江戸幕府
[Uncyclopedia|▼Menu]
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は江戸幕府だから。君は間違っていないよ。)徳川王朝
Tokugawa Dynasty徳川幕府
Tokugawa Shogunate

[[File:|125px]][[File:|100px]]
(国旗)(国章)
国の標語 : 天下泰平

公用語日本語とその種々の方言、絵文字、顔文字
首都江戸
最大の都市江戸
首都機能分割都市不明
指導者不明
征夷大将軍#徳川王朝の将軍を参照
首相不明
面積
 - 総計
 - 水面積率世界第位
平方km

人口
 - 総計(xxxx年
 - 人口密度世界第位

世界第xx位
人/平方km
政府君主制
国民的な英雄徳川家康
成立
消滅1603年3月24日
1868年5月3日
通貨両 (JPM)
時間帯UTC -9 (DST: 一部地域にあり)
国歌無し
宗教朱子学
国際電話番号無し
日本の歴史

先史時代

旧石器時代

縄文時代

弥生時代


第一次天皇王朝

古墳時代

飛鳥時代

平城時代

平安時代


源北条王朝

南北朝時代

足利王朝

戦国時代

織田豊臣政府


江戸時代

大日本帝国

日本国

徳川王朝(とくがわおうちょう)とは、西暦1603年から1868年まで(皇紀2263年から2528年まで)、日本で運用された政権管理ソフトである。徳川システム株式会社によって開発・運用されたため徳川幕府(とくがわばくふ)ともいい、江戸にサーバーを置いたことから江戸幕府(えどばくふ)ともいわれている。コアシステムは、幕府型全国統治ソフトの第3世代に属する。

政府のみならず徳川王朝全般については、「江戸時代」を参照すること。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「徳川王朝」の項目を執筆しています。
目次

1 概要

2 歴史

3 システム概要

4 特徴

5 歴代将軍

5.1 挙母時代の将軍

5.2 岡崎時代の将軍

5.3 徳川王朝の将軍

5.4 帝国時代以降の将軍


6 関連項目

概要

徳川王朝は、江戸という地方都市に拠点サーバーと本社機能を置いた政権管理システムの運用事業者である。トップが任命されたのが軍の役職であったことや独占事業であったため一般的な軍事政権であるという説もあるが、実際には軍産複合体に偽装したハッカーによる王朝である。1868年に創業者一族の子孫がクーデターによって経営を追われ、天皇王朝からのTOB(株式公開買い付け)に応じる形でその営業を終了している。

しかし日光江戸村という地域限定で存続してるらしい。
歴史

本来、日本の経営支配権は天皇王朝が独占していた。しかし保元の乱、 6f54 平治の乱以降、保守的な同族経営に反感を持つ中間管理職層が台頭し、天皇王朝の経営状態は大いに乱れた。この経営の乱れは、1585年に天皇王朝の頂点である関白、太政大臣サルが就任したことで頂点を迎える。

そのようななか、天皇は大規模な入札を実施し、政権管理を包括的な公共事業として入札企業に丸投げし、統治権をアウトソーシングするという方針を決定した。この決定に驚いたのはサルの出身母体、織豊グループである。政権管理システムが一社による独占事業として構築されてしまえば、他の中小のシステム開発会社は利権にありつくことができなくなる。これは伝統的な軍産複合体で情報システム部門に弱い織豊グループにとって一大事である。そこで知恵者のハッカーを社長として情報システム専門の子会社を設立。後陽成天皇はこれにまんまと騙され、政権管理ソフト「江戸幕府Ver.1」の導入が正式に決定される。これが徳川王朝である。しかし、天皇王朝は倒されないまま存続した。外国で言えば、独立国家の阮王朝(1802年?1887年)が戦国時代の天皇王朝で、フランス領インドシナの阮王朝(1887年?1945年)が徳川時代の天皇王朝に相当する。

こうして経営支配権を手に入れた徳川氏だったが、独占事業から得られる利益で親会社を圧倒するのは時間の問題であり、関ヶ原市での時間外取引による株式取得や、織豊グループ大阪本社での2度の臨時株主総会での決議により、親会社を飲み込む買収を成功させた。子孫は代々さまざまな関連企業や外郭団体を吸収合併して肥大化しまくったことから次第に本社機能の弱体化をもたらし、創業260年を経てグローバル化の波に乗れない体制となっていたのは誰の目にも明らかであった。反主流派勢力も強くなっていったが、しばらくはなんとか誤魔化せていたものの、15代将軍であるよしのぶは天皇王朝から派遣された皇族との敵対的買収交渉(公武合体)の際、大規模な不正経理とシステムの欠陥を発見されてしまう。このことはただちに天皇に報告され、よしのぶは空気を読んで自分からの経営権を返上した。
システム概要

幕藩システムという独自のネットワークを構築しており、端末レベルではサブシステムである「藩」が処理を行い、分散型コンピュータの先駆けとして高い処理能力を誇った。中央システムでは、ほぼ同等の処理機能をもったCUP「老中」を複数同時に稼働させ、不定期に入れ替えてメンテナンス、バージョンアップすることにより、処理の暴走やエラーを防いだ。
特徴

タヌキが任命された征夷大将軍は軍の役職であったことから、徳川王朝の政治家と官僚は皆、腰に刀を携え、頭にピストルを乗せていた。

徳川王朝は部下を大量に左遷し降格させたが、公式な報告書には「腹を切って自殺した」と書かせた。これは自発的退職を示す暗号であったが、後にこれを真に受けたエゲレス人によって日本の伝統芸能として世界に紹介された。

徳川時代において恋人が駆け落ちする際には役人に賄賂を贈った。これは、賄賂をもらった役人がホームレスの
死体を見つけてくる→ふたりとも自殺したことにする→恋人同士は逃げる、という算段であるが、これものちに本当に自殺したと思ったエゲレス人によって日本の伝統芸能として世界に紹介された。

徳川将軍15人のうち、名前の漢字に「へん」がある者は、自分の実子に将軍職を継承させることができないというジンクスがあった。具体的には、4代将軍家綱の糸へん、5代将軍綱吉の糸へん、7代将軍家継の糸へん、10代将軍家治のさんずいが、これに相当する。250年経過した幕末頃にようやく幕府はジンクスに気付き、13代将軍家祥は、将軍就任の翌月に慌てて示へんの名前を捨てて家定に改名したが、その甲斐なく子供ができないまま亡くなった。14代将軍慶福もジンクスを避けるため、将軍就任と同時に家茂に改名したが、結局子供ができないまま亡くなった。(なお初代将軍家康の初名は元信、6代将軍家宣の初名は綱豊で、にんべんと糸へんがついているが、将軍就任の何年も前に改名しており、実子に次期将軍を継承させることができた)

初代将軍の徳川家康が、農民出身の草履取りから大出世した豊臣秀吉に臣従していた黒歴史があるためなのか、江戸幕府はできる限り立身出世の道を閉ざし、長男より次男三男らが超優秀でも長男が家を相続する長子相続、どんなに超優秀な下級武士でも下級武士のままという家柄優先、どんなに超優秀な外様大名でも幕府政治に参画させないという原則を掲げていた(例外はあったが)。この原則への不満が溜まりに溜まって爆発したのが幕末である。

歴代将軍

将軍の代数の括弧の数字は松平親氏から数えた代数
挙母時代の将軍

初代 松平親氏

第2代 松平泰親

第3代 松平信光

岡崎時代の将軍

初代(第4代) 松平親忠

第2代(第5代) 松平長親

第3代(第6代) 松平信忠

第4代(第7代) 松平清康

第5代(第8代) 松平広忠

第6代(第9代) 徳川家康

徳川王朝の将軍 最後の将軍が徳川慶喜であったことを記す壁画

初代(第9代) 徳川家康

第2代(第10代) 徳川秀忠

第3代(第11代) 徳川家光

第4代(第12代) 徳川家綱

第5代(第13代) 徳川綱吉

第6代(第14代) 徳川家宣

第7代(第15代) 徳川家継

第8代(第16代) 徳川吉宗

第9代(第17代) 徳川家重

第10代(第18代) 徳川家治

第11代(第19代) 徳川家斉

第12代(第20代) 徳川家慶

第13代(第21代) 徳川家定

第14代(第22代) 徳川家茂

第15代(第23代) 徳川慶喜

帝国時代以降の将軍

第16代(第24代) 
徳川家達

第17代(第25代) 徳川家正

第18代(第26代) 徳川恒孝

関連項目

Category:徳川氏

江戸

江戸時代





李氏朝鮮
 ・話・編・歴 徳川将軍家の歴代将軍

(1) 家康 | (2) 秀忠 | (3) 家光 | (4) 家綱 | (5) 綱吉 | (6) 家宣 | (7) 家継
(8) 吉宗 | (9) 家重 | (10) 家治 | (11) 家斉 | (12) 家慶 | (13) 家定 | (14) 家茂 | (15) 慶喜
(16) 家達 | (17) 家正 | (18) 恒孝

先代
織田豊臣政府
1573年-1603年日本の歴史
徳川王朝
1603年-1868年次代
大日本帝国
1868年-1945年

先代
戦国時代
1467年-1603年日本の歴史
徳川王朝
1603年-1868年次代
大日本帝国
1868年-1945年


更新日時:2019年2月27日(水)23:32
取得日時:2019/09/19 07:19


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:16 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef