湯の川学院高等学校
[Uncyclopedia|▼Menu]

湯の川学院高等学校(ゆのかわがくいんこうとうがっこう)とは、北海道函館市日吉町にある高等学校。地元ではユノガクと恐れられている。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「うた魂♪」の項目を執筆しています。
目次

1 由来

2 ヤンキー合唱部

3 DQN

4 近所の評判とバブリーな生活

5 七浜高校との関係

6 その他

7 関連項目

由来

校名の「湯の川」とは、1939年(昭和14年)まで本校周辺の市町村名が「北海道亀田郡湯川町」であったことに由来する。また、徒歩圏内に道南の奥座敷「湯の川温泉」が存在することも由来の一つとされる説がある。
ヤンキー合唱部

本校は、権藤洋が率いる合唱部がとくに有名である。彼らのソウルフルな歌声は観客を喜びと感動の渦に引き起こすことに定評があり、七浜高校の荻野かすみも彼らに何度も助けられた。しかしリアルJKに「フルチン」を叫ばせるところを垣間見るとやっぱり変態男子高生の軍団であることも否めない。

この合唱部の正式名称は「グリークラブ」である。なぜヤンキーな格好をしているのかといえば、単に尾崎豊に憧れただけである。
DQN

映画「うた魂♪」を見ればわかる通り、湯の川学院の服装はいかにもDQNである。しかしそもそも湯の川学院は私服高校であり、単に合唱部の連中がDQNに憧れてあんなイカツイ恰好をしているだけに過ぎない。私服高校なのだからあんな格好しても何ら問題ないのである。
近所の評判とバブリーな生活

湯の川学院の評判は市内でも最悪のレベルであり、運が悪いと路線バスに乗車拒否を喰らうこともしばしばである。これは、彼らは12歳ないしは15歳から寮生活をしているため世間からの情報に疎く、話がかみ合わないためである。このご時世に「彼女への電話は公衆電話からコレクトコール」「土日の夜は電話ボックスが大混雑」「テレカの度数の減りの早さに苛立ち」「久々の再会は函館山の麓にある夜景の見えるレストランでデート」といった様である(それでも湯の川学院の中では相当なリア充である)。バブル時代の話ではない。21世紀のユノガク生のリアルなライフスタイルである。こんな時代錯誤な連中とコミュニケーションをとりたい人間なんて極少数なのは察しが付くであろう。
七浜高校との関係

映画「うた魂♪」において、函館市柳町にある進学校「七浜高校」の生徒諸君から「ユノガクって頭悪いよねー」と言われている。しかし実際のユノガクは函館市内トップの進学校であり、少なくとも七浜高校よりはレベルが上である。スラムダンクの湘北高校が、DQN高のフリをしながらも実は進学校であるのと全く同じケースである。だから劇中の頭が悪いという描写は「あんなDQNな恰好しているのだから、頭が悪いに違いない」という偏見と「ユノガクのくせに七浜より上とは許せん!」という嫉妬の結果なのである。
その他ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「函館ラ・サール学園」の項目を執筆しています。

この学校は函館ラ・サール学園と同一なのではないかと思われるかもしれない。しかし向こうの記事はあくまでも少年院であり、本校は高等学校であるから、全然別物である。
関連項目この記事「湯の川学院高等学校」は何故か「函館ラ・サール学園」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

函館ラ・サール学園

ゴリ

夏帆


更新日時:2013年2月14日(木)13:55
取得日時:2019/09/08 06:36


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6274 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef