栗まんじゅう問題
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「栗まんじゅう問題」の項目を執筆しています。

栗まんじゅう問題(くりまんじゅうもんだい)とは、漫画「ドラえもん」に登場するひみつ道具「バイバイン」によって増殖を続ける栗まんじゅうの行く末を心配して貴重な時間を浪費するという、非生産的な活動のことである。

数々の学者がこの問題に取り組み、より生産的に使えるはずの時間を無駄にしてきた。その経済的な損失は計り知れない。産業を低迷させるテロあるいは陰謀とも言える。なお、「ケロロ軍曹」や山本弘の雑記においてもこの問題を検証した記述が見られるなど、その知名度は高い。その発祥は1929年、ロシアのベリヤーエフが書いた小説『永久パン』だといわれている。

これがどれほどの問題を持っているかを理解しやすくするために、この項目では実際に時間を浪費してみることにする。なお栗の味を覚えていない福岡・山口の両県民は、「湖月堂の栗饅頭」を標本とし考察すること。
目次

1 前提条件

2 問題点

2.1 元素の問題

2.2 質量保存の法則

2.3 増殖を止める方法


3 膨張速度の問題

3.1 数式

3.2 相対論の壁

3.3 ブラックホール化


4 栗まんじゅうを破壊する要因

4.1 自重での崩壊

4.1.1 検証1 - 脱出速度との関係

4.1.2 検証2 - 重力による栗まんじゅうの破壊


4.2 他の天体への衝突

4.3 加速度の問題

4.4 衝突による破壊

4.5 太陽光など


5 ホワイトホール仮説による古典論からの脱却

5.1 質量保存の法則に対する反論及び問題点

5.2 3fe7 膨張圧と自己重力の最新研究

5.3 無限時間後の圧平衡

5.4 栗まんじゅう特異点への進化のプロセス


6 特殊相対性理論を超える考え方

7 栗まんじゅうを粒子とする考え方

8 栗まんじゅうが未来から取り寄せられているとする考え方

8.1 近未来多重世界仮説

8.2 遠未来同一世界仮説


9 その他の考え方

10 結論

11 最後に

12 関連項目


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:106 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE