桑田佳祐
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「桑田佳祐」の項目を執筆しています。 桑田が見ている

桑田 佳祐(くわた けいすけ、1956年2月26日 - )は、日本のミュージシャン、シンガーソングライター、小説家、哲学者、映画監督、冒険家、および気象予報士。
目次

1 来歴

2 功績 

3 岡本一真との関係

4 孤独の太陽

5 関連人物

6 関連項目

来歴

1956年2月26日、
神奈川県茅ヶ崎市で捨て子として拾われる。彼が人間であるか、そうでない何かなのかの議論が続くのはそのためである。

1978年、大森隆志の力を借りて政治結社サザンオールスターズを設立。以来、同社主催のフェスティバル、「勝手にシンドバット」の運営の全権を握る(「赤旗まつりなんかと一緒にすんじゃねーよ!!」とは桑田の弁)。

1985年、KAMAKURAの極楽寺にて吉田拓郎を人質にとり立て篭もる。現政権に対する抗議を行うが、吉田拓郎と自身の妻である原由子の説得により投降。松田弘とともに逮捕された。ちなみにこの時原は妊娠しており、桑田がおとなしく投降したのもその時初めてそれを知ったからだと言う。

1987年、刑務所にて、ペンネーム「悲しみのプリズナー」として私小説「悲しい気持ち」、「いつか何処かで」を執筆。さらに、これらに数作品を加えたオムニバス集『KEISUKE KUWATA』を、弁護士の小林武史を通じて出版し、世間をにぎわす問題作となる。

1988年、松田弘とともに脱獄。同時期にサザンオールスターズが放水テロ(ライブと称して人を集め、桑田などがホース、コップで歌いながら水をかける)を主とするテロ活動を開始したことから、他のサザンオールスターズのメンバーとともに指名手配される。

1989年公開の映画『稲村ジェーン』の製作に桑田が関わっていたことが明らかになり、同映画は発禁処分になる。しかしタケちゃんマンの名義で、『あの夏、一番静かな海』として放映されていることが明らかになる。

1993年、年々過激化するサザンの政治活動に嫌気が差し、一時サザンを脱退。哲学書『孤独の太陽』を出版(後述)。

1995年、大森、関口和之とともに聖地マンピーのG★SPOTを発見、が、圧倒的なパワーを前に魂を破壊される。抜け殻となった肉体は大森隆志の指示でサザンに拉致され、サザンの政治活動のプロパガンダに利用される。

2000年、サザンの大規模な津波テロの直後に魂を取り戻し、再びサザンを脱退。その後大森隆志と創価学会との関係を発見。最終的には大森のサザン脱退につながる。その後は自らを『ROCK AND ROLL HERO』と称して活動。

2003年、大森が実は創価学会に洗脳されていたこと知り、サザンオールスターズに復帰、同社の代表に就く。今後は創価学会に篭絡されている大森を救うため戦う予定だと言う。「このギターで奴の頭をぶったたいてやれば、目も覚めるんじゃねぇかな」(しかし2006年、創価学会に裏切られ大森は逮捕される。詳しくは大森隆志を参照)

2007年、石原良純のあたらない天気予報に腹を立て、天気予報「明日晴れるかな」を開始。そのせいでこの年の梅雨は妙に雨が少なかった。

2009年、桑田佳祐死去の訃報が報じられる。本人のレギュラー番組でも追悼が行われ、全国のファンを悲しませた。しかし追悼特番中に突然本人が現れ、死去したのは偽者と判明。遊園地で着ぐるみのバイト中にこの知らせを聞き、急遽スタジオ入りしたとのこと。桑田本人は偽者に「すべてのファンに懺悔しな!!」とコメントした。また、かの有名な岡本一真が“桑田は歌手に向いている”と語った。この一連の顛末は、後に「現代東京奇譚」として纏められる。

2010年、執筆活動専念のため、しばらく籠もることを決意。ただし普通に籠もるのも芸がないので、前年の偽訃報を利用して詐病騒動を画策したところ、本当に食道ガンになっていた。これを克服すると“病を乗り越えた人物”というイメージでもって、出入り禁止であるはずの日本放送協会(NHK)に急接近。大晦日の大規模礼拝「 42b1 NHK紅白歌合戦」に、中継という形によって辛うじて参列した(NHK曰く、現地に招くとテロを起こす危険性があるため)。

2011年、やれ学会やら訃報やら病気やらで、ヒーロー(『HERO』)になるのも疲れたので、ただの男(『MAN』)に戻りたいと発言。これにより自らを『MUSICMAN』と称した。

2012年、桑田佳祐がテロ活動三十周年を記念して、決戦兵器『I LOVE YOU -now & forever- 』を無差別に売りさばいた。十年ぶりの超大型兵器としての成果はさすがともいうべきか、大量破壊兵器販売部門において、2012年7月における売上一位を記録した。

2013年、悪名高きサザンオールスターズの活動再開を日本全国に宣言、早朝から号外が配られるなど、カルト的人気を誇るテロリストグループの復活を世に知らしめた。

功績 

波乗りジョニーの捕獲話題になることは少ないが、伝説のポケモン
波乗りジョニーを捕獲したことは、ポケモン博士達の間では非常に重要視されている。このポケモンはなんと、秘伝マシン無しで「なみのり」をつかいこなした。これは秘伝マシンの価値を著しく下げるとしてシルフカンパニーは、同社の専属機関ロケット団に桑田の暗殺を命令。「犠牲になると可哀想」なので彼はジョニーを野生に帰してしまった。このことをオーキド博士は大きく評価したが、ウツギ博士は「ポケモントレーナーとしては、彼は糞以下だね。歌手としてどうかは知らんが。」(彼も、桑田のことを歌手だと勘違いしている一人である)とこっぴどく批判した(この後ジョニーはテロを起こす。歴史上、単独でテロを起こしたポケモンはジョニーとピカチュウのみ)。現時点で桑田が所持するポケモンはキングラー(名前は毛ガニ)だけである。

聖地「マンピーのG★SPOT」を関口和之とともに発見特筆すべきは、長年の間伝説とされていた聖地「マンピーのG★SPOT」を発見したことであろう。

岡本一真との関係

岡本は大いに桑田と関わっており、桑田の隠し子”桑田俊彰”とは友達同士である。

岡本は桑田をすさみ町に招いたほどである。
孤独の太陽ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「孤独の太陽」の項目を執筆しています。

1993年に執筆された哲学書『孤独の太陽』はしばしば20世紀を代表する哲学書と称されるが、同時にダーウィンの「主の機嫌」、ニーチェの「鶴トス虎、箱入った」と共に、もっとも(間接的に)人々を虐殺した本として挙げられることも多い。特に8章における「真夜中のダンディー」の思想は、ニーチェの「腸人思想」とともに、誤解されやすい思想の代表格である。

1章「漫画ドリーム」
漫画についての論考

2章「しゃあない節」
徴兵制で連れて行かれる兵士の物語

3章「月」
健康そうな女子がなぜ体育や水泳の授業を休むのか?

4章「エロスで殺して?ROCK ON」
SMについて

5章「鏡」
10年以上未来に登場する、埼玉在住の女子高生に宛てた妄想文。彼女がツンデレであることも、この章の最後の一文から読み取ることが出来る。

6章「飛べないモスキート」

7章「僕のお父さん」

8章「真夜中のダンディー」

9章「すべての歌に懺悔しな!!」
6 - 9章においての論考はすべて「真夜中のダンディー」思想に関するものである。また9章において名指しで批判された長渕剛はマジ切れし、様々な論争、果ては紛争に発展する(騒動の細かな経緯は長渕剛を参照)。ちなみに7章で桑田は矢沢永吉が自分の父親ではないかと疑っているが、矢沢はやんわりと否定している。

10章「孤独の太陽」

11章「太陽が消えた街」
10 - 11章は平たく言えば革命思想であり、影響を受けた思想家にアミダばばあなどが挙げられる。

12章「貧乏ブルース」
別に桑田は貧乏ではない。ピロロロピロロロピロロロピロロロロロロジャンジャーンで終わる

13章「JOURNEY」
母親についての論考だが、前述の通り桑田に母はいない。

尚、本書発売の1ヶ月後には、本書の巻き起こしたセンセーションとそれにより発生した論争に疲れはて、出版したことはあとの祭りであったと愚痴った随想「祭りのあと」を雑誌に発表。本編以上の話題を呼ぶが、短編集「TOP OF THE POPS」に所収されるまで8年もの間当該雑誌でしか読めなかった為、一時は研究のミッシングリンクとなっていた。
関連人物桑田佳祐が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/歌手」へ収録されています。
原由子
現時点で桑田との間に2男をもうけたとされるが、1000人を超える子供がいるとの情報もある。
松田弘
桑田にとって松田は、ルパン三世にとっての次元大介のようなものである。
関口和之
桑田を助けることが多いが、松田ほどではない。桑田が松田と共に投獄されていた時はなんと鬼退治に参加していた。
大森隆志
サザンオールスターズを参照
アミダばばあ
かの芸人、明石家さんまの正体は、『孤独の太陽』の思想を旗印に活動するテロリスト集団白い恋人達の指導者である。
関連項目

サザンオールスターズ

白い恋人達
 ・編・歴 チューブの一覧

動画系 :YouTube - Pornotube - krazytube - Morotube - Redtube - Tube8 - Nudetube - Hardsextube - xtube
TUBE :TUBE - 前田亘輝 - 春畑道哉 - 26c1 角野秀行 - 松本玲二 - 桑田佳祐 - カズン
中部 :伊豆県 - 静岡県 - 浜松県 - 愛知県 - 山梨県 - 筑摩県 - 岐阜県
その他 :YouTuber - ブラウン管 - 試験管 - 管理人 - 菅直人 - 管直人 - ロンドン地下鉄 - KOTube - Tube大学 - 配管工

この項目「桑田佳祐」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2016年10月16日(日)18:33
取得日時:2019/08/04 14:01


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:14 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef