[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…汗くさい[編集]このように素晴らしい汗だが、しばしば「汗くさい」と表現されることがある。これを文字通り受け取って、汗は臭いものだと思い込んではいけない。(小野Iを除く)たとえばストレートで定番の口説き文句や、使い古された褒め殺しの言葉を、「くさいセリフ」と言うことはないだろうか。ここでの「くさい」も同じ意味である。つまり、美しいものの典型例である汗をあえて使うことはわざとらしい場合も多く、その様子を「汗くさい」と表現しているのである。
汗散るサリチル酸

化合物でも汗を流している姿が美しいものがある。その名も汗散るサリチル酸である。もともとの姿はサリチル酸だが、自然界でもそれほど珍しいものではなく、そのまま飲むと腹膜炎を起こしたりと、決して素晴らしい化合物とはいえない。しかし汗を流しているサリチル酸は、通称アスピリンと呼ばれて医療に大きく貢献しており、人間から喜ばれる存在である。

汗散るサリチル酸はサリチル酸に汗をかかせて作られる。サリチル酸に、やずやの黒酢のカプセル(化学的には 403c 無水酢酸と言われる)を飲ませると、新陳代謝が活発になって汗をかき、晴れて汗散るサリチル酸になるのである。

イタリアのギャングなどは、汗を舐めて味をみると嘘をついているかわかる。そのためには10年を超える修練を積まなくてはならない。
関連項目





アセクサイ


更新日時:2020年12月6日(日)17:26
取得日時:2021/02/28 16:07


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5000 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef