源実朝
[Uncyclopedia|▼Menu]

"All war is deception. Think your enemy has a strength and it becomes his weakness." -Colonel Roy Mustang


源 実朝(みなもと の さねとも、1192年9月17日?1219年2月13日)は、鎌倉時代の第三代
征夷大将軍で歌手としても知られている。源頼朝の末子(三男)、ヤンデレ北条政子。異母兄は源忠頼(千鶴丸)、同母兄に頼家、同母姉は大姫(はとこの木曾義隆の)らがいる。だが、頼家が馬鹿兄貴だった為、実朝の美意識に合わず、彼の記憶から抹消されている。姉も2人いたはずだが、実朝曰く「僕より美人と言うほどでもなかったので、どんな人か忘れた」らしい。

ナルシストであり、幼少の頃から異世界からの電波を受信し続けていたため、脳の構造が宇宙人レベルになっている。そのため彼の言動は一般人には理解されない事が多いが、それも含めて異様かつ独特な雰囲気を漂わせており、何だか凄い人に見える。所謂一種のカリスマである。

歌手としての人気は凄まじく、その清澄な歌声と玄妙な歌詞は多くの人々を魅了し実朝が歌えば世界中の桶屋が儲かると言われるほどだったが、ファンの期待が重荷となって鬱病になってしまい、宝船を作って海外に夜逃げしようとした。この夜逃げ自体はファンの必死の抵抗によって頓挫しているが、夜逃げに成功していれば狂信者の手にかかって非業の死を遂げる事はなかったかもしれない。

為政者としては傀儡だったと言われているが、関係が冷却化していた朝廷との折衝に尽力したり、彼を傀儡扱いしていた北条義時に時に掣肘を加えたりとなかなかの主体性を発揮している。特に血の気が多い後鳥羽天皇を宥める事に大いに貢献した。彼の頓死が承久の乱の萌芽になったと言われるほどである。
実朝としての生涯

幼少から歌に興味を持ち19歳で歌手デビュー。当初は親の七光り、母の政子のコネなど陰口を叩かれ蔑視されていたがすぐにその非凡な歌の才能を開花させヒット曲を連発、一躍時の人となった。12歳の時兄頼家が発狂して追放されてしまったため征夷大将軍となるが相変わらず歌手活動を行っていたが、社交性の高い性格であったため宮廷の頑迷で狷介な公家達とも打ち解け、幕府と朝廷との関係は実朝のおかげで円満になった。

その後ヒット曲を連発して一躍時の人となるもまだこれからさらなる活躍が期待されていた時のあるに、熱狂的な信者によってライブの最中に暗殺された。享年28歳。北条義時はこの暗殺事件を逆手にとって黒幕を頼家の忘れ形見公暁であると決め付け、彼を処刑したとかしないとか。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「源実朝」の項目を執筆しています。

デーモン小暮閣下

親友にして最大のライバル


ハイル・ヒットラー!
この源実朝は、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を!!ジーク・ハイル!!!! (Portal:スタブ)


更新日時:2014年12月23日(火)19:51
取得日時:2018/11/16 02:34


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4605 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE