死人に口なし
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
ウィキペディア専門家気取りたちも「死人に口なし」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クチナシ」の項目を執筆しています。

死人に口なし(Gardenia for Death)とは、非業の死を遂げた者の霊魂を慰めるため、クチナシ(梔子)の花を手向けるという古来よりの風習である。
目次

1 概要

2 弔いの歌

3 弔いの碑

4 逆の利用法

5 輪廻の祈り

6 余談

7 外部リンク

8 関連項目

概要

このユーザーはひよこ陛下に永世の忠誠を誓っています。
ひよこ陛下万歳!

クチナシの花言葉は「私はとても幸せです」であり、原産国台湾では古来より死んで行った同胞に対し、その在りし日の思い出を胸に、クチナシの花を墓へ捧げる風習があった。現在では廃れてしまったが、形を変えてその精神は継承されていると言われている

また一説においては、クチナシは「朽ち無し」とも言われ、その場合の花言葉は「朽ちる事のない=永遠なる(主語は随意に決めることができる)」を意味し、ひよこ大王国においては偉大にして永遠なるひよこ陛下へ無二の忠義を示した臣民に対する最大級の栄誉として下賜される花(あるいは花を象った紋章)であり、その遺された九族は末代まで手厚く保護されるとされている。

さらに異説として、クチナシは「口無し」ともされており、不都合な真実を暴露させぬできぬまま粛清したされてしまった同志に対し、偉大なる将軍様たちから支給される手厚い遺族年金(現物支給)であるとも言われている。

弔いの歌

このユーザーは千の風になったので、お墓にはいません。

死人に口なしをテーマとした死者へ捧げるバラッド(題『くちなしの花』/作詞:水木かおる/作曲:遠藤実)が、渡哲也によって1973年に発表されている。
歌詞(「かつてはひぐらしのなく頃に」ED候補にもノミネートされたが、圧倒的不評によってなかったこととされた)

今では首も回らぬほどに 積もり積もった お前の悪行 クチナシの花の かすんだ香りが 黄泉路の果てまで つきまとう クチナシの白い花 400e まるでお前の顔色

管理者たちを困らせた 荒らしみたいな あの日のお前 クチナシの雨の 哀しい別れ 今もブロックされている クチナシの白い花 まるでお前の顔色

小さな幸せ それさえも 忘れてしまった お前の愚かさ クチナシの花を むしるそのたび 思い浮かぶは 恍惚の眼差し クチナシの白い花 まるでお前の顔色

その後、この歌は千の風になってと並ぶ葬式の定番ソングとして1970年代から2010年代にかけて一時的に大ヒットしたものの、次第に飽きられ、忘れ去られて行ったのであった
弔いの碑

すべての賞賛と栄光は、彼らのものです!
このユーザはついにバカの帝王の栄誉を獲得しました。
彼らのサイトに対するあふれんがばかりの貢献と才能のため、彼らは一切の雑用から解放されたのです。
その他の栄誉とは異なり、この栄誉は生涯継続されます。彼らはもはや以前の仕事には戻りません。
もしあなたが会話の回答を期待しても残念ながら失望するだけです。
そのようなちっぽけな仕事は彼らのタスクリスト上には存在しないからです。

これはアンサイクロペディアの荒野に華々しい功績と武勇伝を残してバカバカしく散って行った同志たちの墓標であり、彼らの生きざまに敬意を表し、その歴史的栄誉を永遠に刻みつけておくために書かれた弔辞でもある。その残された九族(配偶者および兄弟姉妹、父母、祖父母、曾祖父母、高祖父母、子、孫、曾孫、玄孫)は末代まで罵倒され、嘲笑され、後ろ指さされてしまうのである。
逆の利用法 イメージ画像……え、これは牡丹だって? 余計な事を言うと、クチナシにされてしまいますよ?

近年において、医者などからさまざまな宣告を受けたり、フラグが立ってしまったり、死兆星が見えてしまったりして、自ら死期を悟った者が、残される愛しい者たちに対してクチナシを贈る習慣が、一部地域において確認されており、そのメッセージは、「今まで、ありがとう。私は、とても幸せでした。
あなたと一緒になってから、いつも色々あったけど。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:14 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE