横浜大洋銀行
[Uncyclopedia|▼Menu]
5359 ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「横浜大洋銀行」の項目を執筆しています。

横浜大洋銀行(よこはまたいようぎんこう)とは、かつて横浜市に存在した銀行である。その後「横浜銀行→横浜DeNA銀行」と名前を変えているが、同じ名前の別の銀行が存在するため、本稿のタイトルは「横浜大洋銀行」とする。
目次

1 概要

2 歴史

3 主な店舗

3.1 本店

3.2 支店

3.3 出張所と営業所


4 得意先

5 関連項目

概要

世界初の「球団に融資する銀行」として、1978年に設立された。ただし実態は、銀行というより多重債務者というのが正しいかもしれない。毎年貯金が必要な球団から星を借り(借金をし)、相手球団に貯金を供給する経営手法で、設立当初は銀行の歴史を変える、新たな経営手法として注目されていたが、取り立てがあまり激しくなかったこと、そしてバブル崩壊による景気の低迷により次第に経営は悪化していった。そのため、1997年からこの白星取引は凍結されていたが、2002年にTBSが経営権を取得し、白星取引を再開した。

2011年にDeNAが買収し、横浜モバゲー銀行と改称される予定だったが、財界の反発により横浜DeNA銀行に改称された。これ以降、白星取引額は再び減少傾向となっている。
歴史

1978年 - 横浜市に設立。当時はまだ普通の銀行であった。

1980年 - このころから球団に対する白星取引をを始める。

1989年 - バブル崩壊の影響などにより、取引額が設立後の最高額「33」を記録する。

1993年 - 経営陣の方針により名称を「横浜銀行」に変更。

1997年 - 白星取引の一時凍結を発表。このころから
某球団は黄金期を迎えることとなる。

2002年 - TBSが株式の51%を買い取り経営権を取得し、株主の方針により白星取引を再開する。翌年には設立以来最高を更新する「49」もの取引が記録された。

2012年 - DeNAが買収し、「横浜DeNA銀行」と改称。

主な店舗

本店の他、5つの支店と6つの出張所を持ち、本店は年間71?72日営業している。支店は1店舗につき年間12?13日営業、出張所や営業所は3日または0日の営業となる。また、支店や出張所以外でも、臨時営業することがある。
本店

本店

横須賀研修センター(本店直轄)

支店

水道橋支店(旧:東京支店)

神宮外苑支店(旧:第2東京支店)

名古屋支店

西宮支店

広島支店

出張所と営業所

札幌出張所


仙台出張所

所沢出張所

千葉出張所

大阪出張所

福岡出張所

神戸営業所

得意先

読売ジャイアンツ (水道橋支店に口座を持つ)- 最も取引額が大きい取引先。とともに大量の貯金を供給している。

中日ドラゴンズ(名古屋支店のお得意様)

阪神タイガース (西宮支店)- ただし2008年は貯金を拒否され、読売ジャイアンツに優勝を獲られた。

取引先は他にもあり、どのチームにも貯金を供給している。
関連項目

横浜DeNAベイスターズ - 地元であるにもかかわらず、なぜか得意先でない。

横浜銀行


 ・話・編・歴 横浜DeNAベイスターズカテゴリ

球団概要 :選手一覧 - 横浜スタジアム - 横浜市
歴代監督 :近藤昭仁 - 大矢明彦 - 権藤博 - 森祇晶 - 山下大輔 - 牛島和彦 - 尾花高夫 - 中畑清 - アレックス・ラミレス
投手(現役) :投手一覧
捕手(現役) :横浜正捕手大戦を参照
内野手(現役) :前田大和 - その他内野手一覧
外野手(現役) :外野手一覧
OB(在籍経験者) :稲田直人 - 内川聖一 - 清水直行 - 早川大輔 - 古木克明 - ウゴ・ケデブ - モンチッチ - ブレント・リーチ - 渡辺直人 - 森本稀哲 - ノリ様 - 危険遊具 - スペランカー
用語 :何のための前進守備だ! - ノーアウトかワンアウトでランナーが三塁にいるときスクイズしないと死んじゃう病 - 横浜大洋銀行


更新日時:2018年6月19日(火)18:00
取得日時:2019/11/13 21:23


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef