水嶋ヒロ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…ター開始から終焉まで[編集]その後、さまざまな疑惑を抱かれ、平成の三浦和義を地で行く生活を送るなかで、夫婦でブログとツイッターを開始。文豪・水嶋ヒロが花開いた瞬間である。彼の日本語はあまりにも難解で、一般人には到底理解できない内容であった。それゆえ、多数のフォロワーから「これは間違いではありませんか」と苦情・指摘が殺到し、そのたびに「勉強になります!感謝!」と表向き笑顔で答えるやり取りがどれほどあったか。

結果、あまりにも難解な文章で一般大衆に受け入れられないことから、ツイッターを一時休止すると発表、それとほぼ同時期に、出版先送りだったはずの本が緊急出版されることが明らかになった。

さらに、ツイッターでにぎわっていたころには、恩人であるポプラ社の社員の方々に「自分の作品で右往左往している」「うまくいくよう祈っている」などと、自分の産んだ子供というべき作品をすべて丸投げにし、一方で敬虔な宗教者としての側面、さらには婉曲に皮肉るアンサイクロペディアンにふさわしい皮肉な文才を発揮し、さらなる注目を浴びた。


その後ツイッターは再開され、難解な言葉で読者を混乱させることを心配した水嶋ヒロは、ファンのメッセージ一つ一つに「感謝!」とだけ書き記し、今に続いている。また、英語でツイートしてくるファンに対しても、留学した割には2?3語程度の優しい英語で返事をするなど、外国人にも簡潔な表現で交流することを心がけている。

なお、とかく頻繁に「感謝!」という言葉を使うため、ありがとう教信者ではないか、との見方や、妻に対して「顔射」している関係でその言葉が好きなのではないか、といった憶測を呼んでいる。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水嶋ヒロ」の項目を執筆しています。

ノーベル賞受賞者受賞年 :2010年
受賞部門 :ノーベル裏文学賞
受賞理由 :ポプラ社大賞受賞作「KAGEROU」を発表し、レベルの高すぎるギャグや独自性に富んだストーリーにより小説の新しいジャンルを切り開いたため。


KAGEROU 彼の処女作

絢香

UnNews:KAGEROU、BOOKOFFにて売り上げ1位の快挙


更新日時:2017年5月21日(日)00:13
取得日時:2019/10/22 08:42


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8935 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef