暗殺
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…手段[編集]暗殺には二つの手段が存在する。誰の目にも明らかな場所に悪人を引っ張り出すか、あるいは悪人がいるところに光を当てるのである。これにより、民衆が悪人の存在を知ることができるのである。闇の中で悪人を指差したところで、誰も分からないため暗殺とは認められないのである。

まず、悪人を引っ張り出す方の手段は、フランス革命を例にとると分かりやすい。この革命で暗殺されたのは、ルイ16世とその妃マリー・アントワネットである。その他大勢も暗殺されたような気もするが、そんなことは誰も気にしない

当時のフランスは重税が課され、民衆は貧困にあえいでいた。元凶たる悪人は誰の目にも明らかだが、その相手は国王であるため手出しができなかった。そこで、ヒットマンたちは、国王とその妃を白日の下へ引っ張り出す方法として、民衆の力を使うことにしたのである。この手段を啓蒙思想といい、今日でも政情不安定な地域で行われている暗殺方法である。結果、ヒットマンは自らの姿を現すことなく暗殺対象を引っ張り出し、目的を達成したのである。

次に、悪人に光を当てる方法だが、この方法は難易度が高いとされている。また、後述の冤罪に対する批判の原因にもなっている。ここでは、具体例ではなく一般例を挙げる。

悪人に光を当てるのは自発的な行為なので、ヒットマン自らの手で行う必要がある。また、対象となる悪人は、民衆に悪人だと広く認識されていない? 5ab4 ??合が多い。そのため、対象が悪人であるという宣言が必要なのである。この宣言を犯行声明という。そして、悪人に何らかの目印をつけることで、暗殺が終了するのである。目印は金属の粒や板が一般的だが、内出血の痕でも可とされている。なお、これを行うヒットマンは鬼ごっこの技能に長けていなければならない。
批判

このように一見よい行動に見える暗殺ではあるが、問題もある。それは本当は善人なのに暗殺の憂き目にあう、いわば冤罪が多すぎるのだ。冤罪に合う人物は、特に政治家に多い。しかし、悪徳な政治家が多すぎるせいで、政治家の味方をしてくれる民衆は少ないのだ。そのために冤罪被害が最も多い職業と化している。

また、暗殺を行っている人物が、実はどっぷり闇社会に浸かっているというのも大きな問題である。暗殺は本来善人がするべき行動であるが、悪人が自分と敵対する人物を、つぶすために使うことはもちろんのこと、本来善人で会った人が、闇を切るために闇社会に向かったのに、いつの間にか闇社会の人間になっている、いわばミイラ取りがミイラになってしまうのである。これを防ぐためには、民衆一人ひとりが闇を照らして、悪人を見つけ出す光となる努力が必要なのである。これは、善人を悪に染めないためには必ずしなければならないのだが、愚民社会といわれる現在では夢のまた夢である。
有名な暗殺者

ゴルゴ13

松永久秀

宇喜多直家

スネーク

夜神月

リボーン

ゾルディック一族

シモ・ヘイヘ

関連項目

暗殺教室

殺人

テロ

ヒットマン

殺し屋

粛清

殲滅

暗殺したした詐欺

Category:暗殺された人物

この項目「暗殺」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)


更新日時:2020年11月14日(土)11:00
取得日時:2021/04/06 22:26


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8094 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef