横浜DeNAベイスターズの選手一覧
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…外野手[編集]筒香嘉智(25)
久々の超大型高卒新人。シーズン中にも関わらず、深夜の1時過ぎに寮の屋上に行って素振りをするというイチローぶりの精神の持ち主でもある。それを知った鈴木尚典前コーチも寮長に室内練習場を24時間開放して欲しいと頼み込んだそうだ。熱心な鈴木尚は試合の後、他の選手の指導などで助言できない時は携帯メールを使って、褒めたり、修正点を指摘。高卒新人はみるみる変わっていった。他の選手も筒香の野球に対する姿勢は習った方が良い。本当に。教育係はアホなフロントのせいでクビを切られてしまったが、2011年からもさらに覚醒できるかが課題。横浜横浜じゃなくなると騒がれた途端、どこからともなく湧いてきた観客で埋め尽くされた2010年最終戦でしっかりプロ初ホームランを打つあたり、やっぱりただものじゃない。2011年は5月に右肘靭帯を痛めた所為で、8月の終わりにやっと昇格。それでも8本塁打を記録するなど、大器の片鱗を再度見せる。しかし2011年10月18日の中日戦で5打数5三振という記録を出し、中日の優勝に貢献した。まあ、来年があるさ。2012年はキャンプで自軍の投手にデッドボールを受けて長期離脱。結局、こいつもスペかよ。復帰後は何故かライトにコンバートされたりもしながら、2打席連続ホームラン、サヨナラタイムリー、2試合連続ホームランなど印象的な場面での活躍はあるものの、相変わらず三振祭り。まぁ古木よりはマシか。2013年ノリさんに勝てずほぼ2軍ぐらし。監督も大激怒。お前はいつになったら覚醒するんだ。と思ったら2014年に突如覚醒。横浜どころか日本代表のクリーンアップを張ることにもなった。
乙坂智(33)
この名前で珍名枠?と思わせておいて本名は乙坂・ルーセロ・ 智・ニコラス。父親はアメリカ人。ちなみに明治大学のセレクションを受けたが、落選している。
主な花火職人
野村弘樹

今はピッチングコーチをしている。現役時代は打撃も得意な左腕エースであり、彼の薫陶を受け完成したのが吉見である。
斎藤隆
横浜だけでは飽きたらずにメジャーに進出。あっちのマウンドの方があってるのかMAX159km/hマークして大活躍中。
川村丈夫
90年代後半は先発、故障から復帰後は中継ぎに。クルーンの負傷時は守護神を務めたが、3人のランナーを出しながらその後3者連続三振で試合終了、無失点でセーブをつけるという大劇場を成し遂げ、UZGS(アルティメット残塁グランドスラム)として語り継がれている。神奈川県の厚木高校から一般入試で立教大学に進学した秀才だが、慶應義塾大学検閲により削除ことに触れるのはかわいそうだからやめよう。
土肥義弘
戦力外通告を受けた。そして地元の球団に拾われた。巨人キラーである。
吉見祐治
通称飛ぶピッチャー。若手の野手より遥かにバントが上手く、打席に立つと相手の投手コーチが出てくる程。内角154km/hの直球を流し打ってタイムリーヒットにする技術をどうか野手に伝えてやって下さい。年に1?2日程度、投げれば神がかり的なピッチング、打席に立てば自分でタイムリーを打つ「吉見デー」があるのだが、いつ来るか分からないので2010年5月に駄菓子屋さんへ金銭トレードで移籍。DH制なのにどうするの?と思っていたら見事に交流戦で抑えられてしまい、8月には完封も記録。けっこう活躍しているが防御率を見る限りやはり吉見である。かつては新人王候補だった。うんこ。
伝説の大洋OB
平松政次

宝刀、カミソリシュートの持ち主。怪我が多かったため、ガラスのエースと呼ばれていたが、プロ通算200勝を挙げる正統派エース。ちなみにアマ時代から優勝を経験し続けたエリートでありながら“200勝到達者で唯一、リーグ優勝経験の無い”人物。要するに暗黒時代を1人で背負ったお方である。言い換えれば、優勝常連チームなら300勝も狙えただろう? 12a3 ?という秀逸な方。
遠藤一彦
80年代の大洋を代表するエース。落差のある高速フォークを武器にし、女房役の若菜と共にクロマティをおちょくりつつ弱小大洋を支えた。花火職人の師匠でもある。アキレス腱と大学の後輩が弱点。1984年に17勝し、2年連続の最多勝と奪三振王を獲得する……が、なんと勝ち星と同じ数負けてしまい最多敗を記録。最多勝投手にも関わらず勝率5割という珍記録を作る。おまけに被本塁打王も獲得した。優勝常連チームなら300(ry
田代富雄
大洋が誇った国産長距離ヒッター。元田代ラーメン所属。得意技は現役時代の豪快なスイングを活かした高速湯切り。2009年シーズン途中で、大矢明彦に代わり、横浜大洋の指揮を執る。横浜星覇会は彼を称え、当時の応援歌を随所に流すも、平成生まれの現代っ子は歌えず。そこで得意の手製の歌詞カードを掲げ、ファンの士気を高めていた。エラ。現役時代はパーマをあてており林家ペーっぽかった。
カルロス・ポンセ
マリオ。顔もマリオ、飛び方もマリオ。ヒットを打たなかった日は「はピザしか出してくれなかった」とのこと。ちなみに、「猛打賞で帰ってくると凄いご馳走だった」とのこと。
銚子利夫
高校時代は「市立銚子高校の4番ピッチャーの銚子くん」というマンガみたいなシチュエーションで甲子園に出場。1988年、この年定着した三塁の好守備(わずか3失策)も光ってゴールデングラブ賞受賞は間違いないと言われていた。しかし同賞のセ・リーグ三塁手部門は守備力においては銚子よりも劣ると思われた巨人原辰徳(126試合出場、10失策。但し、打撃成績は銚子より遥かに優秀であった)に奪われてしまった可哀想な人。2008年にどうしようもない選手ばかりを集めてしまったために、フロントをクビにされてしまう。
斎藤明夫
現役時代は右腕投手として初の100勝100セーブを達成。その実績を買われ投手コーチに就任し、幅広い分野の投手の? 114a ??成を期待されたが…。むしろ本人が投げたほうがよかったのでは?デニー友利曰く、「もう、何でこんなに殴られないといけないのっていわれるくらい殴られた。本当に怖かった」とのこと。僕はね、見た目は893のように見えるんですがね、本性はかなり優しいんですよ。ただ怒ったらちょっとだけ怖いだけなんです。
山下大輔
上の人とは対照的な人。大洋に入団した猪狩守。当時は頭髪もあり、そのハンサムな顔立ちで人気を博した。野球界を影から照らす太陽である。デニー友利曰く、「もう、何でこんなに投げなければいけないのっていわれるくらい投げさせられた。本当に怖かった」とのこと。
盛田幸妃
彼無しにカムバック賞は語れない。トレードで放出した直後に病に倒れ、代わりに入団した中根仁が活躍したため横浜ファンを複雑な心境にさせたが、病を克服、復活して近鉄の12年振りのリーグ優勝に貢献。現役時代はチームを救援するストッパーだったが、入団前に漁師の父の船が海で遭難し、後のチームの親会社に救援されたことがある。事実は小説より奇なり。2015年10月16日に45歳で永眠。
三浦大輔
移動風景無援護や味方のエラーにも文句を言わず黙々と投げる我らがばんてふ。最後の大洋戦士。もっと守備がまともで援護のある球団(巨人とか)なら200勝も可能だったであろうに、このチームに居続けたがために2016年でプロ25年目にして引退した時点で172勝である。特に“2005年8月23日を最後に対巨人戦で勝ち星なし”なんて、トコトン呪われている。それでもベイスターズファンにとって未来永劫、記憶に残るピッチャーには違いない。ちなみにトレードマークのリーゼントを先発日の朝に5分でセットするとか。2010年、新監督を戴いて東京ドームへ乗り込んだオープン戦。相手チームが“新監督就任パーティ”を催してくれた為、真っ先に“花火職人”として盛り上げ役を務めた。その結果 6f12 、毎回の4イニングで8つの花火を打ち上げる大盤振る舞い(14失点)。さすがに「やりすぎ」との御叱りを頂いて、開幕を2軍で迎えた。←ただしコレは自身の開幕登板8連敗を未然に防ぐ、頭脳的投球の賜物である。くれぐれも御間違えの無いように。ところが復活後の5月21日、8回1失点5被安打4奪三振でダルビッシュ有に投げ勝つという横浜らしからぬ行為を行った。そこ!ハムの貧打のせいだろとか言わない!しかしその後は不調にあえぎ続ける。2011年シーズン後半で遂に復活、ムエンゴの中力投を続けるハマのばんてふここにありを見事に示した。なお勝ち星は(ry2012年はシーズン前半こそは帳尻といえる援護で、勝ち星を量産。しかし、チーム全体の勝ち星がレイオフされ、9勝目を手にした途端、ムエンゴの貧乏神が彼に取り憑き、とうとう二桁を逃してしまった。おお、ばんてふ…。引退1年目の2017年には、解説者を務めたが、DeNA戦の解説をした試合でのDeNAはシーズン通算で2勝8敗2分であり、現役時代さながらの凄まじい負け運を発揮した。
スーパーカートリオ日本プロ野球界におけるベース盗難事件を参照。彼らは有名な窃盗団一味である。
高木豊
「スーパーカートリオ」1号車。目先のわずかな上積みを求めて契約更改でゴネにゴネたためフロントに煙たがれ、翌年レギュラーだったのにクビになったエピソードは「出る杭は打たれる」や「急がば回れ」や「安物買いの銭失い」などのの良い例である。そのことがトラウマになったのか、3人の息子には野球ではなくサッカーをやらせている。父譲りなのかみな俊足でその世界では期待の星であり、自身も現在はすっかりサッカー贔屓に。そもそも、解雇された理由として他に駒田獲得の資金捻出などの事情があるが、特筆すべきは石井琢朗との世代交代を促すためという理由であろう。こうして進藤と一緒にサード・ショートのレギュラーに定着した石井であったが、後に石川が一軍に定着した際に同じような理由で石井が戦力外になるなど、どうやら歴史は繰り返すようである。石川も気をつけろ!というかまずこの二人のレベルの選手になることをファンは期待している。ハゲかけてきた際、CMで堂々と公言して隠すという大胆な対策を取った。なお、その後育毛剤にドーピングの成分が入っていたばっかりに試合出場20日間の出場停止処分、制裁金750万円を科された選手が出てきたため、やはりプロ野球選手でハゲを隠したいならカツラである。そんな高木の息子の三兄弟たちはサッカーの道へ。長男は清水エスパルス、二男は東京ヴェルディ、三男はヴェルディジュニアユースでプレーしており、「高木三兄弟」として注目されている。そのこともあって、「サッカー通の野球解説者」として、野球解説だけでなくサッカー解説を担当することもある。スーパーカートリオは健在である。見事に自慢の脚力は息子たちへ受け継がれた。
加藤博一
「スーパーカートリオ」2号車。福岡(現埼玉)の鉄道会社兵庫の鉄道会社に在籍していたが、よく考えたら鉄道会社にスーパーカーは場違いなので移籍してきた。スーパーカーなのになぜか応援歌は行進曲だった。芸人のようなキャラクターを活かしてオフや引退後にバラエティーでお茶の間の人気者になろうとするあたり、実はスーパーカーというよりファミリーワゴンあたりに近かったのでは?という仮説が立てられている。そんなスーパーカー?も2008年に生産終了。合掌。
屋鋪要
「スーパーカートリオ」3号車。大洋時代は3年連続盗塁王などの記録に残る活躍を見せるもチームは上位争いとは無縁だったが、駒田ショックで金持ちウサギに移籍したあとは出場機会こそ大幅に減ったがチームは優勝、日本シリーズでは守備固めでファインプレーを見せるなど記憶に残る活躍をした。どっちが幸せだったんだろう?引退後は「巨人OB」の肩書きを名乗ることが多いあたりから横浜時代はなかったことになっているようだ。身なりに厳しい球団に移籍してからも特例で許可されたヒゲがトレードマーク。
ベイスターズOB
相川亮二

FA権を行使して外国へ行こうとしたが、打率.255ではどこからも誘われず、仕方なく神宮の球団に移籍。成績は満足いくレベルで安定しているが、「相川がいたおかげで」という目立つべき活躍より「相川のせいで」というたまのやらかしのほうが目立っちゃうところは移籍後も変わらないようだ。移籍以降、横浜戦では相手ピッチャー(の打ちやすさ)を知り尽くしているためよく打つが、横浜ベンチも相川のリード(の傾向の分かりやすさ)を知り尽くしているので実質イーブンであるという説もある。
荒波翔
2010年度ドラフト3巡目で導入したトヨタ製最速自動車。不調かつ、松本や下園という俊足左打の外野手がいるにもかかわらず、3巡目と言う高評価でのの指名には全スカウトが首をかしげた。下園は俊足じゃないが。地元枠ということらしいが…どういう意図で指名したのかはわかりません。全最速をモットーとしているため、調子の上がり下がりが激しく、故障もしやすい。ぶっちゃけ、インローに落ちる球を投げておけば、バットに当たらない。他社が導入した同企業の優良自動車よりも1秒くらい差をつけられるほど速い。阪神金本の引退試合で9回2アウトの場面でレフトフライを打ち、金本が捕球して試合終了。矢野の引退試合を台無しにした男とは対照的な空気読みスキルを発揮した。
稲田直人
北の国から脱北。本格的に見えない人に……。2011年は代打でそこそこの成績も「地味なベテランはイラネ」と捨てられ、楽天に拾われる。あれ?もっと地味な人いなかったっけ?
内川聖一
内川選手の肖像画。打つアゴ。佐伯にコールドスプレーを顎にかけられ打撃開眼したとか。2008年首位打者となったが、その時の打率.378は右打者史上最高である。入団時はショートだったが、セカンドを経てファーストで打撃開眼。WBCでは好プレーを見せたが、お陰でレフトに固定されてしまった。その後2010年はライトを守ったりと、スタメン定着後も全くポジションが固定される気配がない。実は故障が多い。愛子様のお気に入り、5年15億とのことだったが村田と大喧嘩ぶちかましてついにFA宣言。球団の恥ずかしい話を披露し、自ら代理人となって突き進み、そしてハゲ鷹となっちゃいました。…こうしてまた横浜は主力選手を逃がしてしまった。これでほぼ最下位が約束された形となった。まぁ、いたところで結果はかわらないけどさ。2011年交流戦、目下首位独走中のソフトバンクのこれまた12球団首位打者として古巣に立ちふさがる。6月18日からの横浜スタジアムでのソフトバンク2連戦では、オーナー自ら「内川を痛めつけてやる」と発言。さらにスタンドのファンからも猛然としたブーイングを浴びせかけるが18日は4-2、19日は本塁打1本を含む5-3の大活躍。一方のベイスターズは…ホークス入団後の各種インタビューで、おそらく聞かれてもいないのに「前の球団では…」と枕詞のように古巣にも触れてくれる優しさでなんJでは大人気である。
江尻慎太郎
北の国から脱北。宮城県トップクラスの進学校を卒業後、2浪ながら一般入試で早稲田大学に合格するなどなかなか頭がいい。獲得に際しては、直前のオフで横浜が東京大学を含む国立大卒の3選手を放出していたため、「勉強が得意」要員の補強では?と囁かれた。勝ってる試合では抑えるが、ビハインドだと炎上する癖がある。2011年594男。2012年オフ、鷹球団に放出。
大家友和
メジャーリーグから帰ってきた。だが、メジャーに行く前はあまり目立った活躍は無かった。2010年は東京ヤクルトスワローズとの3連戦で、そのうち2試合に先発登板するなどメジャー時代で培ったスタミナは存分に発揮しているが試合内容はお察し下さい。しかし、なんだかんだ7勝を挙げたため、投壊状態のチームでよくやっている。しかし翌年に大爆発。0勝6敗のフルボッコに遭遇し戦力外。その後はまさかのナックルボーラーに転身してひっそりと活躍している様子。
大西宏明
古木克明とのトレードでやってきた人。2008年は絶好調だったがそれ以降は絶不調、そして2010年クビ。ブログでの能天気さはある意味才能。これまたハゲ鷹に3桁選手として拾われた。がんばれ。
大沼幸二
春は大沼。やうやう埋まりゆく塁上少しあかりて、 紫だちたる髭の細くたなびきたる。弥太郎とのトレードで2010年オフ加入。西武の炎上系1軍半中継ぎ投手(通称『俺達』)の初代総帥にして名誉総帥。結構速い球とそこそこのコントロールで二軍では神の如く(というか神)好投するが、一軍にあがると痛打され大炎上し試合を壊す。なかなかのチキンハートの持ち主である。前の投手の残したランナーはひとり残らず掃除してしまうほどのキレイ好き。2010年、大石の背番号を用意するため、10年背負った背番号15を譲り、自身は61に変更。2011年に向けて背水の陣を敷いたと思ったところを横浜へトレード。開幕こそ運よくスーパーアーム投法で抑えてきたが、評判通りの炎上で横須賀行き。2011年5月8日古巣の対埼玉西武戦に先発し、ブラウンに強襲安打を浴び、救急車で運ばれる。 しかし、ノリさんの守備練習で送球している相手が背番号13だったため、無事が確認される。その後見事復帰し予想通り二軍無双の後一軍でビハインド神ピッチ。炎上機会を狙っていたが、2012年途中に突如引退。この年の開幕前には不倫報道で私生活も炎上させるという離れ業をやってのけている。
大田阿斗里
スズメ科アトリ目の鳥人。珍名収集で契約した一人。ファンやフロントの期待は大きいが、勝敗や結果にこだわらない「あとり教育」で育った世代のせいか未だ勝ち星がない。ただし、二軍では毎年のように無双している。
長田秀一郎
名誉俺達( ̄⊥ ̄)慶応卒。松脂アレルギーでロージンが使えない。
小関竜也
ベース踏み忘れ名人。戦力外にされて引退。寿司屋が多すぎてメジャーに行けなかった経験がある。スカパーで解説やってたりする。
小山田保裕
2008年、岸本秀樹・木村昇吾との2対1トレードで広島から移籍。先発・リリーフ両方こなせるサイドハンドだが、移籍後はほぼ壊滅状態にあったリリーフで主に活躍を見せていた。
加賀繁
2009年に行われたドラフトによって加入した選手の中で唯一の開幕1軍を獲得したハマのゴエモン。最近では珍しいサイドスローの先発だが、あまり目立たない。彼が好投していても、野手たちは全くもって打つ気配が無い。2010年無援護王。規定回数に達し、防御率3点台ながらたった3勝という奇跡を起こす。援護率も歴代最悪の2.47で番長の後継者として期待されている。まっとうな球団だったら勝ち数と負け数がひっくり返って2桁勝利新人王も不可能ではなかったろうに。あまりの負け運の発揮気味にみんなが首をかがしげる先発も中継ぎもいけるので、投手不足な横浜としてはある意味救世主といえるのかもしれない。暗黒期もファンであり続けた奇特なファンからは先生の再来だとも言われている。2011シーズンも先発or中継ぎ状態で迎えた開幕戦、中継ぎに登板した加賀が8,9回を抑え、9裏で大逆転。ムエンゴを高崎に押し付けまさかの開幕戦白星を獲得する。しかし開幕白星の代償で酷使無双され、遂に故障。マシンガン継投の犠牲になったのだ……。
加賀美希昇
一巡目で消えると思われていたがはま☆すた枠で入団。最速153km/hとカーブやチェンジアップ等との緩急がウリ。しかし、体幹と握力の無さと新人恒例山登り競争で最下位など課題は山積みである。焦らずにやりたいとのこと。マイペース男。名前的に若干ムエンゴになりそうな気がする。
加藤康介
2009年、オリックスから戦力外をうけ、ダメ元でトライアウトで入団。ところがシーズン途中に昇格、ハマのオジサンもいない“空白地帯”で起用されると、いつしか貴重な左の中継ぎとして重宝される。他の中継ぎが酷すぎるからな……。しかし2010年は案の定防御率がグーンと上がってしまい戦力外通告を受けた。←ところが虎に拾われる。ワカランもんだ。←しかも2012年は大活躍。ホントにわからん。
加藤武治
ルーキーイヤーから中継ぎ・先発その他好き放題使われ続けて、疲弊。2007年は奮戦したものの、故障で2008年を棒に振ってしまった。2009年オフに公の自称人気者などとトレード。いわゆる「勉強が得意」要員の一人。批判家・みずしな孝之と同じ国立大学出身で教員免許を持つ。
ホセ・カスティーヨ
もともとは強肩を生かした二塁守備に定評があって獲得。フタを開けたら打撃もよい。なにせ“中堅方向の深い打球に対しノーステップ反転スローで1塁ノーバウンド”という怪物守備を披露することもあり、観る者を愉しませた。だが、よくよく観ると巨体を持て余し、フットワークを使わない守備は要所で爆死。上手・下手を論ずる前に“横着な守備”なのである。新潟でのウサギ戦では、初回無死1塁で正面2ゴロ併殺? 361b ?成の好機なのに、両足に根を生やし、上体をねじっただけで2塁送球、大暴投。おかげでウサギは、初回に坂本からウナギ犬までの打者5人を送り込んだだけで5-0の完勝モード全開。初回から1死も奪えぬところで終戦という戦犯ぶりを見せた。また強打の効く打撃も得点圏で打率低下。ゆえに解雇。しかし、怪我人続出のに拾われる。練習態度の怠慢さはある意味才能、という事もあってか結局あっちでも1年限りで解雇された模様。その後メキシコで細々と選手生活を続けていたようだが、2018年窃盗団による置き石が原因で交通事故死との報道が。合掌。
門倉健
投げるアゴ。ノーコンを逆手に取った荒れ球とアゴの長さくらいの大きな落差を誇るフォークで番長と並んで最多奪三振を獲得したこともある。「10勝10敗のピッチャーはいらない」で放出されたことで知られるが、10勝してFA権持ちとはいえ前年より成績が軒並み落ちてるのに年棒アップ要求してフロントを怒らせた門倉も門倉である。そして気持いいくらいのケンカ別れで巨人にFA移籍し、野球少年に「(入団するなら)横浜はやめとけ」と吹いていたら移籍1年目の成績が軒並み自分の補償選手の工藤に負けるという憂き目に遭うことに。そして翌年解雇され、韓国球界入りするとそこで復活しブレーク。波乱万丈の野球人生を歩んでいる。
神内靖
修羅の国の二代目ベンチクラッシャー。もはや球団の伝統なのか?球団事務所すらも破壊しかねなかったためにハマへ島流しされてきた。同じ左腕で前例があっただけに一応そこそこ期待されてはいたが、セ・リーグではベンチ破壊すらも満足にできず戦力外。奇しくも同じくベンチの空気を悪くする黒い人とちょうど同じ時期にクビになったので、やはり当時の監督直々の粛清を受けたのだろう。
北篤
2文字であることを見込まれやや珍名収集で契約。2008年秋期キャンプにて打者に転向。ピッチャー減らしてどうする。それでも2軍ではクリーンナップを務め見事3割達成。2011年は喜田剛が所属していたため、キター!とキダー!のWお立ち台が…実現しなかった。2012年オフ、土屋とのトレードで北へ行こうランララン♪入り。北だけに。
喜田剛
兵庫広島大阪と渡り歩いてきた男。パンチ力のある打撃には定評があるが守備は…お察し下さい。第二の古木克明になるのではないかと恐れられている。盥回しさん。
木塚敦志
2007年は奮戦したものの、故障で2008年を棒に振ってしまった。2009には復活し、火消し役としてフル稼働。ぶっちゃけ、この人なしだとベイスターズの中継ぎは壊滅します。但しもはや意図的ではないかというレベルでマスコミに気づかれないため、実際に試合を見ないと活躍度合が判らない。一方、試合で見ると極端な前傾姿勢でのサイン交換とマウンド脇をスパイクでガシガシ掘る動作で遠目でも実に分かりやすい投手であった。なお、ランドルフ初登板の日に救援登板しながら突然被弾、負け投手ランドルフ。なんて離れ業もやってのける愛嬌も見せた。2010年限りで引退、2軍投手コーチ就任が決定。10年間お疲れ様でした。石井琢朗・仁志・工藤・佐伯コースにならなくてファンは安心です。なお、引退試合は男気あふれる村田の所為で検閲により削除
金城龍彦
2000年に新人王と首位打者を獲得。内川が右打者史上最高打率保持者なら金城はスイッチヒッター史上最高打率保持者(.346)である。しかしながらその実態はある年は俊足攻守ながら打率1割台の打者、ある年は3割10本を打てる中距離打者と年ごとに選手としてのタイプが変わりすぎて正直よく分からない野生の男である。現在の役割は代打の切り札といったところだが正直よく分からない。全体的な傾向として、太ると守備や走塁の動きが重くなり(それでも強肩で横浜では数少ない守備の名手ではある)、痩せるとスイングに体重が乗らず打撃不振になるというめんどくさい体質の持ち主である。パワプロ10のサクセスに出てきた半田さんじゃないんだから…。2010年オフ、突如FA宣言。あの成績でどこに行くんだ?当然のごとく獲得オファーはなく結局残留。一年契約をしてしまったので2011年に頑張らなければいけない人。気が付けば生え抜き野手最年長になってしまい、代打で出てくると大歓声を浴びるようになった。ドラフト同期の上位組はことごとく現役どころか野球界からも退いている中、6位の小池と共にライトを争い続ける模様。
工藤公康
1軍に常駐していたかつての左投げのリリーフは、今やこの人と加藤康介だけになってしまった。というか先発じゃなかったのかアンタは。未だに140km/hを超える直球と大きく落ちるカーブは魅力だが、リリーフなのに連投出来ないってどういうことなの……。8月になって15秒ルールに初めて適用された不運な人でもある。2009年オフで退団し、16年ぶりに古巣埼玉西武ライオンズに戻る。監督より年上の選手って初めてじゃない?ちなみに工藤が在籍して優勝できなかった球団は横浜だけである。DeNA初代監督としても名前があがり、現役時代に果たせなかったっていうか未来永劫無理な優勝を指揮官として果たすか!などと騒がれたが、やっぱ無理だよぅと特徴的な唇をプルプル震わせながら泣いたためいつの間にか立ち消えた。
久保康友
KY。先発とリリーフのたらい回しだった関西のお笑い球団の起用に対する不満が爆発して2013年オフに脱出してきた。それでなくても元々ムエンゴ持ちなのに、後を投げるリリーフ陣が脆弱な球団で大丈夫だろうか…という周囲の心配をよそに、1年目の2014年から2桁勝利達成。
黒羽根利規
珍名収集で契約した一人。どんぐり捕手陣の中で屈指の強肩だが他は…。高校時代の野球部の監督は本業・ラジコン操縦、副業・クワガタ養殖、趣味・野球のおじさんの弟である。2011年なんだかんだで1軍キャンプスタート。2011/05/07現在、盗塁阻止率はリーグトップの.640。2位以下の選手の盗塁阻止率が3割以下ということからひょっとしたら、肩は武山以上に強いのかもしれない。2014年には鶴岡の移籍をきっかけに正捕手の座をつかむ。
桑原謙太朗
速球と変態的な曲がりのスライダーで三振を取り続けた若手ピッチャー。顔と投球のフィニッシュの動作が小島よしおとその持ちネタ「おっぱっぴー」っぽかった。関西行きその4。
桑原義行
2ちゃんねるの一部でちんこが臭そうな選手として一躍アイドルに。彼が試合に出場するだけでスレが立つ。東スポによるコーチからのいじめ報道の後、戦力外通告を受け引退。球団職員になった。イジメ報道の真偽は不明のまま。
小池正晃
名古屋から帰ってきたが、そこでの生活がきつかったためか、色々物足りないらしい。松原商店街からの人気は絶大である。2013年引退、コーチになります。
小杉陽太
カーブはなかなかのもの。割と細くすらっとしたイケメン。だったが、方針転換したのか2010年オフの自主トレ期 7ffa 間の数カ月で14s増量しがっちり体型に。太ももがパンパンになっている。顔までパンパンになった。それでもイケメンなのには変わりはない。
小林公太
あだ名はコバハム。またはハム太。ハム。2009年9月に横浜の入団テストを受験したところ、合格。巨人の入団テストにも合格している。支配下登録を目指すサイドスロー。ちなみに、横浜は山口鉄也に入団テストで不合格を出したのは有名な話。
小林寛
ロッテが2010年ドラフト4巡目指名予定だった強靭な下半身を持つ本格派右腕。読み方は「こばやしひろし」だが、阪神タイガースの小林宏と被るので、あだ名はコバカン。評論家からの評価は非常に高い。スロースターターぶりには定評がある。 ⇒ロッテの人がやられたーって顔をしている。
小林太志
あだ名はコバフト。:大学・社会人ドラフト1位で入団したピッチャーが地雷揃いの中、かなりマシな部類に入る。が、見た目とは裏腹に気性が荒く一人相撲で試合を壊すことも多い。鉄道会社出身でありながらやたらに遅延行為を繰り返す。また、捕手の出す停車駅を間違えるなど、コントロール出来ない電車。通称「ハマのエキスプレス」。ルーキーイヤーこそ先発として結果を残したものの、翌年以降は先発すると試合をぶち壊し、中継ぎに回されるとリードしてれば逆転されるなど手の付けようがないが、ビハインドでのリリーフや2軍戦では無双するという名誉総帥の沼者も認めるほどの俺達らしさをアピールするあたり、西武への移籍を求めているのかもしれない。なんて言ってたら本当にその辺りへの進路を考えなければいけなくなった。
斎藤隆
98年優勝前後を先発の軸として支えたササキ様の後輩。30代も半ばの挑戦だったというのに、メジャーへ行ってからがキャリアハイという特例中の特例。松坂やイチローばかり注目され、メジャー挑戦した選手が次々と夢破れて日本に帰る中、クローザーとしてしぶとく生き残る。2013年は地元で頑張る模様。
斉藤俊雄
どんぐり捕手陣の中で最も没個性。イケメンという唯一の個性も新沼とカブってる上、そもそもマスクで隠れてそんなに意味が無いので個性発掘のため千葉ロッテマリーンズに移籍。優勝に地味ながら貢献したものの、その後関西行きに。盥回し。何故かどんでんには重宝されている。
佐伯貴弘
隠し球。かつて4番だったがなんでよ?2009年は150本目のHRやホームスチールなど、何かと話題の選手だった。何のための前進守備だ!はもはや伝説。年に数回男前スイッチが入ってものごっつい活躍する。ホームスチールはその所為。2010年限りで退団し、中日ドラゴンズへの入団が決定。マシンガン打線を知る選手がまた1人消えていった……。
弥太郎
日本ハムからトレードして1年でまたトレード。契約更改時に球団の恥ずかしい話を暴露したばかりに西武ライオンズへ。2010年29試合しか使われておらず、フロントとの采配の認識の違いからトレード志願したものとも考えられる。「1年しかいなかったですが、横浜ベイスターズではお世話になりました。またチームも変わり、新たな気持ちで頑張りたいと思います。」とのこと。
佐々木主浩
誰もがご存知大魔神。90年代後半のリリーフエースとしての盤石っぷりは他球団の恐怖の対象であった。現代のプロ野球風なら「コントロールのいい永川」、横浜風なら「コントロールが良くて他も全体的にすごい牛田」とでも言えばその凄さが分かるだろう。その後海を渡ってメジャーでも活躍し、現役最晩年は横浜に復帰した。復帰初年度はベテランらしい老獪なピッチングで打者を手玉に取るも、夏以降は検閲により削除、翌年もアレだったため引退した。年齢を考えれば止むをえないところもあるが、復帰後の年俸はウン億何千万円。彼を獲得するためにみゃあみゃあ煩い年のチームに放出した場外男は移籍後、優勝に貢献していた。とある漫画の主人公キャラクターにもなり、神社に祀られるなど、ファンからは単なる人気というより崇拝の対象となっていた。だが、やくみつるは彼に対してアンチ意識を持っている。
佐藤祥万
若い速球派。将来のエース候補のハズが、サイドスローに転向。したと思ったらオーバーに。したと思ったらまたサイドに。そして2014年にハム屋さんへ。
真田裕貴
他人の出したランナーをキッチリ返すハマのスウィーパー。しかし自責点にはならないので2009年のリリーフ陣で唯一防御率2点台のピッチャーである。ランナーいなけりゃ一番頼れるんだけどね。頻繁なトレードの副産物で、2001年当時のドラ1『寺原(タカ)・真田(巨人)・秦(横浜)』3人が揃うという、普通なら他球団がうらやむ珍事が発生している。2010年もフル回転でこの球団の投手の中ではかなりマシな成績を残したのだが、防御率詐欺師としてファンの評価は低い。2011年オフにポスティングシステムを行使して大リーグ挑戦を表明するも、当然のごとく獲得を希望する球団は無かった。その後、諦めきれずにごねたところ、今後面倒をみるはずの親会社の意向を無視して、売り飛ばすつもりの親会社が承諾したことによって自由契約で大リーグ挑戦を目指したものの、それでも誰も相手にしてくれず浪人生活に突入すると思われた。ところが、2012年のシーズンが始まってすぐに横浜ではなく古巣・巨人への入団を発表。一部と言わずほぼ全てのファンに「横浜から逃げる為に大リーグ挑戦なんて言ってみたんだな」と勘付かれている。しかし巨人では防御率99.9のまま戦力外通告。残っとけばよかったものを…。
佐村・トラヴィス・幹久
もちろん珍名収集で契約。父親はアメリカ人。1年目のシーズンオフの契約更改で球団側がポカをやらかしたというのは知る人ぞ知る逸話。しかし結局2014年オフに戦力外となった。
篠原貴行
スペ体質。尾花に拾われ、一軍でも左のワンポイントで起用されているが、ファンはこの采配に納得していない模様。2010年に加藤は戦力外となったのに何故か戦力外にならなかった人。2011年6月現在、全くもって信頼されていないがワンポイントで出てきて抑えたりするので、そこそこ貢献している…だけかと思ったら、あの藤川球児の持つリーグ記録にあと一つと迫る37登板連続無失点を記録したりしてセットアッパー起用されるなど、日本中のプロ野球ファンを驚かせた。2012年は新監督の信頼を得られずに、再度ワンポイントに降格。左打者に四球を出しただけで降板させられた途端に明らかにムっとするなど、確執が窺える。2013年春先に肘を故障したことで引退、コーチになるそうです。
嶋村一輝
オリックス・バファローズからやってきた。内外野守ることができるパワーヒッター。ただし目下、代走・守備要員。オリックス時代、コーチにキレたことがある。練習の。2013年1軍出場無く引退、32歳の若さでコーチになるらしい。何やるんですかね?
清水直行
地味様、じみっち。千葉ロッテマリーンズから那須野巧(5億円)らとのトレードでやってきた。今まで以上に安定感の無いリリーフと守備陣を背に、一体何勝出来るのだろうか……。なんて思ってたら10勝しちゃったよ。勝ち頭でありながらやや負け越しの負け頭、高めの防御率ながら力のある直球で長いイニングを投げ抜く姿はかつてのドミンゴを彷彿とさせる。大減俸で臨んだ2012年は故障から復帰できずとうとう戦力外。本人は現役続行する気まんまんだがもう厳しいよ…。
下園辰也
2009年は5月時点でイースタンリーグ暫定首位打者だったために昇格。以後一軍で対右先発時に1番センター、対左先発時は代打で出場。意外にパンチ力のある打撃でベイスターズではかなりハイレベルな成績を残している。長打を捨ててリードオフマンを目指すらしい。しかし守備はファンタジスタ気味。2010年は吉村に代わり中軸打者としてスタメンに定着。リードオフマンじゃないけど結果をそこそこ残している。この年は走塁面でのミスが目立ち、サイクル牽制死を達成している。2011年オープン戦打撃好調であったため、ライトのレギュラーは当確と思われていたが東北地方太平洋沖地震が起こる当日の試合(この試合は特別コールドゲーム)でオープン戦にもかかわらずフェンス激突→右足脛骨(弁慶の泣き所)骨折。被災地同様復旧のメドが立たないという弁慶だけでなくチームにも相当痛い怪我となった。しかし、6月には見事に復帰を果たし、6月29日の復帰第一戦で初球をライトスタンドへホームラン。その後はIsoD.150越え(8/22現在)という選球眼を発動し、四球時々ヒットで出塁を稼いでいる。打撃センスはあるものの長打力も勝負強さもなく、脚力が並で牽制死する、守備が下手、小技もダメで、結局使いどころが代打しかない。イケメンその2。
ダン・ジョンソン
ダンジョン。外野手として獲得したら何と一塁しか守れない事が発覚し、スカウトの無能ぶりを知らしめた選手。選手としては魔将軍っぽいタイプ。
杉原洋
元々は千葉ロッテマリーンズの選手。怪我に泣き3年でクビになったところをNOMOベースボールクラブで携帯ショップで働きながら練習に励んで再生し、横浜に入団というゲームの主人公のような経歴の持ち主。2010年、初めての一軍登板を初先発という形で果たすも、緊張しまくりで2回1/3を3失点という内容だった。本人好みの巨乳タレントのような大きな度胸をもって臨んでほしいところ。2011年、戦力外通告を受けた。
須田幸太
2010年ドラフト1位の社会人ルーキー。即戦力の先発として起用されているが、2011年8月時点でチームダントツの被本塁打王に君臨している。また投手でありながらセンスを感じさせるバッティングやバントのうまさなどから、「うんこ」こと吉見の後継者として期待されている。2014年夏に一軍昇格すると中継ぎで結果を残し先発デビュー。当然炎上と思われたが、まさかの完封。その後一度離脱があったものの援護運が強い事などから、6勝を挙げる。
ターメル・スレッジ
北の国から脱北。本塁打か三振かのバッティングをしている。ファンからの愛称はスレッジハンマーやひだまりスレッジ等々。レフトの守備は一見ファンタジスタ系だが、ハラハラするだけでやらかしが意外と少ないので一安心。応援歌は神。しかし2011年退団決定。まさかの古巣復帰。まあこんなチームじゃしょうがない。
高城俊人
2011年ドラフト2位入団の高卒ルーキー。オールスター前に一軍お試し体験…のはずだったが、何故か後半戦は谷繁以来の高卒ルーキーでスタメンマスクを被り続けることに。18歳にらくらく追い抜かれるどんぐり捕手陣、お前ら一体何をやってきたんだ。
高宮和也
通称水差し野郎。2006年6月24日が誕生日!っていうか黒歴史。その元ネタは、オリックス戦での椎野アナによる毒舌実況。出てきていきなり四球、苦し紛れの直球で被弾し「何しに出てきた」投球。良い球は持っててもそれを活かせないチキンハート。最近サイドスローに転向して1軍でも左のワンポイントとして起用されるが被弾癖は直っておらず、ルイズには場外弾も打たれた始末。2010年は左打者を打ち取った後、必ずフォアボールを出す役割をしていた。そのくせ大矢にひいきされていた。2010年に寺原と共に関西へと行った。何故トラウマへと行く?那須野、相川そして高宮も他球団に行ってしまった。椎野さん泣いてるんじゃないのwww?
高森勇気
キャッチャーだったけど一塁にコンバート。選球眼もあるので将来のクリーンナップ候補か?しかし2010年開幕2軍絶好調だったものの、終盤では北にクリーンナップを奪われてしまった。
武山真吾
どんぐり捕手陣の中ではパンチ力と肩、鼻から下の面白さを買われている。2010年は主戦捕手だが打率は低かった。2011年、何気に2011年6月28日(火) 現在.500。西武にトレードされた。なお、移籍後は一軍にすらあげてもらえず。武山はいい捕手とはなんだったのか。
種田仁
がに股打法とスタンドのタネダンスで有名。元々は中日だった。感情の起伏が激しく審判によくマジ切れする。そして最後には泣いちゃう。引退後の私生活についてはお察し下さい
高崎健太郎
大差ビハインドでのロングリリーフ&消化試合なら神がかり的なピッチングを披露するが、僅差か勝ち越しだと途端に打たれる。即戦力候補じゃなかったのよ……。牽制球だけなら超一流。別名は右の水差し。オフシーズンはいつもファンに期待されてるが……。しかし何が起きたのか2010年途中から覚醒を始め、2011年には「ハマのエース(先発ローテ一番)」の座を獲得、防御率はなかなか。だが規定投球回に到達しながらも、ムエンゴとハマの俺達中継ぎ陣にやられ、気付けばなんと5勝15敗と散々な成績に終わってしまった。早速、ハマのファンたちは健太郎ちゃんを救う会を発足することにしたが、もう一人ムエンゴ病に泣く重病患者が出てきてしまった。
次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:86 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef