曇り
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「曇り」の項目を執筆しています。

曇り(くもり)とは、学術的には、全体の九割以上を雲が占めている状態。人間の精神に多大な影響をもたらす。
目次

1 概要

2 曇りの実害

3 ここで一首

4 関連項目

概要

水滴やの粒が大気中に集合したものが雲であるが、この雲の内部にも当然空気の流れはあり、上昇気流や下降気流などによって、水滴やあられ、氷の結晶がお互いにぶつかり合ったり摩擦されたりする。こうして静電気が生じ、雲の上層には正の電荷が、下層には負の電荷が蓄積される。雲の周辺の磁場は乱れ、電磁波が形成されては四方八方に伝わっていくのである。また、雲より放出された電子は空気中を漂う原子と衝突し、陽イオンを生じせしめる。

これらが人間に何らの影響も及ぼさない道理はない。そもそも電磁波とは、赤外線やら紫外線やらX線やら電波の総称なのである。曇っていると気分が沈んだり、人によっては憂鬱になったりするのはここに最大の理由がある。太陽が見えないことからただでさえバイオリズムが不調であるのに、その上電波など受信してしまっては、鬱々となるに決まっている。また、日照時間の不足は容易に農作物の不作を連想させる。何千年にも渡って農耕生活を営んできた人間にとって、天候に敏感に反応するのはもはや遺伝子に刻み込まれた本能であると言える。

ただし、雨奇晴好という言葉があることからもわかるように、曇っているぐらいならいっそ雨降りの方が小気味よいと感じる。これは、おそらく電波の放射が雨によって遮られるからであろう、と仮定されている。
曇りの実害

学校会社に行きたくない

出かけるにしても、を持っていこうか迷う

日時計が機能しない

気分が晴れないので何をやっても中途半端

が促進して死にたくなってくる

ここで一首「どんよりと くもれる空を見てゐしに 人を殺したくなりにけるかな」
? 曇り について、石川啄木
関連項目

天気


晴れ




この項目「曇り」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。 ⇒より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2013年2月3日(日)14:14
取得日時:2018/07/12 23:03


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3999 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE