東京都交通局
[Uncyclopedia|▼Menu]
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は東京都交通局だから。君は間違っていないよ。)

あなたの、あしたを、あたらしく。全会員に財務納金を命じます。
全世界の平和と全人類の繁栄と幸福のために、アンサイクロペディアウィキペディアの双方に毎月500万円ずつ納金しなさい。
さもなければ仏罰が下るでしょう。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京都交通局」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒東京都交通局」の項目を執筆しています。

銀杏教 (ぎんなんきょう)とは東京を駆け巡る地下鉄やらバスを使うカルト宗教団体の一つ。東京都内だけであるが、与える力は創価学会並に凄く、信者は東京都民全員であると言われている。元首は、かの有名な石原慎太郎であり、石原教とも呼ばれているらしい。
目次

1 概要

2 シンボルマーク

3 歴史

4 銀杏教信者

4.1 信者になるには


5 銀杏教にあるもの

5.1 都営地下鉄

5.2 都営バス

5.3 都電

5.4 日暮里・舎人ライナー

5.5 上野懸垂式モノレール


6 関連する組織

6.1 味方組織

6.2 敵対組織


7 脚注

8 関連項目

概要

東京都交通局は1920年代に、天皇と都知事の権力を広める為に路面電車を敷いたのが起源とされている。路面電車の数はあっと言う間に30を超え、都民からの支持を集めたと言われている。ところが、太平洋戦争で街が焼け焦げてどうしようもない状態にあり、都民が田舎に逃げていった? 8643 ??そいつらを引きずり戻す為に、東京中に地下鉄やバスなどのネットワークを作り、(元)都民に必死にアピールした結果、再び都民からの信仰を集めることになる。これを追い風に、エライ人達が東京都交通局を宗教団体へと変換して「銀杏教」となる。

現在、ノリに乗ったエライ人達の手によって、地下鉄は4路線、バスは100系統以上、バスの保有台数1500台、更に信仰通システムやモノレールも保有する巨大組織となっている。規模的にいうと仲間?の大阪市交通局にも追いついており、同じく仲間?のはまりん教や仙台市交通局、札幌市交通局を大きく上回る組織にまで成長している。ちなみに、エライ人達が裏でいろいろしたせいで「帝都高速度検閲により削除」という組織に地下鉄路線を一部強奪されてしまった。その仕返しかは分からないが、同じカルト宗教団体のオウム真理教に依頼して営団の駅にサリンを撒くなどの偉業を成し遂げている。[1]
シンボルマーク 銀杏教のシンボルマーク

銀杏教は東京都と同じで銀杏の葉っぱ (イチョウの葉っぱ) をモチーフにしたシンボルマークを使用している。銀杏教と呼ばれる由縁である。何故銀杏なのかは定かでない為専門家が調べていたが、銀杏教側が「東京都の木が銀杏の木だから」と説明した為、専門家達を落胆させている。ちなみに、銀杏の葉っぱが虫に食べられたようになっているのは、地下鉄の一部が営団地下鉄サディスト達によって盗られたという、銀杏教のマゾヒスト性を信者に表してるものの思われる。
歴史

先程述べたように、元は「東京都交通局」として1920年代に路面電車を走らせたのが始まりである。都知事の権力は大きく、次々に路面電車路線を作り最終的には30路線近くの路線を作りやがった。その結果、多くの都民を都知事の元へと集めることに成功した。

1940年代にはバス事業にも手を出し、東京市の住民だけでなくオクタマの先住民も都知事の元に置いた。これで東京都交通局もウハウハだぁーーーー! ところが・・・

1945年に空襲で路面電車の路線の大半と大量のバスを燃やしてしまう。空襲で焼け焦げた東京なんて人が居なくなり、バスの中に乗るものはいつも空気。さすがにこのヤバい状況に気づいた都知事はさいたまの先住民を奴隷として連れ出す。

連れ出した奴隷を使って地下の埋蔵金を見つけようというのが都知事の考えで、埋蔵金を掘り当てる為に地下軌道を作った。これが都営地下鉄の始まりとされている。(詳しくは都営地下鉄#歴史を参照のこと。) 埋蔵金こそ見つからなかったものの金脈を見つけて、更に、謎だった「銀座線」という地下軌道の発見にも成功した。 (新橋駅付近で)

この調子で大量の地下軌道を掘り、金を取った東京都交通局は「都営地下鉄」を作り、疎開した都民を取り返すことに成功した。 (1960年)

その後、サディスト団体に8つの地下軌道を奪われたがその後金が出ることはなく、現在は泣く泣く地下鉄を運営している。

1980年代に入るとバブルや高度経済成長のおかげで大量の都民を取り返すことに成功し、調子に乗った都知事が「銀杏教」をつくったとされている。
銀杏教信者
信者になるには

現在の前の前の都知事のケチ原は面倒くさがりで、銀杏教を統率する力もないのでこれらの掟の全てに当てはまる人しか銀杏教信者にはなれない。
東京都民であること。

東京都にしっかり納税してる人

水道は東京都水道局
を利用してる人

東京マゾヒストよりも都営地下鉄を優先して乗る人

東京の元首は石原だ! という人

東京の元首は小池だ! という人

である。これらの掟を全て守る人しか銀杏教信者にはなれないが、別に信者しか地下鉄やバスに乗れないという訳ではないので心配ない。ちなみに、最強な信者の人は都庁前駅を愛してるが、最近はそんな人も見ないので最強な信者は減少傾向にあることが分かる。
銀杏教にあるもの
都営地下鉄 東京の地下壕 (東京マゾヒストも含む)

詳しくは都営地下鉄を参照のこと。

都営地下鉄は銀杏教最大のシロモノであり、全ての駅がバリアフリーに対応してることから、都知事が都営地下鉄に相当な力を入れていることが分かる。何故カルト教団がこんなデカイものを持っているのか疑問に思う人もいるが、それは教団の親分税金を取り立てているからである。信者から熱く信仰を受ける為にできるだけ税金を使わないようにしてるらしいが、あんな地下深くに地下壕を作ったり三田線浅草線の車両基地を一緒にするはずが、間違えて別々に作ったりと、明らかに税金の無駄使いをしている。

所有路線は浅草線、新宿線、三田線、大江戸線の4つ。大江戸線以外は比較的地味であるが誰も気にしない。

ちなみに、新宿線は路線自体が千葉県にめり込んでおり、石原都知事が千葉を植民地にしようとする姿勢が良く分かる。
都営バス

どんなバスヲタでも都営バスの系統を全て覚えるのは難しいだろう。それもそのはず、信者に対して精一杯ご奉仕するというカルト教団の掟に基づいている為、信者の要望に応えてこんなに系統が増えてしまったのだ。ちなみに、酉東京バスに陣地を奪われたはずの青梅地区に最近バスが走り出した。プレイステーション2に「東京バス案内」という、都営バスをモデルにしたゲームがある。これは事故の多い都営バスの実態を周囲にさらけ出す為の措置であり、都営バスは相当なマゾであることが分かる。地域にご奉仕する為に全線200円均一にしたが、最近は他のバス会社もマネしてきたのでご奉仕の意味は薄く感じる。詳しくは都営バスを参照のこと。
都電 過疎化している都電

都電は銀杏教始まりのルーツであるのにも関わらず、空襲で殆ど燃えて現在は生きた化石荒川線のみ。しかも、テキトーに新車を導入してるだけのテキトーぶりで、石原都知事からどれだけ忘れられてるかが分かる。地方都市の路面電車の方が良さそう。都電も写真のように過疎化しており、利用するのはウィキペディアンより頭の固い人と信者、おばさんくらいである。ちなみに、路面電車を名乗りながら道路上を走るのは王子駅付近だけであるのは気にしてはいけない。
日暮里・舎人ライナー

2008年に開業した新路線。チバラギ県民が「もっと近くにゆりかもめが欲しい」と勝手に言いだして抗議デモを起こしたので仕方なく作った路線である。ゆりかもめと違ってタイヤの騒音が少ないのでいい。銀杏教信者ではなくチバラギ県民の声で作ったのでテキトーな作りである。全ての駅が共通設計で面白みも無く、車両も東京都の現代社会を示すかのように面白みの欠片もない銀色ステンレス車両。でも、乗り心地はいいので人気な車両である。
上野懸垂式モノレール

上野動物園のパンダと職員の御用達列車。走り方が変である。懸垂式モノレールだが、どう見てもレールに抱きついて走っている様にしか見えない。その見た目からリア充を連想する人が後を絶たず、「あのモノレールに乗ると爆発する」といったデマが流れた為に敬遠されがちなモノレールである。でも、乗ってる人の数は多い。


ご覧の通り、電車は電車でも「電車」「モノレール」「新交通システム」の3つに分かれていて、整備が面倒だ。機械も共通して使えず、余計に税金の無駄使いになってしまう。何がご奉仕だ。おかげでクレームが多発してしまった。東京マゾヒストよりもマゾである気がする。
関連する組織
味方組織
大阪市交通局
同じ交通局カルト教団として似たような道を歩んできた。地下鉄やバスも動かしているが、地下鉄の規模は銀杏教どころか、東京マゾヒストよりも大きい。
札幌市交通局

仙台市交通局

横浜市交通局

名古屋市交通局

福岡市交通局
以下、大阪市交通局と同じ理由。
創価学会
日本一のカルト教団。銀杏教並に与える影響は凄い。拠点のある信濃町には大江戸線が走っているので繋がりが見られる。
オウム真理教
同じカルト教団?として、実は裏で仲良くしている。地下鉄サリン事件も銀杏教の命令でオウムにサリンを撒かせた可能性がある。それだけ深い繋がりがある。
敵対組織
東京マゾヒスト
営団時代に8つもの路線を奪われ、非常に仲が悪い。都営・営団戦争などの抗争も起こっていたが、現在は和解済み。ところが、南北線と三田線の共用区間で駅の所有権争いが起こるなど、再び仲が悪くなっている模様。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注^ オウム真理教と協力したかは分からないが、同じカルト宗教団体として協力したという見方が大きい。

関連項目

カルト宗教

都営地下鉄

東京地下鉄

都営バス


この「東京都交通局」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)


更新日時:2018年6月28日(木)09:11
取得日時:2018/11/09 13:47


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:18 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE