明治時代
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…戦争[編集]上記のように、どうにか国民を丸め込むため新政府は取りつかれたように戦争に逸った。大義名分は基本的に捏造であり、「とりあえず戦争して賠償金せしめればみんな金持ちになって文句も言わないだろう」という楽観主義が主であった。

当時「眠れる獅子」と恐れられていた清国を薙ぎ倒し、同じく青海の覇者だったロシアを叩き潰し、破竹の勢いで「日本ここにあり」とアピールすることで確かに植民地化は防げたが、それにより「金に困ったら戦争しよう」という思いが生まれてしまう。それにより関東大震災後の不況を振り払うため戦争を起こしたりもしていくのだが、それは昭和のお話なのでここには記さない。

徴兵制も偽りで金持ちの子供は兵役を免れていた。
教育・しつけ

江戸時代の頃は寺子屋があり基本的にタダで勉強(読み書きそろばん)が出来て江戸時代の頃は識字率や数学的な能力は欧米に比べて高かったが、明治になってから学校が出来て金を払わないと勉強できなくなった。そのため、識字率や数学的な能力は一時的にではあるが少し落ちてしまった。江戸時代までの家庭でのしつけはお釈迦様の教えで親が子供に口でしっかりとわかりやすく説明して子供に理解させていたが明治になってからイエス・キリストのお許しで体罰をやることができるようになり虐待で子供を育てるようになった。
食生活

江戸時代までは野菜と魚貝類中心で栄養が足らず、明治になってから欧米化で改善されたとされるがこれも捏造である。身体の小ささは食生活由縁ではなく、狭い国土で省スペースに対応して進化した結果とされている。そもそも日本人は巨大なクジラ食ってる民族なのだから、その気になれば欧米人の体格は易々と越えられる[要出典]。

尚江戸時代には既に肉食禁令は形骸化しており、大通りに堂々と肉料理の店が営業していた。一応表向きは違法だが、「薬だから」「獣じゃなく「ももんじ」だから合法」「みんなやってます」と屁理屈でかわしてしまっていた。日本人は法律やルールを軽視し屁理屈でどうにかする傾向があるが[要出典]、これは日本の伝統である。

むしろ当時はバランスのいいヘルシーで健康的な食生活を営んでいたが、明治になってからは欧米の圧力で粗悪な肉食および粗悪な乳製品などの体に悪い食生活に移行している。
明治時代に関係した人物

板垣退助…自由民権運動を進めた政治家。「板垣死すとも自由は死せず」という名言は、後年の捏造であることは言うまでもない

33e9 西郷隆盛…西南戦争で活躍した薩摩隼人。戦争責任を捏造され、まったく似ていない銅像を建てられてしまうという辱しめを受けた。

伊藤博文…日本史上唯一、天皇陛下から直々に「身を慎め」と言われた御仁。故に反天皇思想者との説を捏造され暗殺された。無類の女好き。

岩倉具視…岩倉使節団団長。後に「明治政府外交の足を引っ張った」との醜聞を捏造されている。

明治天皇…思想の変化が早かったことから、実は暗殺され別人が秘密利に代理を勤めていたという説がある。多分捏造だと思われる。思われるが…。

関連項目

日本

天皇

日清戦争

日露戦争

江戸幕府

歴史

捏造

司馬史観


この項目「明治時代」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)


更新日時:2019年3月3日(日)17:36
取得日時:2020/09/11 06:47


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef