東地宏樹
[Uncyclopedia|▼Menu]

東地 宏樹(とうぎ ひでき とうち ひろき、1966年5月26日 - )は、トライエースと能登麻美子によってずるずると声優の道に引っ張りこまれてしまった元・男性俳優である。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東地宏樹」の項目を執筆しています。
目次

1 経歴

2 人物

3 有名な分身

4 注釈

経歴

小山力也やてらそままさき同様、本業は俳優だったけど、声の仕事のほうで有名になったので声優になったという経歴の持ち主である。元々は豪勢堂というウィキペディアでも未だに赤リンクなほど知名度の低い小劇団の座員として舞台で細々と活躍していた。

そんな彼を声優の道に引っ張りこんだのはゲーム会社トライエース(以下AAA)である。当時無名だった東地はスターオーシャンシリーズに2作続けて声優として抜擢された。AAAの重役に東地ファンの演劇ヲタがいたため起用されたとのことらしいが、このAAA社員は相当物好きだと言わざるを得ない。声優初挑戦でありながら、東地はその低音ボイスでキャリアを積んだプロの声優達に遜色ない演技をし(この頃は台詞が少なかったのでボロが出なかっただけとも言われる)特に2ではPTキャラのエルネストの他に敵キャラの十賢者の一人ミカエルのボイスを担当し、必殺技スピキュールを繰り出す際のハイテンションなボイスが好評を博した。このミカエルは十賢者の中でも桁違いの強さで、開幕直後に高威力のスピキュールを連続でぶっ放す事が多く、火属性対策をしなければ瞬殺されるという理不尽なまでの強敵であり、プレイヤーは何度も何度も「うぉーあっちー」という東地氏のボイスを聞かされることとなった。その強さも相まってミカエルの声はSO2プレイヤーの耳に鮮明に焼きついており、東地氏の声を聞くたびにスピキュールの恐怖を思い出して禁断症状に陥ってしまう廃人少なくなかった

その後もヴァルキリープロファイル、スターオーシャン3とAAA作品で主役級のキャラを多く演じるが、AAA作品以外での出演は稀で、声オタからはAAAが潰れるか、AAAに捨てられたら終わる声優という烙印を押されていた。同じ豪勢堂の劇団員である小山剛志が出演した∀ガンダムに、辛うじて小山のオマケとしてモブ役で出演させてもらった程度である。本職は俳優ゆえ、顔出し出演することもあったが、獲れる役はせいぜい平成ライダーの通行人A程度で、このまま小劇団のドマイナーな俳優として埋もれてゆくかと思われていた。

しかし次第に頭角を現し、洋画「プリズン・ブレイク」で主演のウェントワース・ミラーの吹替声優として抜擢され、好演したことで認知度が飛躍的に上昇し、吹替に欠かせない声優の一人となった。だが彼が本格的に声優に転身するようになった何よりの切欠は 63e3 トリニティ・ブラッドで能登麻美子と共演したことである。実は彼女の所属する大沢事務所は、所属声優達に仕事で共演する他の事務所の声優達を何気なく説得して大沢事務所に引き抜くよう密命を帯びさせている。東地も能登から勧誘され、コロッと騙されて豪勢堂を離れ、あるいは能登かわいいよ能登などと言われる能登のカリスマ性に洗脳されホイホイ大沢事務所へ付いていってしまった。この時、能登から「俳優としての成功は絶望的」「豪勢堂のような泡沫劇団はもう長くない。劇団と心中はしたくないでしょう」「いっぺん死んで見る?」などかなりエゲツない言ことを言われたという噂があるが判然としない。おそらくアンチの捏造だろう。今では東地自身が立派な勧誘員となり、豪勢堂の小山剛志らを勧誘している。
人物

江川央生
や西凛太朗と並んで、中年役や兄貴役、暑苦しい役を演じる事に定評がある。

機動戦士ガンダム00では操縦士役のガチムチ兄貴ラッセを演じ、最終回間近ではGNアームズと言う名のコンテナを乗り回し、主役のガンダムに挿入(ドッキング)するなど脇役でありながら主役顔負けのうらやましい活躍をした。ラッセ役として00に出演して以降男性人気が鰻登りに上昇し、「俺ノンケだけど東地兄貴になら掘られてもいい」というファンレターが来る事もあるという。尚、そのラッセは最終回で機体の爆発に巻き込まれて死亡したかに思われたが、製作側が東地氏の熱演に心打たれこのまま殺すのは惜しいと思い、また放送後ラッセを殺したことに対しての苦情が殺到したため[1]ご都合主義によって実は生きていましたということにされ、2期続投が決定した。死んだはずの美形キャラが実は生きていました、などというのはよくある展開だが、この手の脇役のガチムチ兄貴に神の見えざる救いの手が差し伸べられるケースは稀有である。それだけ東地氏が視聴者、製作者の心を打つ熱演をしたというべきだろう。

トリニティ・ブラッドで共演した中井和哉と共にWebラジオ、東地宏樹と中井和哉のトリブラッジォ!!のパーソナリティーを担当した。タイトルにエクスクラメーションマークが2つもつけられている事からも分かるように、非常に暑苦しいラジオになっており、あまりの暑苦しさに熱射病でダウンしてしまうリスナーが続出した。

更に、上記ラジオがきっかけで中井の個人イベントにお祝いコメントを頼まれた時には、30分近く延々一人で喋った挙句、最後には中井とはそんなに仲は良くなかったとぶっちゃけて、イベントに参加した人間のみならず、中井本人もダウンさせたという逸話がある。

ちなみに無名だった東地を抜擢したAAAは、「東地はわしが育てた」という自負心を抱いており、東地の出世を心から喜んでいる反面、東地が自社の作品以外のゲームやアニメなどに出演していることに関して、「浮気をされたようで複雑な気分だ」と心中を吐露している。

実はアサシンであり、現在も水面下でテンプル騎士団との戦いを繰り広げている。

有名な分身
クロス・マリアン
灰色の人の師として活躍し、腐女子から絶大な人気を得たが、謎の死を遂げる。
草加拓海
太平洋戦争での日本の敗戦を防ぐ為、歴史改変を行った海軍の人。
アベル・ナイトロード
少年時代はチョメチョメらしい。
アリューゼ
「テメェの顔も見飽きたぜ!」…アンタの声こそ聞き飽きたよ
ネイサン・ドレイク
ちょっと陽気な冒険家さん。
マイケル・スコフィールド
天才建築技師の可愛い子ちゃん。
注釈^ 苦情を送った大半が男性だったという。


この項目「東地宏樹」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラの中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年10月27日(土)16:29
取得日時:2019/10/23 02:08


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9183 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef