栗平駅
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「栗平駅」の項目を執筆しています。

栗平駅(くりひらえき)とはありもしない地名を駅名にしてしまった神奈川県川崎市麻生区にある小田急電鉄の駅である。

TOKO機関と呼ばれる特務機関の最寄り駅であり、TOKO機関の関係者が多く利用する為、急行および多摩急行の停車駅である。
目次

1 駅構造

1.1 のりば


2 人口増加による問題点

3 駅名の由来

4 隣の駅

5 関連項目

駅構造

相対式ホーム2面2線の地上駅。橋上駅舎。

多摩線開通時、小田急電鉄はこの駅の必要性を完璧に無視しており、島式ホーム2面2線、トイレは汲み取り式、配置された駅員は1人とかなり劣悪な環境(隣駅の五月台駅黒川駅は当時無人駅であったため駅員は相当な孤独感に襲われたであろう)。この状況に耐えかねたある駅員が小田急電鉄を起訴、慰謝料をせしめることに成功し、小田急電鉄本社内のおふざけスピリッツに大打撃を与えた。流石に本社も反省したらしく駅舎を改築し、2006年にリニューアル前の駅舎となった。同年1月31日から「地球温暖化対策の広告塔にする」ためにリニューアル後の駅舎の屋根で太陽光発電を始めた。
のりば

1■小田急多摩線小田急多摩センター唐木田方面
2■小田急多摩線新百合ヶ丘新宿千代田線小田原片瀬江ノ島方面

人口増加による問題点

予想以上に人口が増えたため小田急電鉄はリニューアル工事を行ったが、ホームの幅は変わらなかった。そのため朝の通勤時間帯における混雑は変わらず、学生でホームは毎朝のようにごったがえす。ホームの幅について小田急電鉄は「リニューアル工事後数年しか経っていない駅舎を改築するつもりはない」とコメントしているが、実際は「見て楽しむため」という説が最も有力である。
駅名の由来

不明。かつて存在した「栗木村」と「片平村」とのかけあわせだと主張する頭の固い人たちもいるが、所詮仮説でしかない。
隣の駅
小田急電鉄
■多摩線■特急ロマンスカー通過■多摩急行・■急行
新百合ヶ丘駅 - 栗平駅 - 小田急永山駅■区間準急・■各駅停車五月台駅 - 栗平駅 - 黒川駅
関連項目

小田急電鉄

孤独

MOTTAINAI
小田急電鉄 ●OT 多摩線(取手綾瀬新宿方面<<)新百合ヶ丘 - 五月台 - 栗平 - 黒川 - はるひ野 - 小田急永山 - 小田急多摩センター - 唐木田 ・編・歴 南関東の鉄道駅

埼玉県 :浦和駅 - 浦和美園駅 - 大袋駅 - 大宮駅 - 春日部駅 - 霞ヶ関駅 - 川口駅 - 川越駅 - 栗橋駅 - 鴻巣駅 - さいたま新都心駅 - 志木駅 - 新河岸駅 - 西武球場前駅 - 東武動物公園駅 - 土呂駅 - 西大宮駅 - 鳩ヶ谷駅 - 東大宮駅 - ふじみ野駅 - 南越谷駅 - 武蔵浦和駅 - 谷塚駅 - 蕨駅
千葉県 :千葉駅 - 我孫子駅 - 市川塩浜駅 - 巌根駅 - 大網駅 - 大佐倉駅 - 京成千葉駅 - 新鎌ヶ谷駅 - 蘇我駅 - ちはら台駅 - 津田沼駅 - 行川アイランド駅 - 西船橋駅 - 東我孫子駅 - 東成田駅 - 船橋駅 - 船橋法典駅 - 舞浜駅
神奈川県 :横浜駅 - 厚木駅 - 大船駅 - 小田原駅 - 香川駅 - 柿生駅 - 風祭駅 - 片瀬江ノ島駅 - 金沢文庫駅 - 上大岡駅 - 川崎駅 - 菊名駅 - 北鎌倉駅 - 栗平駅 - 黒川駅 - 桜木町駅 - 五月台駅 - 湘南台駅 - 新川崎駅 - 新逗子駅 - 新横浜駅 - センター中央駅 - たまプラーザ駅 - 中央林間駅 - 十日市場駅 - 戸塚駅 - 名胃駅 - 長津田駅 - 中山駅 - 登戸駅 - はるひ野駅 - 東神奈川駅 - 東戸塚駅 - 日吉駅 - 藤沢駅 - 保土ヶ谷駅 - 本厚木駅 - 三崎口駅 - 向ヶ丘遊園駅 - 武蔵小杉駅 - 大和駅 - ゆめが丘駅 - 読売ランド前駅
46f1 北海道 | 東北 | 北関東 | 東京 | 南関東 | 甲信越 | 北陸 | 東海 | 近畿 | 中国・四国 | 九州


この「栗平駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年9月20日(木)15:19
取得日時:2019/09/15 04:42


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:14 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef