.1 ハムッ ハフハフ、ハフッ!!

2.2 玩具の花火

2.3 打ち上げ花火

2.4 キャンプファイヤー

2.5 屁火

2.6 爆発

2.7 国旗焼き


3 関連項目

概要

現代において火は欠かすことのできない物で、火がなければ調理など日常生活に多大な支障が出る。

またゲームなどにおいて欠かす事のできないもので、属性システムがあるゲームにおいては「とりあえず火ぃ入れとけ」的な雰囲気が強い。ドラゴンクエスト他、様々な作品で魔術師が火の呪文を多数持っている。この放火魔共が! なんということでしょう。別の棒を擦っても火を起こすことができました。
歴史

むか?しむかし、ある所に一人の原始人がいた。外は寒く、原始人は寒さをどうにかする為に考えた。洞窟で木をこすり合わせて、摩擦であったかくなった部分に手を当てれば寒さを凌げると思いつき、木の棒で木を擦っていた。すると、なんということであろうか。煙が出てきて本当に暖かくなり、オレンジ色のほのかな光が木に宿ったのである。その光に触れようとするととても熱く、寒さを凌ぐには充分な温度を保つ事ができた。これが人類の魔法、火の発祥なのである。

これとはまた違った話として、火山によって起こった山火事の火を拾ってきたとも、から火を授かったとも伝えられている。

数日後、原始人はマンモスの肉も暖かくならないかと、肉を火であぶってみる事にした。すると、なんということであろうか。あったかくなっただけでなく、今までに味わった事のないジューシーな肉汁が・・・これが人類の至宝、料理の発祥なのである。

数百万年後、芸能人を目指していた一人の人間が日頃のストレスから家に火を放った。すると、なんということであろうか。美しい建物を火で覆うダイナミックな芸術の完成である。芸術家は逮捕され、一つの喜劇に昇華されたのであった。人生\(^o^)/オワタ。
火を使った娯楽、つまりは火遊び
ハムッ ハフハフ、ハフッ!!

熱い飲食物の食事を楽しむ際に出現する熱い叫び。熱い飲食物を好む人ほどこの叫びを上げることが多く、その勇姿はまさに炎をくらっているかのようである。ただしこの食べ方をするには熱い飲食物を何度も食べながら慣れてきいき、食べ物の有り難みを知らなければ習得できない高度な技術である。とはいえ心無い猫舌の人には鬱陶しがれることもあり、場を弁えて使いたい。 線光花火
玩具の花火

玩具の花火で代表的なのは線香花火で、安いながらも色とりどりな物が揃っている。ただし何百度という温度でリーチは発行部分を含めて数十cmあり、持続時間もそれなりにあるので、どっからどう考えてもナイフより数倍の攻撃力がある。この為、拝火教の不良達はタバコの他に花火を携帯するのが望ましい。線香花火を使った遊びとしては、リンボーダンスやスター・ウォーズごっこ、ダンゴムシの色を反転させるなどがある。
打ち上げ花火

打ち上げ花火は祭りなどで行われ、繊細かつダイナミックな演出で見る人を魅了させる。しかし打ち上げ花火を見て切なくなるのは、決して感動からではない。「花火一発にどれだけ税金が使われてんだよ・・・」と心では理解したくは無いが、頭ではちゃんと理解しているためである。中年のサラリーマンなどで「うるさい上司からこき使われ、残業のストレスが溜まってるのに、何でこんな物に金を注ぎ込むんだよ・・・こんなの見たくねえから税金まけろよ。俺達がつまみが買える位の金は取るなよ・・・」と誰もいない所で愚痴をこぼすが、花火大会を楽しんでいる者が大勢いるので、空気を読んで何も言わずに鬱になる者もいる。
キャンプファイヤー メラ!

キャンプファイヤーは、木を組んで必要以上の大きな炎を起こし、大切な資源を犠牲にして目の前に迫る炎見て楽しむ遊び。ちゃんとした形を組んだ物に火をつけるという行為はなんとも言えない絶妙な快感が味わえるらしく、自分達が火遊びしたいからといって子供をダシに使うお茶目な大人も多い。普段は資源の大切さを教えている学校の教師もノリノリだったりする。また数学の宿題を燃やす者が後を絶たないが、そういった行為は許されていないのでしてはいけない。
屁火

肉を沢山食べてガスの濃度を濃くして、ライターに向かって勢いよく放屁する事で右のようになる。普通はとても火炎放射にはならないが、世界で見て何人かに一人は体質的に腸内のガスが多く、ライターを用いる事により火の超能力が使える。

当然の事ながら、半端な屁だとカチカチ山のタヌキ状態になるので、実を出さない程度に全力で放屁しなければならない。
爆発

火遊びで最もポピュラーな遊び。爆弾を使った火遊びで、建物や乗物を破壊するもの。世界中に愛好家がいて、テロ組織とアメリカ軍も対立はしているが、ニュース映像を見る限りはどちらも爆発を愛する気持ちは変わらない。しかしテロ組織の方は自分も爆弾になりたがる者もいる事から察するに、爆発を愛する気持ちはテロ組織の方が一枚上手と言わざる得ない。

より大きな爆発を起こそうと核兵器まで作ったのだから、人類の爆発に対する愛情は常軌を逸するまでに育まれている。
国旗焼き

中国や韓国でブームになっている、日の丸をどれだけダイナミックに焼けるかを競う遊び。他にも表情やアクションなども重要で、燃えている日の丸を蹴って脚に火を移らせ、ゴロゴロ転がり「こうなったのも日本の奴らのせいだ!」と叫ぶのが中級テクニックと言われている。中国と韓国で交流試合を行った結果、韓国は中国独特の罵倒や燃やし方、切り裂き方などに成す術も無く惨敗。フォースの韓国面も及ばず中国の気合と憎しみの勝利となった。

しかし韓国は参加者がお年寄りしかいなく、ますます過熱ぶりを見せる中国とは対照的となっている。ちなみに日本人誰も気にしない
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「火」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「火」の項目を執筆しています。

放火

聖火リレー

エクストリーム・聖火リレー

花火

火病

くまぇり

拝火教

火病

ファイアマリオ

火刑

ペコちゃん焼き

韓国


更新日時:2018年8月27日(月)23:43
取得日時:2019/11/29 02:22


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef