死刑
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…[編集] 執行室へと続く階段。「いってらっしゃい」と大書されている。

前述のように、日本でも近年、死刑に関する議論が活発になってきており、法務大臣鳩山邦夫が「死刑執行命令に署名するのが面倒だ、誰を死刑にするか考えるのも嫌なので、勝手に役人が死刑にする順番を決定してくれ」といって自動化を推奨したが、かつての元水銀党の影の指導者亀井静香から「わしゃ死刑制度は反対だ、しかし悪い奴といえども、そんないい加減な決め方で死刑にされたらたまらないだろ」と批判された。もっとも半年間で13人も血祭り、じゃなかった縛り首にすることを命令したのだから、本当は自分でサインする度胸はあったのだと思うよ、本当。朝日新聞に言わせると「死神にして永世死刑執行人」らしいが。まあ、いいじゃない。「悪人にとっての死神」なら一応「正義の味方」ではないか。それにサインするだけで合法的に人を殺すこともできるのだから現代日本最強の政治家ですよ、本当。

また、最近では人殺しをすることが出来た自分を褒めたい、ご褒美として国家によってあの世(地獄?)への片道旅行へご招待を受けたい。といって死刑になるような悪事に手を染めるやつもいるのだから、このような人には死刑よりも四次元もしくはブラックホールにでも行ってもらいたいものである。また「死刑に威嚇力がある、よって必要」との信仰心をもつ死刑存置派も少なくないが、そもそも人を殺すようなものはサタンの電波に犯されているのだから、威嚇力はないという反対意見もある。いずれにしても本当のことは誰にもわからない。

家庭教師であるルナ先生は死刑の存続、廃止は言及していないものの、みのるくんが勉強できないことで死刑になってしまうことを恐れ、体をはって勉強を教えることで死刑から逃れられるよう努力をしており、「死刑の存続、廃止」よりも「死刑になるような人を作らない」ことこそが一番大切なことであることを身をもって訴えた人として、共感した多くの男性から絶大な支持を得た。しかし、なぜか女性からはあまり支持されなかったばかりか、ルナ先生自体を知らない女性が多い。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「死刑」の項目を執筆しています。

粛清
当局の検閲により削除されました



更新日時:2019年7月1日(月)18:54
取得日時:2020/02/20 00:06


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef