[Uncyclopedia|▼Menu]

汗(あせ)とは、人間が分泌する最も美しいものであり、とくに若者が見せる美しい姿の象徴。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
目次

1 美しい汗

2 汗の結晶

3 汗くさい

4 汗散るサリチル酸

5 味

6 関連項目

美しい汗

若者が汗をかく姿は美しいと言われる。とくに「近頃の若い者は…」などと何かにつけていう大人たちも、汗をかいている若者を見ると美しいと褒めたたえる。汗というものはよほど美しいのであろう。

ところで女性は化粧によって少しでも自分を美しく見せようとする。デートの前など尚更である。しかし化粧に時間とお金をかけるよりも、汗をかいたほうが手っ取り早いということに気づいている人は意外と少ない。これからはデートの前に汗を流すとともに、デート自体も2人でジムに行くとか、真夏の昼下がりに公園を散歩するといったものに変えると、お互いに美しさが磨かれて良い効果を生むものと思われる。
汗の結晶

汗自体が美しいことは述べたが、その結晶もまた賞賛の対象になる場合が多い。とくに汗の結晶を作る行為は指導的立場の大人に非常に喜ばれる。

ところで汗の成分は食塩であることが知られている。食塩の結晶がなぜそれほど喜ばれるのか疑問に思う者もいるかもしれないが、ポーランドの塩の宮殿を見れば分かるだろう。食塩の結晶は素晴らしく美しいのだ。

教育的立場の大人が喜ぶのは、食塩の結晶を作るのが並大抵ではないということによる。夏休みの宿題などで実際に作ったことがあれば分かるが、食塩の結晶を大きくするには手間暇がかかる。汗から大きな結晶を作るということは非常に根気がいる作業であり、その努力が評価されるのは当然なのである。
汗くさい

このように素晴らしい汗だが、しばしば「汗くさい」と表現されることがある。これを文字通り受け取って、汗は臭いものだと思い込んではいけない。(小野Iを除く)たとえばストレートで定番の口説き文句や、使い古された褒め殺しの言葉を、「くさいセリフ」と言うことはないだろうか。ここでの「くさい」も同じ意味である。つまり、美しいものの典型例である汗をあえて使うことはわざとらしい場合も多く、その様子を「汗くさい」と表現しているのである。
汗散るサリチル酸

化合物でも汗を流している姿が美しいものがある。その名も汗散るサリチル酸である。もともとの姿はサリチル酸だが、自然界でもそれほど珍しいものではなく、そのまま飲むと腹膜炎を起こしたりと、決して素晴らしい化合物とはいえない。しかし汗を流しているサリチル酸は、通称アスピリンと呼ばれて医療に大きく貢献しており、人間から喜ばれる存在である。

汗散るサリチル酸はサリチル酸に汗をかかせて作られる。サリチル酸に、やずやの黒酢のカプセル(化学的には無水酢酸と言われる)を飲ませると、新陳代謝が活発になって汗をかき、晴れて汗散るサリチル酸になるのである。

イタリアのギャングなどは、汗を舐めて味をみると嘘をついているかわかる。そのためには10年を超える修練を積まなくてはならない。
関連項目






更新日時:2011年8月11日(木)01:07
取得日時:2019/08/19 01:59


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4845 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef