東京箱根間往復大学駅伝競走
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Uncyclopedia|▼Menu]

金満帝国この会社、団体は大量の裏金を使っています!
もし、あなたがこの会社に対して支払った場合、金満買収をしてズルイ道を行くかもしれません。
そのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京箱根間往復大学駅伝競走」の項目を執筆しています。「箱根駅伝には3つの坂がある。上り坂、下り坂、そしてまさかだ。」
? 箱根駅伝 について、大東文化大学元監督

箱根駅伝(はこねえきでん)とは、日本において1月2日、3日にかけて開催されるエクストリームスポーツであり、中央、早稲田、日大、法政などが名門として知られる。
目次

1 概要

2 コース

2.1 大手町-鶴見

2.2 鶴見-戸塚

2.3 戸塚-平塚

2.4 平塚-小田原

2.5 小田原-箱根・芦ノ湖

2.6 復路


3 応援

4 歴史

4.1 古代

4.2 戦国時代

4.3 江戸時代

4.4 明治以降

4.5 現在


5 問題点

6 ネ申解説

7 関連項目

概要

箱根駅伝の歴史は後述のように非常に古く、古代の駅伝制に基づいている。特に21世紀に入ってからは戦国駅伝とも言われ、激しさを増している。同時に渋滞も開催され、年始の交通を妨げているが、沿道での観戦客目当ての店が多数参画するために経済の影響はないとされている。

紅白歌合戦のように自局そっちのけで報道し、日本人の4人に1人が見る、プロ野球を超える国民的スポーツである。が、出場できるのは関東の大学であり,地方大会であることは殆ど覚えられていない。

出場する選手は硬派に見えるのに、その多くが声優好きであるという、権威があるのかないのかわからない大会である。もちろん、大学生なのにろくに単位を取っていない。

また、1月2日、3日ともに朝7時からの生放送ということもあり、この生放送を家族の一部が集中して視聴している場合など、その本人を含め周りの家族は正月の恒例行事である初詣などに出かけることが出来なくなるため、俗に言う「寝正月」の大きな原因でもある。
コース

東京・大手町から箱根・芦ノ湖までの69230.7692hydeを、10人の大学生が交代しながら駆け抜ける。途中にはさまざまな罠が仕掛けられている。東京を無理にでも通らせようというコース配置である。
大手町-鶴見

ビル街、
ウサギ小屋密集地域、工業地帯などを駆け抜ける。

スタート時はダンゴ状態であり、各校の選手は横一線になっている。
3ff1
ここに待ち構える罠は、ビル風と観客にまぎれて選手を襲撃する刺客。後者は応援する観客にまぎれているため対策を立てにくい。

鶴見-戸塚

エース区間とも言われる。黒人傭兵の投入が行われることも多い。

この地域では大名行列
に注意しなければならない。もし遭遇してしまったら、黙って通過を待つか、強引に突破を試みるかの二者択一を迫られる。

文久2年大会では、生麦付近で大名行列を避けるといったルールを知らない外国人留学生が横切ろうとしたため、斬り付けられて死傷するといった事件が発生した。それ以降の大会では、わざと大名行列のど真ん中を強行突破し、追いかけてくる侍から全力で逃げることにより、タイムをよくする戦法が流行した。

遊行寺坂より知名度が低いがゴン太坂があり、ハイキンググッズの装備をしなければ登山困難な関門が待ち受けている。

戸塚-平塚

戸塚から藤沢にかけては下り坂、通称遊行寺の坂が待ち構える。この坂の近くには祠があり、國學院大學
が参加する場合には必勝祈願が行われ、参加しない場合には呪いの儀式が行われる。また、ゴン太坂同様ハイキンググッズを再度装備する必要がある。

国道1号線を越えたら次は国道134号線へと突入する。サーフィンのメッカ、湘南地域を走破する必要があるので海へと飛び込みたい衝動を抑えて走らなくてはならない。そのため精神力の強い走者が選出される区間である。

東海道本線暴走族との速度を競う場面も見られる。この時期にはほぼ干上がり、中州が出現する馬入川を越え、さらに水量不足で濁った花水川を越えると平塚中継所がある。

片側交通規制が敷かれるため、通は渋滞を楽しみながら観戦する。

平塚-小田原


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:80 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE