東北楽天ゴールデンイーグルスの選手一覧
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…捕手[編集](37)嶋基宏
ノムさんに見いだされたっぽいキャッチャーで、初年度は悲惨な打率ながらも強肩で割と活躍。そのまま正捕手かと思ったら藤井や井野といった他捕手に阻まれる。その後は打撃は二割の壁を越えてポロリも少なくなってはきたが、藤井も井野もそんなに悪くないので差をつけられずにいる。というかぶっちゃけドングリの背比べである。打席で一人喋りながら一人いい笑顔でいる。あの笑顔は誰に向けられたものなのだろうか。2010年どういうわけか打撃開眼し、打率10傑に常時居座る高打率を維持。そのかわり強肩と守備が犠牲になった。その反動か、はたまた震災の影響か、2011年の彼のシーズンは開幕戦の3ランで既に終わっていた。てか田中の時だけ本気出すのやめなさいよ。藤井も中谷もいなくなって正捕手の座は固まってはいるが、リードに関して度々説教を喰らっている模様。スペからの復帰以降はどこかイップス気味だが、大丈夫だろうか?NPB選手会長も、メンタルは・・・。
(48)伊志嶺忠
嶋の控えと言う位置付けのせいか、嶋に休養を与える時位しかスタメンを張らせて貰えない。そして岡島の台頭により 4b87 出番がさらに少なくなった。
(65)小山桂司
『安心と信頼の中日ブランド』の名誉挽回のため名古屋からやってきた。なお苗字の読みは「おやま」である。お間違えなきよう。嶋離脱時にスタメンマスクを被ったが伊志嶺よりもイケて(以下略)
内野手
(4)
後藤光尊
の元ドラ10選手。
(6)藤田一也
通称「プロ」。横浜の★から来た内野のユーティリティープレーヤー。「守備の人」と言う触れ込みながら、本拠地初出場となった試合で守備固めで登場し即エラーを記録した。おっさん投手とは違い、チームに馴染むのに時間はかからなかった模様。さらに横浜を出る喜び効果で守備のプロの証明、金色のグラブを獲得。
(7)松井稼頭央
1001が連れてきたメジャーコンビの一人。西武でトリプルスリーを達成したこともある世代最強遊撃手。ジャーマン亡き後の背番号7を引き継ぎ、若いチームを引っ張る頼れるキャプテン。最近は『稼頭央'sバーン』と言う名のエアーハイタッチの布教にも熱心なご様子。
(20)ケビン・ユーキリス
四球のギリシャ神。ヤンキースでプレイしたといわれているが、実際はボストンでの在籍が長い。ブーイングならぬユーイングが存在する。
(33)銀次
まぎわらしい人。朗はつかない。幻の銀侍ではない。名字が赤見内とかなり珍しく、まず絶対に同姓同名はいないだろう。2012年辺りから、2塁での起用機会ふえたけど、早とちりスタートで拙走を披露する(ナゴヤドームでの犠飛を台無し。西武ドームでは3重殺に帰塁もしない)。野球脳、足らんかもしれんそして、打率も落ち気味。
(43)小斉祐輔
からトレード。ウェスタンの帝王は、東に来ても二軍の帝王だった…。
(56)中川大志
将来のスラッガー候補生。
(66)西村弥
西村屋。
(67)岩崎達郎
からトレード。それが誰なのかはよく分かっていないが守備固めのためにトレードされたらしい。
外野手
(0)森山周

塁を盗むのが上手くないルパン。
(8)中島俊哉
「シャープでコンパクト」がコンセプト。去年はなかなかの高打率でブレークしたが、監督が治癒困難なほど重度の左右病なので、規定打席に到達できない。というか、本人も治癒困難なほどの左右病。後藤光尊などと同じく、オリの契約金ゼロ選手の生き残りである。
(5)牧田明久
肩がもの凄く強く守備が上手い。足は速い方だが聖澤やウッチーがいるため守備固めだけに枠を使うのはどうなのよと、1軍に上げられてはすぐ落とされてしまう存在。マキタじゃなくてマキダ。超絶左キラーだが超絶的に右投手から打てない。マッキー、油性ペンと呼ばれることもある。2010年後半戦、早々に若手育成モードに入りスタメン入りすると、突如麻薬に見入られて長打を量産。次期4番は牧田かもしれない。
(23)聖澤諒
(耳^口^)一時期ウッチーとバスターとかやってたけど、たぶん黒歴史。足がめっさ早い。でも盗塁するとよくさされる。2010年は一番バッターに定着。大事な場面でぽpるのはお約束。2011年は途中から9番に落とされる。守備はそつなくこなすものの、大事な場面でのバント失敗、三振、凡退、さらには牽制死などが某動画視聴層の目に余る頻度で多発し、それが負けに直結するんで度々戦犯扱いされることも。2012年は春先に覚醒するも、交流戦の頃には元通りになっていた。
(25)アンドリュー・ジョーンズ
血迷ったフロントがメジャーから獲得した大砲。しかし家庭内がいろいろとワケありである。
(27)岡島豪郎
いかつい名前の元キャッチャー。だが心は純粋無垢な乙女そのもの。ちなみにベッドのお供の名前はジェシカ(現在二人目)。ドラ4ながらリードはなかなかだったが、いつの間にかライトになっていた。オオオオオ オオオオオ オオオオオオオ...
(32)桝田慎太郎
DH専用機。打撃はいいけど守備は・・・。ある意味坂本勇人を越える逸材(悪い意味で)。高卒ルーキーを一瞬で達観させる稀代のファンタジスタ。
(35)島内宏明

2012開幕2戦目で同点のチャンスを逸するボーンヘッドをやらかす。その理由は今江さんに隠されたかららしい。あれ?この項目今江さんに隠されてるんですかね?
OB

一部のみ紹介。その他の奴らはド真面目な百科辞典で。
投手
愛敬尚史

・・・この人に愛嬌はありますか?不敗神話も今や腐敗神話へ・・・
朝井秀樹
江頭2:50を連想させる髪の薄さである球界有数のドロップカーブを持つ男。田中より防御率が良くて(昔)、被本塁打の少なさもリーグトップクラスで、援護点がめちゃくちゃ少なくてもシーズン途中から8勝したのに影が薄い投手。影だけでなく髪も(ry まだ20代半ばというのに・・・ そこそこ注目が集まってきた08年度は不調なのが不憫。近鉄のドラ1。パイプ椅子事件の犯人その2だが、紀藤前投手コーチの提案で未来日記を付けることで覚醒したチキンである。実は本職はものまね芸人で、ファン感謝デーにはスレッジのフォームの真似をした彼が福盛と対決するという究極の自虐ギャグをやってのけた。2010年のトレード期限ギリギリに巨人へ拉致される。
有銘兼久
かなりスタミナはあるが左のワンポイントの方が向いているらしい。夏場のエースとも称される。独特のフォームから繰り出されるスライダーはまさに神アニメで、一見の余地あり。作画崩壊はいまに始まったことではない。コントロールの悪さもいまに始まったことではない。なお、監督時代の田尾がスタミナとスライダーと暴れ球にほれ込んでおり、たまに先発するたびにしつこく先発転向を提言している。実際2006年8月に一人で延長12回188球を投げきっている。
石川賢
安心の中日ブランド・・・・・・・・・・・・・・・のはずだった。唯一中日移籍組で結果を残せ無かった男。あ、でも2年契約3億円で2軍暮らしのヤツも中日だったような気がする。ファンの予想をある意味裏切らない結果でついに2010年戦力外通告。これによって『安心の中日ブランド』は名誉を失われる事になった。
一場靖弘
イヌワシの残念エース。ロマンのエース。入団会見で「楽天はメジャーへの踏み台」という発言と、七点リードを守り切れず敗戦という現実を両立させる奇跡の男(同じ行末を歩みつつあるのが北海道日本ハムファイターズ中田翔)。しかし彼の勇躍を願うファンは数多く、愛されている選手であることは間違いないはずである。Kスタでは珍しい、ブーイングが起こる投手とか言ってはいけない。彼の二桁勝利は、優勝並みに尊いぜ!むしろ防御率は二桁だぜ!・・・と思ったらいつの間にか突然変異を起こしてツバメになっていた。最近テレビに出てこない。それどころか燕がロマンと言う名の新外国人選手を獲得してしまい、2012年に戦力外通告。いよいよ存在自体が危うくなってきた。
岩隈久志
奇跡の復活を遂げた三色旗のイヌワシ軍団の偽エース。別名、違和隈。泣く泣く酷使せざるを得なかった初年度にパンクしてしまったり、代名詞ともいえる2段モーションを規制されてしまったりと散々な目に遭ったが、功徳の末紀藤前投手コーチと二人三脚で復活、2008年に21勝したすごい投手。帽子を被るといい感じに影がかかってイケメン度が五割増しになることで有名。「っていうかスタイルはいいけど素の姿だとそこまでイケメンじゃなくね?」とか言ってはいけない。笑うと怖い。春日みたいになる。実は左利き。2009WBCでは神懸かり的な投球を披露。影のMVPと言われている。むしろどう考えてもMVPは岩隈じゃね?2010年シーズン終了時、ファンへの挨拶の時に「来シーズンはこの秋に個々のレベルアップをはかりファンの期待に応えられるような戦いをしていきたいと思います。」と言いながらメジャーに移籍するという矛盾をやってのける。いや、しかし本当にありがとうございました。さて来シーズンからの楽天はいかに…と思いきや残留確定。FA浪人になると思いきや、ツバメに拾われたサルとは大違いだ。彼がエースだからなのか、スカウトの趣味なのかは知らないが、「長身とスライダー? 5c37 ?を武器とする量産型が複数存在する。2011年オフ、FAを行使して渡米。イチローとムネリンの愛の巣へ移籍した。とりあえず創設時から頑張ってくれてありがとうございました。
小倉恒
一時期、ナックルボールを投げていました。1年で解雇された後で再雇用され、セットアッパーとして活躍。さすが野村再生工場ともてはやされた。しかし2年後また解雇されてしまい、現在はオリックス・バファローズの打撃投手として働いている。
加藤大輔
オリックスから戦力外になったところを楽天が獲得。主に敗戦処理やロングリリーフでの登板だが、貰い火をなかなか消火できないと言う難点を持つ。
金炳賢
楽天球団がゴミ捨て場から拾ってきたポンコツアメリカ独立リーグから獲得したウリナラ製最終兵器。ファンのブーイングに対して中指を突き立てたり、取材カメラマンを痛めつけたり、ファックさんにホームランを打たれた腹いせに次打者のガッツさんにワザとぶつけたりとアタマがオカシイ精神面に課題がある選手。ストレートが140q/hすら出せないみたいなんだけど大丈夫か?と思ったら一軍登板がないまま退団が決定!ホントにコイツ何しに日本に来たんだよ?韓国に行ったら行ったで試合中に審判目がけてボールを投げつけたそうな。マジキチ。
ドミンゴ・グスマン
よく燃える外人。ドミンゴwwwwwwwかと思ったら二軍落ち後に先発として定着。公相手に5年ぶりの完封を成し遂げたりとまさに両極端の活躍を見せるがいかんせん援護率が悪すぎたりもした。野手から嫌われてたからとも言われる。2008年オフに戦力外になってしまった。…と思ったら四国アイランドリーグとちゃっかり契約。虎視眈々とNPB復帰を狙っていると思われる。でもそんなことは多分誰も気にしない。そういやヘッスラで盗塁するし荒木より足速いという噂もある。(荒木が負けを認めるレベル。)ドミンゴwwwwwwwwwwwwwwwww
鎌田祐哉
2010年シーズン中に渡邉恒樹との交換トレードでヤクルトからやってきた伸び悩み投手。はたして中継ぎとしてチームに貢献できるのか。長身とスライダーが武器の量産型岩隈の一人。量産型なため怪我癖持ち。
川岸強
2008年に試合で降板した際、紀藤真琴投手コーチから蹴りを受けブレークした中継ぎサイド右腕。逆球王子。安心の中日ブランドの1人。奥様が相当の美人。しかも中日を解雇された日にプロポーズしたという、お前らには絶対に実行不可能な男気を持つ。投球モーション中に転んだりもする。2010年シーズン、誰かさんの穴を埋めるべく急造ストッパーとして起用されるも、爆死するケースが増えた。気の毒でした。身内が水道橋の大正義球団変顔バカ若大将を脅検閲により削除。川岸改め恐岸
佐竹健太
2008年パリーグ最終戦で「一球勝利」を達成。その一球は伝説のストレート 140km/h 真中中央 ゴロ(二併打)である。投げた後の手が気になる。かつては広島でプレーをしていた。
下柳剛
2011年オフに西宮からの直送便でやってきた人その1。シーズン半ばに早々と捨てられた所を楽天が拾ってあげた。でも球団としては「僕と契約して投手コーチになってよ」ってな具合なんだろうけど、本人が現役続行に意欲的なもんで、とりあえず1年投げさせてみるかと相成った。それにより「高齢者雇用施設」の不名誉な呼び名は辛くも守られることとなった。楽天投手陣との年齢に開きが在るためか、それとも身形がアレなためか、馴染むには時間がかかっている様子。春先に何試合か投げてたが、やはり使い物にはならなかった模様。
ライアン・スパイアー
スパ様、スパ王。2011年に降臨した新たな守護神。果たして彼は第二の福盛になるのか、それともスパらしい投球で楽天援護陣の救世主となるのか?まあこの欄に載ってる時点で結果なんて言うまでもないですよねーwww
田中将大
アシュラと化した田中ご存じマー君。あだ名は『まさお』。柴犬。アンチハンケチ。一年目こそ、一部を除きまるで使い物にならない投手陣の中で孤軍奮闘したものの、その後は元祖エースの復活もあって影が多少薄くなったのびのびと野球ができるようになった。でもいろいろと(主に、二十歳にもなってしかもこのガタイと風貌で「マー君」はねえだろテメエらマスゴミ共!な件について)悩んでいる様子。WBCではイジられ役。可愛いもんね。マー君はある行動をして、こんな言葉がある。「マー君おとまりのむやったぜ」。試合に勝利すると嬉しさのあまり阿修羅に変化することもある。そりゃ打てないわ。なお高校日本史の写真図説を見ると、仏像のページには阿修羅以外にも田中が偶像はたくさんいる。2011年シーズン、キャリア初タイトルを最多勝、最優秀防御率、最優秀勝率の三冠にて獲得、沢村賞まで獲得し、名実共にイーグルスのエースへと上り詰めた。嫁は育成から稼ぎ頭へと変貌したハロプロの雑草。しかし最近はAKB48を経由してももクロにご執心。球界、いや日本最強のドルヲタと言っても過言ではない。罰当たるぞ。超絶エリートの田中とは正反対の人生なんだが.....これからもっとイイ女といくらでも......じゃなくて心よりご祝福申し上げます。おめでとう。ダルビッシュ有を超えるスピード離婚を.....じゃなくて長く幸せになられる事を祈ります。ただハッスルし過ぎて腰を痛めるのはどうかと思うけども。24-0-1という33-4並みの他球団からしたら悪夢のような数字を残した。まぁメジャー行ったけど。ところでお前負け無しとかドーピングしてないだろうわ何をするやめr
マット・チルダース
私のおじいさんが初めてくれたキャンディー、それは、チルダースオリジナル。1軍に全然上がれないのである意味、散るダースと言っても良いであろうwww…。一応1軍には上がったが見事に打たれている。そしてマウンド上で転んだ・・・・そういえば川岸も札幌で転んだんだよな・・・呪われているのか?否、マウンドをパーフェクトフリーズしてしまった自業自得である。
土屋朋弘
ヨガファイヤーボールを投げるらしい。しにてもこのアダ名はどうなのよ。
寺田龍平
ピッチャーなのにスイッチヒッター、しかしパリーグなチームな上、実力も(ry
栂野雅史
2010年シーズン中に2323との交換トレードで巨人からやってきた。特徴は特になし。一発で名前が読めない程度。
ケルビン・ヒメネス
姫。1001のお気に入り。昨年1勝しか上げていないにもかかわらず、三番手ピッチャーの宣告を受けた。それだけ駒不足と言うことか……。
福盛和男
楽天を裏切ったが帰ってきた人。そして劇場王。誰もの予想に反し守護神を務めている。しかし2点差で1点とられた後のノーアウト満塁、誰もが試合を諦めた・・・とか思ってたら抑える。相変わらず劇場型である。そして2009年10月21日、楽天イーグルス初出場となるCS第2ステージ大事な大事な一回戦、彼はとうとうやらかした。9回裏4点リード、チームの誰もが勝利を確信していた場面にて満を持して登場。流れるような1失点ののち、さらにそこからランナーを溜めに溜めた挙句、それまで好投していた先発投手・永井の力投、苦手投手を見事に克服し奮起した打撃陣、そして固唾を飲んで見守る楽天ファンの期待を見事にぶち壊す逆転満塁サヨナラホームラン!といった今時マンガでも滅多にお目にかかれないような奇跡の名劇場を作り上げる。これらは『江夏の21球』を捩り『福盛の21球』(江夏の活躍とは真逆福盛のすばらしい功績を称えた代名詞)と呼ばれ、後の球史に語り継がれるであろう彼の代表作にして最高傑作となった。詳しくは後述。絶対に許さない。車椅子の人を「ガンタンクみたい」と言ったらしい。男の決め球の球質が重いことでも有名。イケメンも相まって女子アナと結婚した。
星野智樹
監督も星野のため、「T-星野」になるとかならないとか。しかしそれは実現しないまま戦力外。
松本輝
2007年のオールスターの投票で田代砲により中継ぎ部門1位を取っている。彼の成績だと晒し上げにしかならない上に、怪我で欠場という結局なんだったんだという散々な目に遭っている。ちなみにプロ初勝利(2007年)が歴代でも上位に入る遅さ。
フアン・モリーヨ
過去に167km/h投げたらしい、ある意味初代背番号11を超える究極のロマンを感じさせる新助っ人。モーリヨではなくモリーヨ。名前からして不安。結局2011年開幕直前に退団。地震のショックが大きかったのだろうか?ともあれ、これで彼もまた永遠のロマンになってしまった・・・
藪恵壹
アメリカから戻ってきたばかりの日本人のおじさん。しかし、そこには因縁の年俸3億の男はもういなかった・・・。2010年限定選手。イーグルスとしての初登板時は大炎上していた。
吉田豊彦
『まだまだ投げたい!』はプロ野球界を代表する名言となった。多分まだまだ投げられたよね。
ダレル・ラズナー
ヤンキースで5勝したとかで期待された助っ人右腕。毎回期待させるような球を投げるが結局打たれる。2011年7月、来日初リリーフで人生初セーブ。あれよあれよという間に守護神に。怪我で二軍落ちしてからは守護神の座を青山に譲った。
渡邉恒樹
地元の仙台で街頭インタビュー中のキャスターに一般人と間違えられてインタビューされるという本家もビックリな小物っぷりを発揮。父親は巨人ファンで渡邉恒雄という名前である。二軍暮らしが続いていたため、創設時にドラフト一位で入団した剛腕投手の様にヤクルト行きになった。
野手
礒部公一

当チームの黒歴史。とにかく話すことは涙無しでは語れない。今年からは一軍コーチ兼カルピスソーダ学園高校監督である。そのため彼がいたことは恐らく誰も気にしない
ニック・ダルマー
1001が連れてきた新外国人選手。以前神宮のふにんき燕集団に所属していた頃は3割40本100打点を記録した程のスラッガーだったが、渡米後に見違えるようにピザったことに加え、膝を痛めてしまい、打撃フォームに色々支障をきたしている模様。ベンチからフィールドを眺める彼の姿はコーチさながらである。
内村賢介
1hyde+7cmという驚異の低身長。プロ野球でもっともhydeに近い男。シーズンはじめは育成選手だったが知らないうちに殿下を抑えセカンドのレギュラーに。ヒットはほぼ内野安打である。よりもホームランが出る確率の低そうな選手の一人。まあ打ったけどね、ホームラン。ランニングでだけど。相手レフトのお粗末な守備に助けられてね。 274b サンキューチック。ちっちゃいものクラブ所属。弱肩ではあるが、こさっちを彷彿とさせる軽快な守備で活躍中。まったく、小学生は最高だぜ!と思っていたら、話し相手が欲しいナベチョクの手引きにより熱き★になってしまった。
大島公一
かつてイチローの前で2番を打っていた名選手。現役続行を熱望し楽天へ。1年限りで引退しさっさとオリックスバファローズのコーチに就任した。
大廣翔治
ボールを遠くに飛ばすことよりも、バットを遠くに飛ばす事が得意。自分の首も飛びそうである。別にストッパーではないし、そもそもあのマンガにはまだ楽天は出てこない。毎年オープン戦だけは絶好調だが、いざシーズンに入ると別人のように打てなくなる。
カツノリ
引退試合で千葉ロッテマリーンズに5回も盗塁を許してしまった…。楽天を引退した選手としては珍しく、どうしようもない成績しか残せていない。2009年巨人に契約してもらった。
ルイス・ガルシア
がるしぃです☆大事な所でヒット打ったり、なかなか活躍してる人。ぎっくり腰で登録抹消。
河田寿司
主に利府町を中心に寿司屋を営んでいる大将。食べ物の寿司は嫌い。一時期キャッチャーから内野手登録になったのだが、つまり捕手としてカツノリより下?ということなのだろうか・・・。2012年、久方ぶりの一軍選手登録でDH要員のして試合出場。結果はある程度残している様だが、捕手二人制のイーグルスで捕手登録なのに打撃要員と言うことはやはり検閲により削除
マーカス・グウィン
ライス大学からやってきた、具入りのおにぎりが大好きな外国人投手。そのため鉄平とはライバルの関係。四球が大好き。打ち取る位なら四球でランナーを出してピンチにしたい位。ボールがストライクゾーンに入らないが如く、球団から来季の構想に入らなかった。名前のように人気はグウィンとは伸びなかった。
草野大輔
天才。ムラッ気どころの話ではなく、打たない時はピッチャー激励しか能のないチームのお荷物だが、打つ時はマジで爆発的に打つ(主にシーズン終盤の帳尻)。チームが老人雇用施設と揶揄された頃に29歳で獲得した選手である。ちっちゃいものクラブ所属。最近、独特の宮崎訛りと語尾の「?」でキャラ確立。田中将大、岩隈久志を差し置いていいともに出演。しかし観客も出演者も誰も知らず悲惨な目にあった。ジャンクスポーツに出演した際のバレーでは名前を連発されるほどの大活躍。それでも誰も知らないから盛り上がらない。
憲史
本名、川口憲史。1994年にドラフト指名されている為、32歳だけれどかなりのベテラン。2001年の近鉄バファローズの優勝時はかなり大活躍したが、それ以外はかなり強打者としては微妙な成績。楽天の時では2008年現在最高の順位、4位の時が一番成績が良かったため、チームの成績が良い時にしか活躍ができない。しかもCS進出を決めた2009年シーズンの方が更に成績が良い。もしかしたら本当のキーマンは誰よりも憲史なのかもしれない。しかし2010年は完全に置物化。そして戦力外・・・。
小坂誠
楽天初の宮城県出身選手。言わずと知れた神守備「小坂ZONE」を誇る男。アライバ以上の防御兵器。暴走すれば誰も彼を止めることはできない。ウッチーとの二遊間の低身長ぶりは凄まじい。ちっちゃいものクラブ所属。2010年、ついに14年もの現役生活にピリオドを打って現役引退、そして守備コーチに転任。本当にお疲れさまでした・・・。
塩川達也
内野、外野どこでも守れる楽天のキムタク。しかし小坂やウッチー、高須や渡辺と壁が厚く今では2軍ぐらしが主。おいオッサン何してんねん。
丈武
たけたけ。何を血迷ってこの登録名にしたのだろうか・・・。見てるこちらが『大丈夫?』と訊ねたくなる。ちなみに江夏の弟子。
リック・ショート
ホセと一緒にロッテからやってきた、冷静でクレバーなクールガイ。一人称は「私」が似合う。パ・リーグ首位打者争いの常連だが、長打力の低さからか驚異的にコストパフォーマンスが高い。どっかの球団の韓国人も見習ってほしい。外野もファーストもセカンドもサードも守れるが、残念ながらショートはできない。しかも守るしかできない。残念ながら2009年シーズン限りで退団。
関川浩一
プロ引退の1年前は4打席連続犠打を達成したことがある。ミスター・ヘッドスライディング
フェルナンド・セギノール
巨大なパナマバナナの怪人。ウッチーと並んだ様は親子。2008年シーズンこそ神のような活躍を見せたが、何球団か渡り歩いた原因である、持ち味の勝負弱さは健在。せっかくのスイッチ・ヒッターでありながら右で打? 22a4 ?うが左で打とうが、弱い時はトコトン弱い。おかげで2009年は、巨大扇風機に逆戻り。そして遂に2軍降格。チルチル昇格フラグかもしれない。楽天が韓国の四番獲得にかなり積極的なため今シーズン限りであろう。しかも楽天はリンデンとかいう外野手だが、それなりな足で守備も上手い上、こともあろうかスイッチヒッターな助っ人を獲得。これは完全にお役御免という事だろう。さらばセギノール永遠に・・・。とか思ったら夏場にきて打ち始め、リックがケガで帰国・・・。残留フラグ?クライマックスシリーズでも攻守と勝負強い打撃でチームを救い、更に残留が濃厚となった。結局助っ人だと物足りない成績、年齢もあり解雇。
高須洋介
高貴で寡黙な07,08の選手会長。得点圏打率が物凄いことで敵味方ともに有名。前の打者を敬遠し、何故かチャンス5補正が掛かっている殿下に回し、きっちりタイムリーを打たれた王監督の名采配は有名。ざまあwww。06,07年度得点圏打率ダントツ。今年はチャンスであんまり打ってないなぁ・・・と思ってたらここにきてしっかり得点圏打率を上げておられる。某美容整形外科との関係は無い。偶然にも、生き別れた兄弟とチームメイトとして再会した。ちっちゃいものクラブ所属、楽天無言会会長。やんごとなき人。
鉄平
自他共に認める小物であり、その小物具合は西岡剛の 大物っぷりすら上回ると言われている。なんだそりゃ。ぶっちゃけ本家WIKIがもう既に若干アンサイクロペディア化しており、ここで語るべきことは少ないかもしれない。Kスタのコラボレーション弁当?のおにぎりは正直かなり詐欺である。しょっぱすぎる。でも手拭いはいいよね。楽天無言会所属。最近ブログでのテンションがおかしい。トイレの水が止まらん。……いや待てよ。2009年に覚醒。これまでの小物っぷりを払拭するが如く打ちまくり、草野の持つ連続試合安打球団記録を更新したばかりか、あの超大物、ミスターさえ達成できなかった24試合連続安打を記録。最終的に打率.327でパリーグ首位打者となり、ファンの誰もが予想しえなかった1億円プレーヤーになってしまった。・・・が、目立たない為かやはり誰も知らない。やはり小物は小物である。ちなみに外野手としての5失策はワースト。古木克明を目指しているのか?しかし意外に強肩で捕殺も多かったりする。2011年はチームのキャプテンに就任。でも震災やらなんやらで満足に練習が出来ず、小物ながらいろんなものを抱え込んだ結果一軍にいない日の方が多いシーズンとなってしまった。でも結局一番堪えたのは直人の移籍なんだろうな…。そして、2013年シーズンオフに「小物すぎる」という理由で、忍者の人質としてオリックスに放出。
中谷仁
2009年ブレイクした元虎の捕手。試しに1軍にあげてみたら代打でHRを放ち、いつの間にか正捕手に1番近い男になっていた。塁審へのスイングのアピールが激しい。打ち取ったときにピッチャー以上に、はしゃいでいる。お話好きらしい。おい、中込、見てるか。頑張ってるぞ。頑張って……え、戦力外!? 球界の盟主に拾われたけど、巨人入りなんて阪神時代は考えもしなかっただろうな。
中村紀洋
さりげなく残る猛牛の匂いに誘われて中日からFA。ネットオタクに綺麗だの汚いだの騒がれているが一本気な男である。ただ結論から言いますと、この人腰が爆発してます。2年契約3億の結果は神のみぞ知る。契約最終年の2010年、解雇回避の為かようやく本気を出し始めたようである。終盤までこのペースを意地してノリブランドを見せつけることができるか。→ダメでした・・・。
中村真人
豆。遅刻魔。悪球打ちが得意。その打った球の高さに打撃の天才リックさんが「アンビリ?バボ?」と言ってしまう程。スイングが激しく、振るたびに180度回っている。でもホームランバッターでは無い。いじられるキャラ選手。
平石洋介
見た目も中身も男前。元PLキャプテンとしてのほうが有名だったが、最近は主に代走、守備要員としてようやく出番が増えてきた。プロ野球選手には珍しく2日に1回はブログを更新するほどのブロガー。現在は育成コーチに。
ホセ・フェルナンデス
ドミニカ出身の渡り鳥。気がつけばもとの巣に戻ってきていました。勝負強さと拙守は相変わらず。日本語研究が趣味らしい。
藤井彰人
岩隈の恋女房。近鉄最晩年の正捕手だが、メチャクチャ年は食ってない。楽天最高峰の2319であり楽天最高峰のイケメン。小さい体を目一杯に使った守備には定評があり、捕手の割りに打力もまずまずだが、カツノリに息子補正で出番を奪われ、嶋にも育成補正で奪われ・・・と不遇。しかし今季はけっこう出てる。やっぱり併用だけど。さりげなく2008年の盗塁阻止率リーグ1位だったりする。そして更にさりげなく楽天史上初の盗塁成功もこの人だったりする。ちっちゃいものクラブ所属。2010年? 3fd2 ??ーズン終了後、FA宣言し、連絡2世誕生かと思われたが、熱心な教徒の大勢いる球団に控え捕手として入団した。ジョージ・マッケンジーの怪我が思いの外酷く、気がつけばなんと楽天ではなれなかった正捕手の座に。ただ度々怪我に見舞われたり危険球食らったりと、ツキにはとことん見放されているっぽい。
ケーシー・マギー
血迷ったフロントがメジャーから獲得した外人の一人。
宮出隆自
一場靖弘との電撃トレードで東京ヤクルトスワローズからやってきた。とにかくでかい。相手先発が左ピッチャーの時に中島俊哉とスタメンに名を連ねたり、対左の代打の切り札だったりと、大エース様放出は結果的に大正解だった。牛丼物語からなどからわかるように心優しい。2010年は結果が出ずに自由契約となるも、何と古巣ヤクルトが再び拾う。
森谷昭仁
前人未到の四割バッター。あまりのチートっぷりに塁に出ると即刻アウトが宣告されるほど。プロ野球界一の鈍足ながら、隙のない走塁と堅実な守備には定評がある。ただ、2代目監督から代走の最終兵器として期待されたものの、盗塁のサインをどうしても覚えられず、サジを投げられた。それでも彼の絶妙なポジショニングはあまりにも有名。柵越えの打球を外野席でポップコーンを食べながら悠々とキャッチしたことも。
山崎武司
背筋力300kgを誇る人型汎用兵器、型番「TAKESHI-7」。旧式のものは末尾が「22」(カラーリングは青系)もしくは「5」(同じくカラーリングは青系)である。スクラップになっていたところを田尾前監督に発見され赤系のカラーリングに再塗装されて組み直される。さらに野村監督によってAIに「ヤマ張りパッチ」をあてられると、ブンブン丸に進化HR・打点二冠王を獲るまでに蘇った。今季もロールアウト2x年目にして最高の打率戦果をあげそうな気配である。ロボットのくせしてラジコン好きかよ!とか言ってるとベンチ裏に連れて行かれて一発ぶn(ry。かつては某少年マンガ雑誌に「併殺王ヤマサキ」として連載されたことがあったり、ソロホームランが多いため本塁打数の割に打点が少なかったり、実家近くでの火事で知人らと協力して子供を助け出し、地元消防署から表彰されたことがあったり、監督に邪魔者扱いされて球団を放逐されたり、少年時代相撲部屋にスカウトされたり・・・ともかくネタの多い選手である。隔年で活躍するというジンクスがあり、「もうそろそろ引退か」と囁かれる次の年には大抵活躍する。だが寄る年波には勝てず、若返りを図るバカフロントの構想から漏れ、2011年限りで退団。
横川史学
大学通算打率が.198。プロ通算打率が.229、大学よりプロの方が楽ということだろうか。たびたび麻薬状態に陥る。一応広島の元エースからホームラン打ったりしている。楽天伝統のロマン枠(暫定)の選手。
トッド・リンデン
手加減していたノリさんの悠長なペースに合わせた戦いぶりを続けていたチームが、本当にマズイことになってしまったため、2009年途中で急遽やってきた助っ人。打つ試合は神のように打つが、打たない試合はとことん打たない。三振が非常に多い。が、打率が低いわけでもない。守備が上手い・・・・はずなのだが彼の方向に打球がとぶとハラハラさせられる。まだ日本に来て日が浅い故なのだろう、そうと信じたい、慣れれば打撃の神様以上の活躍を魅せてくれると信じたい。実は守備がうまい事も判明。チームに馴染んできたのか、シーズン終盤に差し掛かってきた頃になって決勝打を放つケースも増えてきた。ホントの救世主かもしれない。もっとも、ノリさんが居なかったら、存在してない助っ人である。よってノリさん獲得は、正解だったと言えるのである。バント練習で目にボールが当たり、目にあざがあった(こともある)。翌2010年は完全に置物。そしてまた監督に侮辱行為。「メジャー風の侮辱だから日本では今回も大丈夫だろう」と思って事に及んだが、監督はメジャー帰りのアメリカ人であったため、逆鱗に触れ解雇がほぼ確定。
ランディー・ルイーズ
緑の帽子の人でも、ツンデレのピンク髪でも無い。初本塁打(横スタ場外)がブラジャー弾と呼ばれるなど、これからの扱われ方が酷くなりそうな予感。彼が打つと「デレた」と言われるがその辺はお名前でお察し下さい。でもガルシアの方が使えるので、2011年自由契約。セシフィック万年最下位さんに拾われた。
渡辺直人
疾風(かぜ)を切り裂いて走るらしいエロいショート。歯並びもエロい。打率は微妙だが出塁率が異様に高い。「怪我しないようにデッドボールを受ける技術」には定評がある。軽快な守備だがポロリ多し。バントが下手。でも、2008年の盗塁ランキング2位だったことも・・。ちっちゃいものクラブ所属。2010年オフ、ガムオや肉団子を獲得して金銭トレードに出してしまったけど、大物買いの銭失いだった。中華街に飽き、所沢の丘陵でのびのびやっていた2017年オフ、杜の都へと帰還した。
関連項目 ・話・編・歴 日本プロ野球カテゴリ

セントラル・リーグパシフィック・リーグ

セ・パ交流戦 - オールスターゲーム
クライマックスシリーズ ( クライマックスシリーズの呪い - 惨劇の巨人 )
日本シリーズ ( 2005年の日本シリーズ )
10.19 - 10.8決戦 - 31ca メークドラマ・メークレジェンド
先発投手 - 責任投手 - 完全試合 - 統一球 - 小松式ドネーション
盗塁 - 守備妨害 - 野球拳 - インジケーター
10年に1人の逸材 - 一軍半 - 育て屋 - わしが育てた - 11月21日
メジャーリーグベースボール ( AAA ) - 高校野球
ワールド・ベースボール・クラシック - プレミア12
 ・話・編・歴 東北楽天ゴールデンイーグルスカテゴリ

球団概要 :選手一覧 - 宮城県 - 仙台市
歴代監督 :田尾安志 - 野村克也 - マーティー・レオ・ブラウン - 星野仙一 - 大久保博元 - 梨田昌孝
投手(現役) :投手一覧
捕手(現役) :捕手一覧
内野手(現役) :渡辺直人 - その他内野手一覧
外野手(現役) :外野手一覧
OB(在籍経験者) :稲田直人 -ドミンゴ・グスマン - 小坂誠 - 鉄平 - 中村紀洋 - 橋上秀樹 - 藪惠壹 - 山崎武司 - ブライアン・ファルケンボーグ - 後藤光尊
用語 :わしが育てた

大変です!この東北楽天ゴールデンイーグルスの選手一覧もが「わしが育てた」と、言い始めました!誰かその前にこの記事を育ててあげてください! (Portal:スタブ)


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:51 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef