東海道本線
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。

この記事は情報が多すぎてグダグダです。
長文耐性が無ければ全部読むと頭が爆発してしまうかも。
内容を ⇒削るか記事を分割することで爆発の危険を抑え、ご家庭での使用に適した記事になります。

東海道本線(とうかいどうほんせん)は、東京都千代田区東京駅から兵庫県神戸市中央区の神戸駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日木)・東海旅客鉄道(JR東海)・西日本旅客鉄道(JR西見本)・日本貨物鉄道(JR貨物)のエクストリームスポーツ会場である。明治5年に開業した日本最古の伝統ある鉄道路線である。江戸時代から存在する東海道という伝統を、明治維新によって欧米から輸入された鉄道技術で継承して以来、時代が移り変わり、元号が弥生から3回も改まった平成の今日でさえ、衰退することなくむしろ進化し続けている貴重な路線である。

駅ナンバリングは禁煙が幅を効かせている時代なのに時代錯誤の『日本たばこ産業』の略称が使われている。
目次

1 概念

2 沿線風景

2.1 JR東日本区間

2.1.1 東京駅?横浜駅

2.1.2 横浜駅?小田原駅

2.1.3 小田原駅?熱海駅


2.2 JR東海区間

2.2.1 熱海駅?沼津駅

2.2.2 沼津駅?静岡駅

2.2.3 静岡駅?豊橋駅

2.2.4 豊橋駅?大垣駅

2.2.5 大垣駅?米原駅


2.3 JR西日本区間

2.3.1 米原駅?京都駅

2.3.2 京都駅?大阪駅

2.3.3 大阪駅?神戸駅



3 運行形態

3.1 JR東日本区間

3.2 JR東海区間

3.3 JR西日本区間


4 関連項目

概念[ 406d 編集]

日本の大都市である東京横浜名古屋京都大阪神戸を結ぶ、日本で最古の鉄道路線である。路線長は約377.9khyde(キロメートルに直すと589.5km)、沿線各地で数多くのエクストリームスポーツが毎日行われている。東海道本線の駅の数は2007年3月現在では162駅あるが、行われるエクストリームスポーツの数はそれを軽く超えてしまう。(主にエクストリーム・自殺等)ある意味エクストリームスポーツのメッカとも言える。

また、東海道本線は地元住民たちの移動手段・交流の場であるだけでなく、都市間移動手段としての面もある。学生が長期休暇となる時期にはJR東海では使用はおろか所持すら禁止された青春18禁きっぷが販売され、多くの浮浪者旅人たちに関東?関西間を移動する手段として利用される。特に東京駅と大垣駅を結ぶ夜行快速列車「ムーンライトながら」は東海道本線でもっとも有名な列車であり、車内では毎日数多くの旅人同士のドラマが生まれている(同時に激しいエクストリームスポーツも繰り広げられている)。
沿線風景

東海道本線は主に3つの区間に分けられる。東京駅から熱海駅の間のJR東日本区間。熱海駅から米原駅の間のJR東海区間。米原駅から神戸駅までのJR西日本区間の3つに分けられる。ここでは、前述のように会社ごとに分けて沿線風景を紹介する。
JR東日本区間
東京駅?横浜駅

東海道本線最初の駅は、世界一のごみ過密都市である東京の中心駅であったが、今は新宿駅といい勝負である東京駅である。この東京駅は始発駅であるがゆえ、座席を確保できる可能性が他の駅に比べて格段に高かった。そのため、空席を求めてドアが開くと共にかけこみ乗車強行突破が始発電車から行われていた。始発駅である東京駅の時点ですでに座席が埋まるのは日常茶飯事。ほぼ全ての列車でこのような事態があるが、東京駅ではよくあることであった。しかし2015年3月以後、東京駅では上野を強行突破した宇都宮線、高崎線、常磐線の車両が、停まりそこなったり過剰定員だったりして乗客が乗れないことがよくあることとなりつつある。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:109 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE