法学
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…民法[編集]その名のとおり民のための法であり、もっぱら民夫、民子、民介などという名前の者に適用される。

私的自治の原則という大層な名前をもった原則があるが、これは「好き勝手にやってちょーだい」という程度の意味。また信義則は「空気読めよ!」、公序良俗の原則も「常識で考えろ!」という程度の意味である。

民法に逆らうと強制的に結婚をさせられる。
禁反言の原則
女子高生が自分でミニスカートをはいておきながら、階段でスカートを押さえること。
不完全物権変動
指輪を備えないオニャノコは二股をしてもよいこと。対抗要件を具備していない以上、所有権は不完全にしか変動していないのである。
公示の原則
物権変動は明確な外形的表徴をもって示されなければならないという原則。そうでないと、物権変動が認識できず、取引に入った者を害することになるからである。よく指輪をつけないオニャノコがいるが、これも彼氏もちなのかどうなのかわからず、公示の原則違反といえる。
公信の原則
真実の物権変動と異なる物権変動がなされたかのような外形的表徴があった場合、それを信頼して取引に入った第三者については、表示どおりの物権変動をみとめようという原則。指輪をつけないオニャノコを、彼氏がいないんだと信頼してアタックをしかけた男の子は、善意無過失のときに限り恋のキューピッドが微笑むことになるが、これが公信の原則の適用例である。
刑法 痴漢をした者は、うーん、死刑!

全編「死刑」でつづられた法律。

たとえば第199条は「人を殺した者は、うーん、死刑!」である。

その解釈はとても厳しく、罪刑法定主義(犯罪と刑罰はあらかじめ明文の法律によって死刑と定められてなければならないという原則)、責任主義(責任ある者はみんな死刑という原則)、謙抑主義(慎み深く死刑にするという原則)などに従わなければならない。

なお、犯罪とは「構成要件に該当する違法で有責な行為」と定義されるが、平易に言い直すと「構成要件に該当する違法で有責で死刑になる行為」である。

もちろん刑法に逆らうと死刑となる。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「法学」の項目を執筆しています。

法律

法学部

法科大学院
 ・話・編・歴 学問 (カテゴリ)

人文 :文学 - 哲学 - 神学 - 心理学 - 形而上学
社会 :法学 22a2 - 経済学 - 社会学
自然 :化学 - 物理学 - 生物学 - 地学 - 数学 - 天文学
応用 :医学 - 軍学 - 疑似科学

この項目「法学」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2014年10月20日(月)20:13
取得日時:2020/07/10 12:15


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6921 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef