朝シャン
[Uncyclopedia|▼Menu]
ウィキペディア専門家気取りたちによって「朝シャン」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

朝シャンとは、1980年代後半の所謂バブル景気時代に若者の間で広まった流行語の一つ。
目次

1 概要

2 現代の朝シャン

3 脚注

4 関連項目

概要

そもそも朝シャンは「朝からシャンパン」を縮めたもので、その言葉の通りに目を覚ましてすぐに目覚めの一杯としてシャンパンを開ける事を示す。バブル期は「金余り」の状態であり、タクシーを停める為に万札を撒いたりキャバレーのおねえちゃんの胸元に札ビラ捩じ込んだりという浪費を「粋」として好む社会傾向があった[1]。朝シャンはその典型で、朝から酒を飲むだけでも贅沢なのに高価だった洋酒を開けるという誠に贅沢極まりない行為と言える。

しかしシャンパンは優れた健康効果をもっており[2]、特に朝飲む事で有効性を高められる事が医学的に証明されている。単に見栄だけで行われていたわけではないのである。例えばシャンパンに含まれるレスベラトロールには血管を強化する作用があり、寝起きで心拍数が上がっていない状態で接種するとレスベラトロールが吸収されるタイミングと心拍数の上昇が同期するため効力も高くなる。また認知症予防やフラボノイドによる抗酸化作用など、朝接種する方が効率がいい飲み物なのである。
現代の朝シャン

バブルの終演と共に底が見えない不景気に入ってしまった日本では、朝シャンの習慣は徐々に廃れてしまった。しかし21世紀に入ってから、景気の緩やかな回復と共に朝シャンの人気も復権しつつある。現代の朝シャンは「朝活」の一つとして行われる事が多く、自宅ではなくホテルに宿泊しモーニングメニューと共に楽しむのが一般化している。宿泊客の減少に悩むホテル業界にとっては朗報であり、「朝 シャンパン ホテル」で検索すると朝シャンを楽しむ宿泊プランが幾つも発見できるようになっている。
脚注^ この傾向は江戸時代には既に芽生えており、無意味なところに銭を使うのを「粋」と呼んでいた。着物の裏地だけ絹にしたり雪駄の鞐だけ金細工にするなど、江戸っ子は試行錯誤して粋人たろうとしたのである。
^ 19世紀のドイツでは、医師が薬としてシャンパンを処方していた記録がある。

関連項目



シャンパン

セレブ

流行

偽通


更新日時:2018年11月22日(木)19:28
取得日時:2019/09/16 19:45


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3835 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef