東京皇帝☆北条恋歌
[Uncyclopedia|▼Menu]

『東京皇帝☆北条恋歌』(とうきょうこうてい☆ほうじょうれんが)は、角川スニーカー文庫から刊行されている竹井10日によるライトノベル作品である。

なお、文学に精通した人間が以下の作品の詳細を鼻で笑うことを禁ずる。
目次

1 概要

2 ストーリー

3 登場人物

3.1 ウィキペディア版

3.2 アンサイクロペディア版


4 人物紹介のコツ

5 用語の解説

6 作品の解説

7 関連項目

概要

この作品は、ヤク中で有名な角川スニーカー文庫で刊行されたライトノベルである。その発端は、一度打ち切られるも、腐女子パワーで蘇ったD.Gray-manに対抗する為、ヤク中よりもタチが悪い編集部によってギャルゲーのシナリオライターであった作者に執筆を依頼したものである。

その結果、内容に昼ドラの様なドロドロな愛憎劇やロボットによる戦争劇を取り込む事で、某有名作品との差別化を図り、スニーカー文庫の主力作品となる。

そこの文学好きども。いいから本文読め。
ストーリー

帝国宰相・南徳原来珠は青春を謳歌する為、皇帝・北条恋歌や司令長官・東小路ゆかり子を伴って、婚約者の西園寺一斗の通う皇泉学園に入学する。慣れない学校生活に戸惑いつつも、恋歌や来珠を始めとする一斗を巡って死闘を繰り広げる者達のアプローチを切り抜けつつ、一斗は帝国内部に秘められた陰謀に直面する。

作者のセンスと編集部の知性、そして作品の購買層の精神状況を一瞬で判断できる文章というものが実在する。あわせて、どうして以前の社長である角川春樹麻薬取締法で逮捕されたかについても、同様に判断できる。
登場人物ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東京皇帝☆北条恋歌」の項目を執筆しています。

以下に、ウィキペディアから引っこ抜いた人物紹介の一部分を記載する。その後、アンサイクロペディアにおける人物紹介を記載する。もし、精神的に余裕がない場合は、ウィキペディア版の記述をスルーしても、その後の人生に実害はないし、むしろそちらを推奨する。
ウィキペディア版

この作品を知らない場合、体力と精神力に自信が無い場合は以下の文章を回避することを強くお勧めする。何よりも作品に対して偏見を抱く危険性があるときに、絶対に以下の人物紹介を読んではいけない。

読んではいけない。

注意:ここには膨大となったウィキペディアから引っこ抜いた人物紹介の一部分があります。

 すべて表示するには近傍の[表示]をクリックしてください。

北条 恋歌(ほうじょう れんか)
凛々しく気品あふれる東京帝国第3代皇帝。だが、それは意識して振舞っている為で、気が抜けると「ちなうんですちなうんですっ!」「はわっ」「?じょ?」と発言するなど、実はかなりのゆるキャラで、自らをひこにゃんになぞらえた事もある。幼い見た目に反し隠れ巨乳でもある。一巻後半に一斗と来珠が仲良くしているのを見て嫉妬したり、目覚ましにオーケストラを引き連れ朝食を作りに来たりと、一斗に対して好意を抱いている様子が見て取れる。3巻(正しくは2巻のラスト)から来珠と一斗を巡る修羅場に突入している。3巻のラストでは、一斗と来珠の結婚式に突如現れ、一斗をさらって亡命した。また、来珠と和解するものの、更なる試練が彼女を襲うこととなる。なお、天蓋ベッド以外では寝たことがないようで、学校にとまる際には天蓋ベッドを教室や体育館へ運ばせてきたりもした。趣味はテレビゲーム(特に恋愛要素のあるもの)。ちなみに恋歌達は学園には転校という形にはなっているが、そもそも今までは家庭教師をつけて学業に励んでいたため正式には転校ではない。また、転校してきた日付は帝国歴82年4月10日。所属クラスは1年A組。皇帝部部員の一人。
南徳原来珠(みなみとくはら くりす)
東京帝国宰相。恋歌とは親友でもある。政敵を容赦なく粛清してきた事から、「魔神宰相」の異名を持つ。一斗とは許婚で、一斗に近づく女性に対しては非常に攻撃的になる。典型的なツンデレでわがままな性格だが、その一方で一斗の言葉に一喜一憂するなど年相応の少女らしいところもある。一斗に嫌われる事を異常に恐れており、「嫌われる」というような言葉を他人から聞いただけでも涙目になる。また、なんだかんだで一斗の言うことには従うことも多い。生まれた時から将来が約束された恋歌と違い、来珠は実力でこの地位まで上り詰めた。そのためか、「技の恋歌、力の来珠」と呼ばれることもある。ちなみに彼女へ侮辱の言葉(「魔神宰相」等)を言うと宰相侮辱罪となり、逮捕される。所属クラスは1年A組。皇帝部部員の一人。
東小路ゆかり子(あずまこうじ ゆかりこ)
東京帝国軍司令長官、階級は元帥。一兵卒から武功を重ね現在の地位まで上り詰めた。時には軍の先頭に立ち自ら敵に切り込むため、「軍神」とまで称されている。龍鳳無双流という武道の達人。劇中では20歳くらいと言われているが、来珠の策略により、同じ高校に転校するはめになる。仕事一筋で恋愛をする暇が無かったため、自分と同じような立場と思っていた来珠に婚約者がいた事を知って激しく動揺していた。2巻の初恋騒動から一斗を強く意識するようになるが、恋愛に疎いので修羅場には加わっていない。しかし、5巻から恋歌・来珠らとともに一斗争奪戦に参戦。が、照れ屋であるため一斗に素直に言葉で好意を伝えられずいる。龍鳳無双流では、一門を継ぐ者に登龍斎の称号が貰え、無形文化財と認められている為戸籍上「東小路登龍斎ゆかり子」となっている。本人はあまり好ましく思っておらず、理由は「可愛くないから」。所属クラスは1年A組。皇帝部部員の一人。
愛藤四菜(あいとう しいな)
東京帝国軍4021部隊所属、階級は中尉。エースパイロットであると同時に、「愛籐しぃな」という芸名でモデル業もこなす美少女。とある事で知り合った一斗を気にいり、積極的なアプローチを繰り返すようになる。基本的にお調子者だが、空気を読む程度の思慮は持ち合わせている。3巻では二階級特進したが、通常二階級特進は戦死した兵士が該当することが多いため、そのせいで戦死説が流れてしまった。自分だけ九州に行くときに誘ってもらえなかったため、その報復として愛梨珠の親衛隊長となっている。皇泉学園生徒で、所属クラスは1年B組。
西園寺一斗(さいおんじ かずと)
本作品の主人公で、東京帝国に住む平凡な一少年。親は枢密院勤務。極度にブラコンな妹がいる。本来接点など無さそうな来珠と婚約するに至った経緯は、皇帝の見合い写真に紛れていた一斗の写真に一目惚れした来珠が無理矢理自分の許嫁にした、というのが真相。皇帝部部員の中では比較的常識人で、ツッコミ役に回る場面が多い。g適性という非常に稀な能力の持ち主。4巻ではバスケットボールが得意なことが明かされた。やや陰のある性格をしており、自分に何のとりえもないことにコンプレックスを抱いているが、4巻にてある程度克服している。5巻からはやっと主人公らしく(人間らしく)なってきており、感情の動きがある程度激しくなっている。所属クラスは1年A組。
アンサイクロペディア版

上部に隔離された文章を読みやすい&分かりやすい様にまとめつつ、準レギュラー人物を追記するとだいたいこんな感じである。
西園寺一斗(さいおんじ かずと)
本作品の
主人公。どこの文学作品にもよくあるパターンとして、作品スタート時点では相当に鬱屈とした性格だったが、ライトノベル内における王道である修行によって精神的に大きな成長を遂げる。ある程度、人間的な一面を見せる様になった後、これまたライトノベル内における王道であるハーレムルートを突っ走りぎみである。バスケットボールとツッコミが得意。特に後者。
北条恋歌(ほうじょう れんか)
東京帝国第3代皇帝。「凛々しく気品あふれる皇帝」を振舞っているが、実際は外見通りの天然な性格で巨乳。祖母の花恋(かれん)の若い頃に似ている。よくあるパターンその2として、主人公に対して好意を抱いている。後はウィキペディアでおなかいっぱいでしょう。
南徳原来珠(みなみとくはら くりす)
帝国宰相。先祖代々気が強く、また「魔神宰相」の異名を持つ程に残酷な性格だが、やはり編集部と編集者の脳みその中身が一望できるレベルでのよくあるパターンその3として主人公を溺愛しているが、対等な条件で恋歌達と競う為、婚約破棄を宣言する。
東小路ゆかり子(あずまこうじ ゆかりこ)
帝国軍の総司令で「龍鳳無双流」という剣術の使い手。剣の腕だけで元帥まで登り詰めた為、「軍神」と称されている。当初、恋愛に疎かった事もあり、修羅場に不参加だったが、恋歌や来珠の影響を受けて途中から参戦。もうなんでもいいや。
西園寺夕鶴(さいおんじ ゆづる) 
一斗の。生徒会長を務める実力と人知を越えた兄への愛情や性欲を兼ね備える強者。よくあるパターンその4で兄の婚約者である来珠とはしばしば口喧嘩をするが、意見と思考が一致する事もある。
連風美文(れんぷう みふみ)
一斗の親戚で皇居のメイド長。一斗達の姉的存在であり、「フミさん」と呼ばれ、慕われている。一斗に想いを寄せている様子が見られるも、ライバルの多さに閉口している。
愛藤四菜(あいとう しいな)
帝国軍中尉(後に中佐へ昇進)兼モデル。一斗を気に入り、皇帝部に入部して積極的なアプローチを繰り返す様になる。基本的にお調子者だが、空気を読む能力は持ち合わせており、数々の栄職を務めた。
八田健太(はつた けんた)
一斗のクラスメイト。クラスのムードメーカーだが、お約束としてウザキャラ扱いを受け、一斗らに存在を忘れられた。これまたぞんざいな扱いを受けている姉の雪絵(ゆきえ)と大食漢な姪のリセがいる。
撥台雫(はつだい しずく) 
一斗のクラスメイト。八田と違い、メインキャラよりも扱いが良い。夕鶴に性的な意味で襲われたかの様な発言をしているが、詳細は不明。
国士りせ(こくし りせ) / リセエール・ファインストライカー
西園寺兄妹の親友で魔術師。語尾に「なのよ」と付けるしゃべり方が特徴。当初は鬱屈とした性格だったが、世話好きな性格になったので皆から母親の様に慕われている。
西園寺愛梨珠(さいおんじ ありす)
恋歌から譲位され、4代皇帝として即位した少女。恋歌・来珠・夕鶴の遺伝子を悪魔合体させた事で誕生した人造人間で一斗に病的に愛情を向けた事から「ヤンデレ皇帝」と呼ばれた。簒奪騒動後は覆面レスラーに転向した。
東雲十狼佐(しののめ じゅうろうざ) / ルシェ・アンチスペル
多重人格の元天界の王。
西園寺衛梨珠(さいおんじ えりす)
ハーレムを作り上げた未来の一斗が来珠に産ませた娘。父親から相当に鬱屈とした性格とライトノベル内における王道を突っ走る資格を受け継いだ。失踪した父に会う為、未来から来た。
北条愛歌(ほうじょう あいか)
恋歌の。ご都合主義な物語を支える為、多重影分身したり、異世界に移住した苦労人。
人物紹介のコツ

上記のように、1つ記事内における人物紹介文がいかにその作品への興味を沸かせるか、もしくは「へっ」との一言ですらない一音で脳内カテゴリの中にある「時間のムダ」にカテゴライズされるかは、残念ながら、初見の人間の持つ運命で決まる。そのため、あくまでも作品についてを自らの愛を込めて詳細に語りつくしたいならばウィキペディアを模倣すべきである。それを語られる側がどう思うかは知ったこっちゃないが。

しかし、読む側の興味を引くためには、あくまでも技術を駆使して丁寧に分かりやすく、何よりも嫌気を残さないようにしなければならない。その点、素晴らしきウィキペディアの人物紹介にはがあふれている。あふれすぎている。洪水ともいえる。津波ともいえる。辞書としてはまったく問題がないけれども、その作品のファンとしては最低の行為である。伝え手としても最悪の部類である。

この記事を読んだ後に原作を買いたくなる人間がいるか?

29be 用語の解説

以下に、ウィキペディアから引っこ抜いた作品内における様々な用語を、解説しない。

絶対に解説しない。

もし、以下の言葉に興味を抱いたらば、そのままウィキペディアに行かないで、作品を手に取ることをお勧めする。これは、表現者への最低限の礼儀である。



怪蟲

機動魔法兵(エーテル・ムーバー)

乙女銃士隊(おとめじゅうしたい) / 第730独立保安局

東京帝国

九州生徒会自治区

作品の解説

1980年代から1990年代にかけて、様々なメディアミックス事業で日本の出版業界に革命を起こした角川春樹は、1980年代の後半、ドラクエを初めとする様々な冒険ゲームが少年たちの間で大ヒットしたことに着目。試しにそれらの世代にゲーム感覚的なファンタジーノベルを提供したところ、大ヒットしたのが角川スニーカー文庫興隆の始まりである。

そして、角川春樹がヤクに手を出して捕まった後、弟である角川歴彦が引き継ぎ、引き継いだだけで、その後の新たな市場の開拓も若年層が青年層、一般成人層にまで成長してもなお、受け皿を用意しなかったのが、現在の角川スニーカー文庫である。

その結果、カオスな購買層がカオスな編集部の体質を産み、カオスな作品が生まれていった中で、このようなつのだ☆ひろのような作品が誕生した。

1つの作品の裏側には様々な積み重ねがありすぎる。よくもわるくも。
関連項目ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒東京皇帝☆北条恋歌」の項目を執筆してくれています。

竹井10日

要河オルカ

高階@聖人

秋桜の空に

お姉ちゃんの3乗

ひまわりのチャペルできみと

ポケロリ

10歳の保健体育

彼女がフラグをおられたら

ここから脱出たければ恋しあえっ

誉められて神軍


更新日時:2018年6月23日(土)16:05
取得日時:2019/09/16 07:03


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:16 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef