波乗りジョニー
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「波乗りジョニー」の項目を執筆しています。

波乗りジョニー(なみの-)とは伝説のポケモンである。属性は水。特技は「なみのり」(というか、それしか使えない)。2001年、巨大「なみのり」を行使、シルフカンパニーを壊滅させたことや、これをサザンオールスターズのボーカルでお馴染みの桑田佳祐が曲として発表したことで有名。
目次

1 伝説のポケモン

2 概要

3 巨大「なみのり」に至る経緯

4 歴史に残る巨大「なみのり」

5 ジョニーのその後

6 ジョニー年表

7 シングル

7.1 収録曲


8 関連項目

伝説のポケモン

20年以上前から、未確認の水ポケモンが亀が泳ぐ街に存在することがオーキド博士らにより予言されていた(ちなみに当時のオーキドはまだ博士ではなかった)。目撃情報は少なかったが、信じる者は多かったので、やがて伝説のポケモンとみなされ始めるが、1992年、桑田佳祐により捕獲。予想を大胆に裏切る人型ポケモンであることが明らかになる。捕獲時からサーフボードを持っていた。捕獲の細かい経緯については毛ガニ(桑田が所持するキングラー)を参照。
概要

当初、ジョニーは桑田にはまったくなつかなかった。何をしてもそっぽを向いたままのジョニーに桑田が取った苦肉の策は、「コカ・コーラを与える」だった。理由は「いや、コーラ好きっぽい顔してたんだよ」である。ところが予想に反して(予想どうり?)ジョニーはコカ・コーラに夢中になり、コカ・コーラ中毒になる。あまりの呑みっぷりに(一日10?)、日本コカ・コーラ社はジョニーを「特別宣伝部長」(マスコットキャラクターのようなもの)に任命。桑田もこれを了承し、ジョニーはコーラ好きのポケモンとして一躍、脚光を浴びる

特技は「なみのり」しか使えない。だが、秘伝マシンを使わず秘伝わざを使いこなすポケモンは当時はまだ見つかっておらず、ウツギ博士をはじめとする、多くのポケモン博士がこぞってジョニーに関する研究論文を発表。桑田も積極的に協力した。だがこれを快く思わなかったのがシルフカンパニーである。同社は当時「なみのり」を含む7つの秘伝わざのわざマシンの特許を所有しており、これらを少数生産、高額で販売し、巨額の利益を得ていた。
巨大「なみのり」に至る経緯

1993年8月、ウツギ博士がジョニーに関する新しい論文を発表。そのなかで博士は生育環境しだいではポケモンによっては秘伝わざを覚える可能性を示唆。事態を重く見たシルフカンパニーのサカキ氏は、同社の専属機関ロケット団に、ジョニー、及びトレーナーの桑田佳祐の暗殺を命令。ジョニーと秘伝わざに関する研究を終わらせようと動き出した。

桑田の証言を信用するならロケット団の最初の襲撃は1993年10月6日の深夜。襲撃者は2人でいずれも下っ端だったが、トレーナーの桑田はかなり動揺し、ジョニー、毛ガニを連れて自宅を放棄して逃げ出した。(当時桑田はサザンオールスターズを脱退したばかりで、サザンに留まった原由子とは別居していた。)その後各地を点々とする。その時の放浪の経験が後に「孤独の太陽」につながる。

2ヵ月後の1994年の元旦、桑田は逃げるのをやめ、戦うことを決意。ジョニーはもとより、ジョニーの捕獲に一役買った毛ガニも戦闘力は低くは無かったので、各地でロケット団の団員を次々と撃破。ロケット団キラーとして恐れられるようになる。

幹部を何人か葬り、ロケット団も打つ手が無くなってきた4月の終わり、調子に乗った桑田はロケット団の本部である港区のシルフカンパニー本社ビルに乗り込む。だが入り口の下っ端シュナイダーがくりだしたルージュラ「可愛いミーナ」にジョニーが一目惚れ、戦意喪失したジョニーは桑田、毛ガニを置いて、「なみのり」で逃げ出した。これにより隅田川が氾濫を起こし、ジョニーは皇居に逃げ込む。この時とばかりにロケット団は桑田と毛ガニに総攻撃を開始。辛くもこれを逃れ(一説には毛ガニを囮にして逃げたとされる)、生まれ故郷のチガサキ自治区に帰り、恐怖で4ヶ月以上引きこもる。(桑田が哲学書「孤独の太陽」を書き上げたのはこの時期である。)

1994年8月、恐怖を克服し、久しぶりに日の光を浴びた桑田が外でまず最初に見たものは、申し訳なさそうに鼻をつまんだジョニー(と、憤慨して桑田をにらみつける毛ガニ)の姿だった。(桑田は4ヶ月以上風呂に入っていなかったため、かなりの悪臭を漂わせていた。)敵前逃亡したジョニーに対して桑田はなんと土下座して謝った。桑田は調子に乗ってシルフカンパニーに乗り込んだことをずっと後悔しており、ジョニー(と毛ガニ)に対して申し訳なく思っていたのであった。

そして桑田はジョニーを野生に返すことを提案。桑田がジョニーのトレーナーでなくなれば、ロケット団は桑田を狙う理由が無くなり、野生に帰ったジョニーにとって「なみのり」でロケット団から逃げ続けることはたやすいことであるはずだ。ジョニーはこれを泣く泣く了承、桑田とジョニーはお互いのためにここで別れたのであった。

ジョニーを野性に還す際、オーキド博士は協力してくれたのに対し、ウツギ博士は、研究費が無駄になったとして桑田を訴えた。(波乗りジョニー放流訴訟)一審、二審共にウツギ博士の敗訴に終わった。

その後はロケット団は桑田を狙うそぶりをまったく見せなくなった。 6985 だがこれは直後に桑田が強力な政治結社であるサザンオールスターズに、魂の抜け殻となった状態で保護されていたからである。(魂の抜け殻となる詳しい経緯はマンピーのG★SPOTを参照)桑田が三たびサザンを脱退した2001年からは桑田を狙いはじめる。この時には毛ガニのヘルニアはかなり悪化しており、桑田は逃げ回るので精一杯だった。2001年7月1日、サザンビーチで「なみのり」を楽しんでいたジョニーはこれを知り、怒りのあまりコカ・コーラを吐き出し、シルフカンパニーへの巨大なみのりを決意。
歴史に残る巨大「なみのり」

ジョニーはシルフカンパニーを壊滅させるため、3日3晩力を蓄え続けた。3日後の2001年7月4日、シルフカンパニー本社ビルを高さ200m以上の大津波が襲う。この「なみのり」によりシルフカンパニーの主要幹部は社長を含め、ほとんどが死亡、行方不明となり、シルフカンパニーは壊滅した。だが、前述のサカキはたまたま外回りの途中だったため生き残り、ロケット団をテロリスト集団として独立させる。この後、ジョニーも行方不明となる。
ジョニーのその後

この巨大「なみのり」は一匹のポケモンとしての能力の限界を大きく超えており、シルフカンパニーに体当たりした時点で死亡したと考えられている。また仮に生き残っていたとしても、直後にロケット団に捕獲されることは逃れられないだろう。

現在も桑田はロケット団に命を狙われているため、ジョニーは無駄死にだとウツギ博士が発言したが、これを聞いた桑田は松田弘、関口和之、毛ガニと共にウツギの研究所に乗り込み、ウツギをボコボコにし、6ヶ月の重症を負わせた。これにより指名手配犯である桑田の罪状に「集団暴行」が加わった。
ジョニー年表

1971年当時学生だったオーキドの所属していたサークル「マサラのポケモン狂たち」が波乗りジョニーの存在を予言。徐々に学会の注目を浴び、オーキドは神童ともてはやされる。(ちなみにウツギは自分も予言した一人だと主張しているが、ウツギが同サークルに所属していた事実は無い)

1992年桑田佳祐に捕獲され、その姿を始めて衆目にさらす。ちなみにこの戦いで毛ガニは椎間板ヘルニアを発症する。

1993年桑田と共にウツギ博士の研究所に研究対象として通い始める。8月、ウツギの新論文により、ジョニーの「なみのり」は遺伝だけではなく生育環境にも影響を受けている事が明らかになる。10月、ロケット団に襲撃を受ける。

1994年4月、シルフカンパニーに乗り込み「可愛いミーナ」にひとめぼれ。8月、オーキド博士を介して野性に帰る。

2001年7月、「巨大なみのり」をおこし、歴史上もっとも人を殺したポケモンとしてギネスブックに記載される。

シングル

前述のとおりこの波乗りジョニーは桑田佳祐が曲にし有名になった。
収録曲
波乗りジョニー

作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 管編曲:山本拓夫
 弦編曲:島健


黄昏のサマー・ホリデイ

作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 英語補作詞:岩本えり子 弦編曲:島健


MUSIC TIGER

作詞・作曲・編曲:桑田佳祐


PRIDEの唄 ?茅ヶ崎はありがとう? (LIVE in 大阪城ホール)

作詞・作曲・編曲:桑田佳祐


関連項目

桑田佳祐ジョニーが生きている場合、その居場所を知るのは彼だけとされているが、「巨大なみのり」の後、ジョニーに関して桑田が発言したことは無い。

毛ガニ歴史上、ジョニーに勝った唯一のポケモン。現在は戦える体ではない。

サザンオールスターズ

大森隆志ロケット団の最初の襲撃を受けた後、桑田は毛ガニとジョニーを連れてサザンに逃げ込み、二匹を保護してもらうよう頼むが、生粋のポケモン嫌いである大森の反対でそれは叶わなかった。だが、巨大「なみのり」はTSUNAMIと混同されやすく、ジョニーをサザンの一員と勘違いしている者も多い。

ロケット団

可愛いミーナ世界一美しいとされるルージュラ。その姿を見た者は「とてもルージュラとは思えなかった」と口をそろえて言うが、「巨大なみのり」にトレーナーのシュナイダーもろとも呑まれたとされている。

オーキド博士「巨大なみのり」の後、桑田と同じくらい悲しんだとされる。ちなみに彼はジョニーをルージュラの変種ではないかとみていたが、現在はジョニーに関する研究はまったく行っていない。

ウツギ博士ジョニーに異常な執着をみせた。ジョニーに関する彼の論文は同氏の論文のうち、もっとも高い評価を得ている。


この項目「波乗りジョニー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2013年11月12日(火)18:06
取得日時:2019/07/13 03:49


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef