橋上秀樹
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…橋上効果の虚実[編集]巨人が3年ぶりに日本一を奪回した2012年は「橋上効果」が絶賛され、「とにかくボールに当てることを強要していた原に対して、見逃し三振を認めたことでメンタル面に大きく貢献した」「阿部が神と崇めた」などといった類の話が山ほど流れたが、この年は、悪名高き低反発球の導入2年目であり、ボールに適合した結果も大きかっただろう。また、翌2013年の村田週一の復活は、若干ボールの反発力が上がったのも関係していると思われる。

橋上氏や尾花高夫氏などは、タブロイドやネットで「勝てば〇〇のおかげ」になる立ち位置(いわゆる「野村チルドレン」)であり、対して原監督や前任の村田チュウ打撃コーチが「とにかく負けると〇〇のせい」にされるタイプなので、タブロイドやネットの評価も鵜呑みにはできない。

「村田真一は通算打率2割3分の二流選手だから無能理論」を適用すると、この人は二流どころか三流選手であり、やってたことも捕手目線からのアドバイスであまり変わらない(ちなみに現役時代の成績は、出塁率は橋上の勝ち、長打力は村田の圧勝となっている)。

結局どこまで信じられるのだろうか。この答は2014年に判明する。この年も巨人のコーチとして円陣を組んで指示を出したりしているが、近年の巨人では有りえなかった残塁の山、併殺打の山と化しており、得点圏打率12球団1位にも拘らずリーグ得点最下位、12球団中10位の惨状である(7月終了時点)。

一見ネガティブな話だが、この状況は野村ヤクルトが調子悪かった時とソックリ同じである(2008年にも楽天でパリーグ併殺記録を更新した)。何だかんだ橋上の貢献は大きく、良くも悪くもノムさんのメソッドのようなものが浸透しているようである。
脚注^ ちなみに同期の2位は、ブンブン丸である。

関連項目

田尾安志
- 施設の初代責任者。ツンデレジジイの前任。

古田オッケーイッ!! - ふにんき時代からの同僚。同年で、チョッと友達。


この項目「橋上秀樹」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文を付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)


更新日時:2018年12月13日(木)14:22
取得日時:2019/07/24 09:35


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9818 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef