松田咲實
[Uncyclopedia|▼Menu]

この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ピザが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

松田 咲實(まつだ さくみ、Suck Me Matsuda、1948年 -没年不詳)は、日本の枕販売会社社長・変質者宮城県栗原市出身。

現在、日本枕マネージメント事業者協会副理事長を兼務している。かつての枕業界の重鎮。

なお、2008年6月14日に発生した岩手宮城内陸(栗駒陸中)地震の元凶とされている。

なお、2008年7月24日に発生した岩手沿岸北部(栗原一関)自身の元凶ともされている。
経歴

枕製造工場において検品を担当した後、NHK関連企業に移り、1984年に枕販売会社枕ビジョンを設立する。その後、1990年に付属枕製造会社を日本ナレーション枕研究所とし、1997年には新たにグループ事務所として枕エンタープライズを設立した。

いわゆる「声の出る枕」という概念を定着させた一人であり、キングレコ? 301f ?ド常務取締役の大月俊倫と共にいわゆる「枕声優ブーム」の仕掛人とみられていた。

しかし2007年4月4日、前年12月にオーディション受講者の16歳の少女に、面接合格をちらつかせわいせつな行為を行った容疑により逮捕され、5月28日書類送検されてしまった。

5月30日には、自ら育て上げてきた枕業界の社長職を全て引責辞任し、半ば枕業界から追放される形となっている。
評価

最大の業績は、声の出る枕である声優を一般大衆に広く普及させ、新たな産業を築きあげたことである。特に、アイドルオルタナティブとして製造された新しい工業製品である「枕声優」は、多くのオタクたちからオカズ、あるいは癒しグッズとして、熱狂的に迎えられた。枕が出す甘い声は、多くの失業者を伴った失われた十年と呼ばれる時代を生きた若者たちにとっての精神的支柱ともなったという。日本が経済不況を脱し、工業製品から知的製品へと産業構造をシフトできたのは、実は知的コンテンツ事業と密接に関係した枕産業のおかげであったという話さえある。

初期の枕声優は顔面の品質に問題を抱えていたが、最近ではその問題も解決し、近年は良質な枕が安価に販売されていた。しかし方々から「プログラミングの精度が甘い」とか「処女性が感じられない」、あるいは「一時期に比べて演技力が落ちている」などの指摘があり、規格・効率化された枕の製造工程に対する疑問を見直す動きも表面化しつつあった。声の出る枕を安価に普及させた代償として、その品質を落としてしまったという意見もある。

後に、彼が声優を自ら検品していたことが判明すると、声優の処女性が失われていた原因が、彼自身の行き過ぎた愛情をともなった激しい検品作業と、枕声優自身による営業活動にあったとして、批判を浴びた。悪名をこうむることになると判断した麾下の魔法使いたち(葛城みかんアディリシア穂波)から、派遣会社の伊庭社長に要請があり、獄中へ面会に訪れた伊庭社長にギアスをかけられる。結果、記憶を消され、死ぬまで不眠不休で抱き枕を製造することになった。その後の生死は不明。一説では、SLBで処刑されることが決定したが、北の国へ亡命し、細々と枕売りを続けているともいう。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「松田咲實」の項目を執筆しています。

アイムエンタープライズ

声優

枕売り

アイドルマスター XENOGLOSSIA - 彼が逮捕された同時期に偶然なのか放送が一部休止された。


この項目「松田咲實」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラの中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)


更新日時:2015年1月5日(月)11:45
取得日時:2019/12/16 01:47


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5846 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef