死亡
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
ムスカの死亡予告「何だ!!何が・・・何が起きている!?」
? 死 について、エンリコ・マクスウェル大司教「死だ!!死が起きている!!」
? マクスウェル大司教の驚愕の言 について、モンティナ・マックス少佐「不幸とは、何かおそろしいものをもたらすもののことである。
死は不幸ではないから、おそろしい何ものももたらさない。
故に死は不幸ではない」
? 死 について、ヨハン・ゲオルク・アウグスト・ガレッティ「大丈夫・・・ おっかなくなんかねえんだよ・・・・・・! 俺が・・・ 俺が先に死んでやるっ・・・・・・! 綺麗に死んでやるから・・・・・・・・・! 安心しろっ・・・・・・!

だから・・・・・・ 受け入れてやれ 死をっ・・・・・・! 出来る限り・・・・・・ 温かく・・・ 迎え入れてやれ・・・!俺の感触じゃ 死ってヤツは・・・ そう悪いヤツじゃない。 出来るさ・・・ お前にも出来る。俺が見てきた限りじゃ あったかい人間は あったかく死んでいけるんだ。 おっかなくなんかねえんだよ・・・! 銀次・・・。」
? 死 について、赤木しげる 死亡確認の様子

死(し、Death)とは、美であり、快楽であり、救いであり、解放であり、であり、抗議の方法の一つであり、苦しみからの逃げ道であり、生命の理の底辺であり、生命の理の頂上であり、永遠の始まりであり、であり、有であり、全てのの向かう場所であり、異世界に行く唯一の方法であり、を消すことにより新たな世界の光を浴びることであり、無限への終わりである。死んでもいいことは特に無いが、地獄にいけるといういいことがある。また、又吉イエスによって命じられたものは、死ななくてはいけない。

これは、又吉イエスによって「死なされている」のではなく、「快楽を与えてもらっている」ことである。さらに、麻原彰晃のポアでも死ぬことが可能。また、侍は「切腹」を神聖な「自殺」としていた。(自殺は自らに死を与える事である。)

死は跳躍であり、人間やその他の生物が次のステップに至るためには必ず超えなければならない関門でもある。アンサイクロペディアも一度死んでみれば新しい『何か』へと変革を起こす事だろう。007は二度死ぬ。なお、ぽっぽはこれを友愛と呼ぶ。
目次

1 死の定理

2 死の統計

2.1 一般的な死

2.2 宗教としての死


3 死ぬ前のやり取りの1つ(現代)

4 著名な不参加表明者

5 関連項目

死の定理 3fdc 客に死を宣告し、店自体も死んだ店

基本的に、死の定理は3つある。「肉体的な死」「精神的な死」「存在的な死」である。あとこれに、「すべての死」を足して、「死の4定理」と言われる。

肉体的な死は「呼吸の停止」、「心臓の拍動の停止」、「瞳孔の拡大」、「の活動停止」などからわかるように、その生物の生体活動が一切停止してしまうことである。

精神的な死は、動かない(意識がない)タイプと、狂っていて一つの本能だけで生きているタイプの二種類がある。また、精神が死んでも、狂ってるタイプは動く。これは、「が死んだ」わけではなく、理性や、判断力、他に人としてみにつけるものがないということである。

存在的な死は、そのモノが生きていた事の記憶が他人から消滅した状態のことである。特に孤独死する老人などにはこの死は早期に訪れる。(孤独死は主に二つある。片方が誘爆型、片方がヤケクソ型である。誘爆型は存在的な死から、肉体、精神的な死が起こることで、ヤケクソ型は、他人を自らの記憶から「殺す」方である。)歴史人物とは、存在的な死がおとずれないかわいそうな人達のことである。近年、日本において、歴史的人物でなくても存在的な死が訪れず150歳とか200歳まで生存させられ家計を支えさせられるかわいそうな老人が多数存在することが明らかになりつつある。

少々異なるが、某アニメのように、デコンポーザーで体とともに存在を消すという方法もある。

すべての死は、上記のすべての死が達成された状態のことである。

死の統計 死に対する各国の反応 ここから落ちたら死ぬ!!「死の79%は着色料で出来ています。死の14%はかわいさで出来ています。死の7%は白インクで出来ています。」
? 死 について、成分分析結果「みんなも一緒に、殺ってみようよ♪」
? 死 について、ドナルド・マクドナルド

現在致死率はほぼ100%である。2000年に一人くらいの確率で、死亡後に生き返ることがヴァチカン教皇によって認定されている。また、近年行われているバーチャルゲーム化へのシフトにより、仮想的に死亡が体験できる。さらに、経済が悪化し、いわゆるインフレ状態になると、死亡した人間が高確率で蘇ることが確認されている。
一般的な死

極めて高度なエクストリームスポーツである。人は生まれついて即座に死に向かって走り始める。人々は我先にと死への扉を捜し求めるが、多くの人にとっては、それは一生を費やすほど時間のかかることである。そしてその時間が長ければ長いほど、周囲からの賞賛は大きくなる傾向がある。ゴールにたどり着いた者には、惜しみない賞賛と感涙と香典が贈られるが、まれに税務署が参加費を取立てにくることがある。
宗教としての死

これとは別に、偉大宗教者として殉教することを望む人種も存在する。彼らは、常に神の息吹を肌に感じ、自ら殉教者であろうとすることを誇りとし、他者に対して無限の慈しみを与えることが出来る、最も昇華された人類である。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:15 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE