映画
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…成人映画 3793 [編集]その多くはアーン♥♥やぴーであり、一部では検閲により削除として扱われるが、完成度は高いものも少なくない。ハリウッド映画の多くはこのジャンル。
ピンク映画

意識高い系の監督が撮った成人映画。「セックスさせしていれば何を撮っても許される映画であり、業界のしがらみで雁字絡めになっている一般映画関係者から一目置かれている」と言い張っている。

実際は単なるポルノに過ぎないが。ピンク映画に期待を寄せているのはゴールデン街のオッサンくらいである。
リメイク映画

過去の名作をことごとく駄作にしていく神をも恐れぬ制作スタイル。いい加減やめないのはネタの枯渇が深刻だからか?原作レイプ
ミュージカル映画

会話の途中でそのまま歌になってしまうという、実際にあれば検閲により削除のする行為としか言えないものであるが、舞台や映画では真っ当な人間のする行為として行われている。このことに疑問を投げかけた有名人は日本一有名な爬虫類のみであるというのは、大人の事情の根深さを物語る。映画では理論上は上記のスタイル全てに存在しうるが、実際は多い分野、ほとんどない分野とある。なお、インド映画では芸術映画以外は全てこれといってよい。日本でも高度成長期以前にはこの分野の作品があったが、1970年代以降は見られないということは、つまりはインドの文化水準は検閲により削除
頻繁に登場する人物
米国大統領

何かとよく暗殺される。中には自ら宇宙人と戦いに行ったり、自分の専用機をハイジャックした奴らを力尽くで倒す武闘派もいる。あまりならないほうがいい職業。国によってこの名前は違うが、映画の中では大統領という扱いと同じである。スラングとして「将軍様」があげられる
巨乳の姉ちゃん

B級・ホラー・アクションのジャンルに多く登場する。カレーにおけるフクシン漬け、おうどんにおける蒲鉾、弁当の漬物に相当する存在、つまり箸休め程度の存在である。大抵の場合、私の頭の中のイレイザーで、支離滅裂な言動、行動を残念な女性が多い。
陽気な黒人

どんな映画でも人々を笑わせて盛り上げる三枚目。やたらテンションが高く、マシンガントークやちょっとしたギャグが得意。意外な活躍を見せることが多いが、ホラーになるとあっさり死んでしまう。
アメリカ軍

テロリストから宇宙人、果ては異世界の怪物までも、何でも御座れ。そうさ、俺達ゃ正義の味方、最強のアメリカ兵士だ。圧倒的火力とチームワークで何だってぶっ潰す。その気になりゃ、大統領だってぶん殴ってみせらぁ。でもソマリア行きだけはカンベンな!
主人公

ほぼ全ての映画に皆勤賞。巻き込まれたり、狂言回しだったり、主役のはずが助演男優賞にノミネートされたこともある。また主人公は僕だったことも。
タイトルのつけ方

一般的に英語の音訳でつけるのが多い。特に東アジアで作られた映画はそういう傾向にあてはまる。「赤壁」を「レッドクリフ」としたら大ヒットしたのに対し、「墨攻」を「バトル・オブ・ウィッツ」にしなかったためヒットされなかった。
関連項目

映画館

全米が泣いた

君は牛を二頭持っている。

ハリウッド

スティーブン・セガール

ヴァージニアン号

フラグ - 映画のお約束


更新日時:2018年10月9日(火)16:13
取得日時:2019/07/17 02:05


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:23 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef