樺太
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「樺太」の項目を執筆しています。

樺太(からふと)は、地球上では極めて珍しい存在である「渡り島」の一種で、オホーツク海から南極に至る極めて長距離を移動する事で知られている。左派輪(サハリン)とも呼ばれており、現在はひだりの輪が実行支配している。

地球上の渡り島としては他に竹島初音島北海道の渡島半島等が知られているが、これほどの長距離を移動する島は樺太とひょっこりひょうたん島の他に知られていない。また島自体が回転しており、その方向は虫の居所によって左巻きになったり右巻きになったりする。
目次

1 概要

2 地理

3 歴史

3.1 最近の出来事


4 交通

5 言語

6 文化

6.1 信仰


7 観光

7.1 特産物


8 最後に

9 関連項目

概要

樺太は日本固有の領土であるから、都道府県の一つである樺太庁が設置されている。樺太庁には樺太庁議会が設置され、庁民による選挙を通じて樺太庁大将軍が選出されている。都道府県であるにも係わらず首長が知事ではなく「大将軍」と呼ばれるのは、この島が「日本が暴力と貪欲により略取した地域」である事を考えればなんら不自然なことはない。また、樺太庁には第二次世界大戦以前から強力な軍隊が配備されており、現在に至るまで大日本帝国陸軍基地の実に75パーセントが樺太庁に置かれている。

庁民は当然日本人であるが、その多くは肌が白く、青い目をしている。目が青い事から庁民の多くがブルーヘクサであると見られており、このため樺太は大日本帝国陸軍が学兵を徴用する主要な地域の一つとなっている。

島の形はアングルド・デッキを持つ空母に酷似しているが、この事からも解るように、実は大日本帝国海軍の秘密兵器である。この事実は日本国家の最高機密であったが、1983年に時の総理大臣がうっかりバラしてしまい、「不沈空母発言」として大変な問題になった。なお、北樺太とも呼ばれるソヴィエツキー・サハリンは樺太の同型艦である。

この大逆転超秘密兵器に目を付けた中国ソ連ロシアは、樺太を奪うために「元史」や「千島樺太交換条約」や「カイロ宣言」や「ヤルタ密約」とにかくそんな物を連発して頑張っている。しかし「南極文書625」によれば、日本固有の領土であり、神代の昔からずっと日本の領土で過去現在未来絶対に中国やソ連やロシアの領土になったことなどない土地であると明記されている。この事は樺太がロシアや中国から遙か遠く離れた南極圏にまで移動する島である事を考えればなんら不自然なことはない。
地理

樺太で最も重要な都市は新樺太市である。この都市は樺太のほぼ中央に位置し、落石豊原をも凌ぐ人口を擁する樺太最大の都市である。

周囲の地盤は脆弱なツンドラであり、一見巨大都市の建設は不可能であると考えられるが、都市の本体はジオフロントと呼ばれる地下に広がる巨大な空間に存在しているのであり巨大な建造物の存在する事はなんら不自然なことはない。飛行甲板のド真中に位置している事から、建設計画の発表当初は航空機の離発着の邪魔になると軍部より懸念が表明されたが、この都市が地上部に何らの施設を持たないため、この問題は解決された。

この都市は対ソ連最終決戦都市として建設された軍事都市であり、コードネームニンゲンと呼称される巨大人型兵器が大日本帝国戦略軍により密かに開発、配備されている。この事実は一見奇妙な市の名称からも裏付けられる。しかしながらこの事実は最高機密であり、新樺太市長を初めとする市民によって周到に隠蔽されている。

右舷中央にある落石市(あれくさんどろふすく・さはりんすきー)には、樺太庁庁が置かれており、樺太の政治、経済、軍事の中心となっている。樺太庁庁は当初大泊市に、次いで豊原市に置かれていたが、樺太がアングルド・デッキに改造された際、落石市にブリッジがあった方が空母らしいと言う理由から移転された。なお、「大泊」は「こるさこふ」、「豊原」は「ゆじのさはりんすく」と読む。

この他にも樺太庁には、敷香市(ぽろないすく)、真岡町(ほるむすく)、恵須取市(うぐれごるすく)など(もちろん、泊居〔とまり〕、奥端〔おは〕など例外も少なからずあるものの)、日本でも屈指の難読地名が集中しているが、これは庁内で極めて特殊な方言が日常的に使用されている事実を考慮すればなんら不自然なことはない。

能登萌町平成の大合併によって成立した新しい町である。知名度が低く、一般には北海道東部の町と誤解されており、住民でさえそう信じ込んでいる。

艦尾の最先端を岡本岬と呼ぶ。この地名は初代大将軍である岡本監輔の名から取られている。
歴史

古く樺太が南氷洋を航海していた頃は南蝦夷、北極海では北蝦夷と、名称が不定であった。さらに、東蝦夷・西蝦夷が北海道と改められた際には太平洋を北上している途中であり、ちょうど三陸沖を航海していたため、名称が定まらなかった。北得撫海峡を横切り、オホーツク海に戻り、ほぼ現在の位置に繋留された際、同時に「樺太」と改名された。

何故「北北海道」とされなかったのかといえば、漢字表記に引きずられ『きたきた・かいどう』と誤読される事を防ぐためと、再度出港した場合に混乱を避けるためであったという。当時の政府がこのような決定を行った事はなんら不自然なことはない。しかし、初代樺太庁大将軍の岡本監輔は政府によるこの決定を嫌い、生涯「北北海道」と呼び続けたと言う。
最近の出来事

ソ連崩壊の際に、北樺太(CVソヴィエツキー・サハリン)の鹵獲と東部ロシアの地下資源を全部頂く予定で、ロシア人がトラバントでノロノロと西側に物見遊山に行っている間を突いて、樺太はついに起動された。しかしOSが立ち上がっても数分で電源が落ちるという自体に見舞われ、北樺太は鹵獲できたがユーラシア大陸に接岸することができなかった。政府見解では「中国の糞コンデンサのせい」との事であったが、これは大泊のボタン電池が切れていたため
マザーボードが不安定になってしまったためと判明し見解は修正「不凍液が不足していた」とされた。1999年7月にプーチンの圧力で北樺太はロシアに返還された。(日本側解釈では不定期租借とされる)


樺太起動以後、樺太は浮島となり毎年流氷に押されて一年間に約1200メートルづつ南下を続けている。このため北緯50度線以南に含まれる面積は増加している。


2007年参議院選挙の出口調査で民主党優勢の速報が出るや否や、釜山で日本のテレビを見ていた韓国大統領盧武鉉は「最近では樺太は韓国固有の領土である」と主張しはじめた。 盧武鉉氏の頭の中の韓国地図

交通

樺太庁の交通機関は、JR樺太と呼ばれる鉄道が唯一のものである。この鉄道は本土と稚泊海峡トンネルによって結ばれているが、刻々とその位置を変える樺太にとって、これは本土との唯一の交通手段である。この海底トンネルは日本の最先端技術で建設されており、有名な「どこでもドア」はこれを応用した物である。日本政府はこのトンネルを世界最長の海底トンネルであるとして、ギネスブックに乗せる事を要求しているが、このような動きに対しアジア各国に日本の右傾化を懸念する声が広がっている。

JR樺太はその全路線がリニア新幹線である。これらは強制連行された朝鮮民族の奴隷的労働によって建設されており、枕木の代わりに朝鮮民族の体が使用されている。このため列車に差別意識満々のネットウヨが乗り込むと、朝鮮民族に対する反発によって車体自体が浮上する。これはJR樺太独自の地球に優しいシステムである。しかしJR樺太に嫌韓流ブームは起きておらず、「ロシア人を枕木にした方が良い、いやむしろ日本人を枕木にした方が効率的ではないか」との声も囁かれている。

一時は第二日本鉄道の乗り入れが計画されたが、この計画は樺太での鉄道事業独占を意図するJR樺太によって阻止された。ちなみに現在、超特急SHEは樺太ではなく、日本海を横断する小樽-ナホトカトンネル(通称「小ナホトンネル」)を経由して運行されている。

本土と樺太を結ぶ交通手段としては、稚内とを結ぶ航路があるが、ほとんど利用されていない。何故なら樺太の位置が変化するため所要時間が予想不可能であり、さらに外洋に出た途端に国籍不明の潜水艦による攻撃を受けると言う極めて危険な航路だからである。樺太庁ではこのような危険な航路の使用は禁止するように命令しており、これらの航路を「命令航路」と呼んでいる。
言語

多くの庁民は流暢なロシア語にそっくりな方言を話す。このような著しい言語の変化は、樺太の寒冷な気候が原因である。この事実は、ロシア語が現在の見られる形態となったのは寒さのためであるとする言語学上の定説の極めて有力な根拠となっている。また、稚内や根室、釧路の中にロシア語を話せる人が多くいることを考えれば、なんら不自然なことはない。

しかし、樺太方言を日本語の一言語ではなく、日本語族ロシア語派に属する独立の言語とし、日本人とは別個の樺太民族の存在を唱える研究者も存在する。このような説は、主に樺太独立論を掲げる運動家や団体によって支持されている。
文化
信仰

新樺太市の建設中、ジオフロントの天井裏から墜ちてきた箱より発見された古文書「反日本書紀--大逆転!!新樺太要塞」には、以下のような神話が記されている。

古代、T34(T72という解釈もある)にタンクデサントした8人の露助が攻めて来た際、八つの甕(樺太の大和民族を含む八つの部族の象徴とされる)に木精(現代で言うメタノール/メチルアルコール)を溜めて飲ませ失明させ、その隙を突いて竹槍で突付いたという。このとき露助の尻尾から、PPSH41、AK47、RPG7が出てきた。これは後に三種の神器となった。

8月になるとロシアが攻めてくるという都市伝説が広く流布しており、一部の住民はすでにロシアに占領されていると信じている。
観光
特産物

ツンドラ饅頭 

白樺製の竹槍

最後に

最後に行っておくが樺太は北方領土同様、日本が昔から持つ固有の領土である。ロシアは政治権を委託されているだけにすぎない。
現在日本はロシアに政治権の返還を求めて今日も交渉を続けている。といってもねぇ・・・。
関連項目

サハリン州


北方地域(北方領土

鈴木宗男(新党大地)

佐藤優 (外務省
  1005b ・ ⇒・ ⇒ 日本都市

北海道 : 札幌市 | 江別市 | 千歳市 | 北広島市 | 小樽市 | 函館市 | 室蘭市 | 苫小牧市 | 登別市 | 夕張市 | 岩見沢市 | 美唄市 | 三笠市 | 滝川市 | 歌志内市 | 富良野市 | 旭川市 | 留萌市 | 稚内市 | 紋別市 | 北見市 | 網走市 | 帯広市 | 釧路市 | 根室市 | 八雲町 | 長万部町 | 枝幸町 | 雄武町 | 斜里町 | 神恵内村
青森県 : 青森市 | 弘前市 | 八戸市 | 黒石市 | 五所川原市 | 三沢市 | むつ市 | おいらせ町 | 新郷村 | 六ヶ所村
岩手県 : 盛岡市 | 釜石市 | 宮古市 | 花巻市 | 奥州市 | 北上市 | 平泉町 | 滝沢村| 気仙沼市
宮城県 : 仙台市 | 石巻市 | 気仙沼市 | 白石市 | 名取市 | 角田市 | 登米市 | 大崎市 | 角田市| 美里町 | 南三陸町
秋田県 : 秋田市 | 能代市 | 横手市 | 北秋田市
山形県 : 山形市 | 米沢市 | 三川町
福島県 : 福島市 | 会津若松市 | 郡山市 | いわき市 | 白河市 | 喜多方市 | 相馬市 | 本宮市 | 棚倉町 | 矢祭町 | 浪江町
茨城県 : 水戸市 | 日立市 | 土浦市 | 古河市 | 石岡市 | 龍ケ崎市 | 取手市 | 牛久市 | 鹿嶋市 | 守谷市 | かすみがうら市 | つくばみらい市 | 東海村
栃木県 : 宇都宮市 | 足利市 | 岩舟町 | 栃木市 | 佐野市 | 鹿沼市 | 日光市 | 下野市 | さくら市 | 小山市 | 真岡市 | 大田原市 | 西那須野市
群馬県 : 前橋市 | 高崎市 | 桐生市 | 伊勢崎市 | 太田市 | 沼田市 | 館林市 | 渋川市 | 富岡市 | 安中市 | 中之条町 | 草津町
埼玉県 : さいたま市 | 川越市 | 熊谷市 | 川口市 | 行田市 | 所沢市 | 飯能市 | 東松山市 | 春日部市 | 狭山市 | 草加市 | 越谷市 | 蕨市 | 入間市 | 和光市 | 新座市 | 朝霞市 | 深谷市 | 坂戸市 | 羽生市 | 久喜市 | 富士見市 | 鶴ヶ島市 | 日高市 | 三郷市 | 幸手市 | ふじみ野市 | 三芳町 | 毛呂山町 | 鳩山町 | 滑川町 | 川島町
千葉県 : 千葉市中央区 | 花見川区 | 稲毛区 | 美浜区) | 銚子市 | 市川市 | 船橋市 | 館山市 | 木更津市 | 松戸市 | 野田市 | 茂原市 | 成田市 | 佐倉市 | 東金市 | 津田沼市 | 柏市 | 市原市 | 八千代市 | 我孫子市 | 浦安市 | 匝瑳市 | 勝浦市 | 流山市 | 香取市 | 四街道市
東京都特別区 : (江戸) | 千代田区 | 新宿区 | 文京区 | 台東区 | 墨田区 | 目黒区 | 大田区 | 世田谷区 | 渋谷区 | 中野区 | 杉並区 | 豊島区 | 荒川区 | 板橋区 | 練馬区 | 足立区 | 葛飾区
東京都 : 八王子市 | 府中市 | 武蔵野市 | 三鷹市 | 小金井市 | 東村山市 | 国立市 | 国分寺市 | 調布市 | 狛江市 | 稲城市 | 多摩市 | 羽村市 | 西東京市 | 小平市 | 小笠原村
神奈川県 : 横浜市中区) | 川崎市幸区 | 多摩区 | 麻生区 ) | 横須賀市 | 平塚市 | 鎌倉市 | 藤沢市 | 小田原市 | 茅ヶ崎市 | 逗子市 | 相模原市相模湖町) | 町田市 | 三浦市 | 厚木市 | 伊勢原市 | 海老名市 | 大船市 | 葉山町 | 箱根町 | 真鶴町 | 湯河原町 | 愛川町
新潟県 : 新潟市 | 長岡市 | 上杉市高田市) | 三条市 | 柏崎市 | 新発田市 | 小千谷市 | 加茂市 | 十日町市 | 村上市 | 燕市 | 糸魚川市 | 妙高市 | 胎内市 | 刈羽村 | (佐渡島
富山県 : 富山市 | 高岡市 | 魚津市 | 滑川市 | 黒部市 | 砺波市 | 氷見市 | 小矢部市 | 舟橋村
石川県 : 金沢市 | 七尾市 | 小松市 | 羽咋市 | かほく市 | 白山市 | 能美市 | 野々市市 | 内灘町 | 中能登町 | 津幡町
福井県 : 福井市 | 敦賀市 | 小浜市 | 大野市 | 鯖江市 | 美浜町
山梨県 : 甲府市 | 富士吉田市 | 大月市 | 南アルプス市 | 北杜市
長野県 : 長野市 | 松本市 | 上田市 | 岡谷市 | 飯田市 | 諏訪市 | 小諸市 | 大町市 | 茅野市 | 東御市 | 伊那市 | 軽井沢町 | 松代町 | 飯綱町 | 栄村 | 白馬村
岐阜県 : 岐阜市 | 大垣市 | 高山市 | 関市 | 各務原市 | 瑞穂市 | 飛騨市 | 本巣市 | 下呂市 | 郡上市 | 雛見沢村
静岡県 : 静岡市葵区 | 駿河区 | 清水区 | 清水市) | 浜松市 | 沼津市 | 熱海市 | 三島市 | 富士宮市 | 島田市 | 富士市 | 焼津市 | 掛川市 | 藤枝市 | 裾野市 | 伊豆市 | 長泉町 | 磐田市 | 袋井市 | 御殿場市|伊東市
愛知県 : 名古屋市中川区) | 豊橋市 | 岡崎市 | 138市 | 瀬戸市 | 豊川市 | 刈谷市 | 豊田市 | 犬山市 | 蒲郡市 | 岩倉市 | 清須市春日町) | 北名古屋市 | みよし市
三重県 : 津市 | 四日市市 | 伊勢市 | 松阪市 | 鈴鹿市 | 尾鷲市 | 志摩市 | 伊賀市 | 亀山市
滋賀県 : 大津市 | 彦根市 | 長浜市 | 近江八幡市 | 甲賀市 | 米原市 | (琵琶湖
京都府 : 京都市 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 長岡京市 | 木津川市
奈良県 : 奈良市 | 大和高田市 | 大和郡山市 | 天理市 | 橿原市 | 生駒市 | 平群町 | 王寺町
和歌山県 : 和歌山市 | 新宮市 | 海南市 | 田辺市 | 御坊市 | 那智勝浦町 | 北山村
大阪府 : 大阪市 | 堺市 | 岸和田市 | 豊中市 | 池田市 | 吹田市 | 高槻市 | 枚方市 | 茨木市 | 箕面市 | 摂津市 | 豊能町 | 島本町
兵庫県 : 神戸市 | 姫路市 | 尼崎市 | 明石市 | 西宮市 | 芦屋市 | 伊丹市 | 豊岡市 | 赤穂市 | 西脇市 | 宝塚市 | 高砂市 | 川西市 | 三田市 | 宍粟市 | (淡路島
鳥取県 : 鳥取市 | 米子市 | 倉吉市 | 境港市 | 南部町 | 日吉津村
島根県 : 松江市 | 浜田市 | 出雲市 | 山陰市
岡山県 : 岡山市大都会岡山)| 倉敷市 | 津山市 | 瀬戸内市 | 浅口市 | 高梁市笠岡市
広島県 : 広島市 | 尾道市 | 呉市 | 福山市 | 廿日市市 | (初音島
山口県 : 山口市 | 下関市 | 宇部市 | 長門市 | (中関) | 上関町
徳島県 : 徳島市 | 鳴門市
香川県 : 高松市 | 丸亀市 | 満弦ヶ崎市 | 宇多津町 | 小豆島町
愛媛県 : 松山市 | 今治市 | 宇和島市 | 八幡浜市 | 新居浜市 | 四国中央市
高知県 : 高知市 | 中村市
福岡県 : 福岡市早良区)| 北九州市門司区 | 八幡西区 | 八幡東区)| 大牟田市 | 久留米市 | 直方市 | 飯塚市 | 芦屋町 | 宇美町 | 篠栗町 | 久山町
佐賀県 : 佐賀市 | 唐津市 | 鳥栖市 | 有田町
長崎県 : 長崎市 | 佐世保市 | 島原市 | 大村市 | 雲仙市
熊本県 : 熊本市 | 八代市 | 玉名市 | 上天草市 | 宇城市 | 天草市
大分県 : 大分市 | 別府市 | 日田市| 佐伯市
宮崎県 : 宮崎市 | 都城市 | 延岡市
鹿児島県 : 鹿児島市 | 薩摩川内市 | 鹿屋市 | 阿久根市 | 霧島市 | 南九州市 | 十島村
沖縄県 : 那覇市 | コザ市 | 宜野湾市 | 浦添市 | 名護市 | 豊見城市


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:49 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE