日産・プリメーラ
[Uncyclopedia|▼Menu]

この項目では、日産自動車の乗用車について記述しているばい! 妖精さんにつ・い・て・は「魔法騎士レイアース」をCHECK IT OUT!! はい!!!

プリメーラ (Primera) とは日産自動車がかつて製造していた妖精さんセダン型乗用車である。ちなみにプリメーラとはスペイン語で「第一級の、最高級の」とかいう意味。執筆者は最高級の日産車だと思っているがそれは思い違いである。
目次

1 プリメーラ・最高級の概要

2 プリメーラ・最高級の歴史

2.1 プリメーラ・最高級の初代・P10型

2.2 プリメーラ・最高級の2代目・P11型

2.3 プリメーラ・最高級の3代目・P12型


3 プリメーラ・最高級の登場作品

4 プリメーラ・最高級の関連項目

プリメーラ・最高級の概要 最高級のレーシングカー

オースターのフルモデルチェンジで登場 402a 。日欧両市場(7対3の割合)にフィットするを作ろう。そんな感じで作られた車である。

そのため、日本で流行っていた「乗り心地がふわふわした感じのセダン」にするのではなく、「硬い乗り心地のセダン」にした。硬いってのは嫌いな人が多いようだが、一応売っている日本でも好んで乗っている人はたくさんいる。

ちなみに案外スポーツ走行も出来るのでゼロヨンレースなどをプリメーラでする人もまれにいる。レースでもまぁまぁ走るので何回かサーキットに現れている。そのスポーツ性能はグランツーリスモシリーズでも実証されている。BTCCでも平坦な高速コース(オールトンパーク)では最強の名をほしいままにし、専門誌では日産の二台は無視して3位がいかにして決まったかにテーマが絞られる。
プリメーラ・最高級の歴史
プリメーラ・最高級の初代・P10型 最高級の初代・P10型

愛称はピーテン。コンフォート・パッケージ・セダンとして球体の上をすいすい何事もないように走る車としてCMした。そのため当初はプリメーラで大道芸をして事故を起こしたのがいたようないなかったような。

5ドアハッチバイク(メイド・イン・英国)なんていうのもいるがこのときは復習したくもないのに「復習します、プリメーラパッケージは速く、広く、スタイルがよく、・・・・」と勝手にナレーションが復習。そしてさらに「プリリリ、プリ?メ?ララァ?ア?アッアアア?」などという創聖のアクエリオン顔負けの吹っ飛んだ曲をバックにかけCMしていた。

ちなみにこの車は結構人気でリアデザインをコロナにパクられている。
プリメーラ・最高級の2代目・P11型 最高級の2代目・P11型

1995年ごろ、プリメーラは最高級のフルモデルチェンジをする。この代からプリメーラ・ワゴン(ただのワゴンタイプ。もちろん便乗)と顔をちょっと変えただけのプリメーラ・カミノ(暇なのでワゴンにも設定)を追加。この代に魔法騎士レイアースによって名前をパクられる。欧米仕様は少しいじくって欧米受けする顔(キモさが倍増している)にしている。JTCCはこの代のプリメーラで出たのはプリメーラ・カミノだった。

キャッチコピーは「サスが、プリメーラ」であり、サスペンションの名前がプリメーラだと勘違いされ、プリメーラ販売店に「俺ののサスペンションをプリメーラにしてくれ」という人が居たと言う都市伝説があったりなかったりである。

ちなみにこのプリメーラはセダンよりもワゴンの方が売れている気がする。プリメーラの中でこの代が一番スポーティーな気がするが気のせいである。そもそもプリメーラにスポーツ性能を求めるのが間違っていると思う。
プリメーラ・最高級の3代目・P12型 最高級の3代目・P12型

プリメーラは2001年、21世紀に相応しい最高級のフルモデルチェンジをする。先代までのコンパクトで運転しやすいサイズを放棄し3ナンバーへと肥大化、かつ顔つきもガラリと変わるなど、いままでのプリメーラのデザインを丸投げするほどの変わりようで「こんなのプリメーラじゃない」とまで言われた。でも案外その後このプリメーラと大して変わらないデザインのが出てくるのは気にするな。

得意技はITドライビング。今では大したことはないと思われるが当時としては斬新な機能が満載していた。ケータイとナビをリンクさせてみたり、ETCをつけてみたり、燃費計算機能がついていたり、ワゴンには(セダンも?)バックビューモニターなどもついていたりするが、プリメーラに乗っている人がすべてを使いこなしているとは到底思えない。

また、この素晴らしいデザイン(特にワゴン)は数々の賞を総なめした。だがそのかわり、前後見切りがギネス級に悪かったりする。また、頼んでもいないのに3ナンバーになり、税金が高くなった。

レイアースのジンクスとラインナップ整備、さらに時代を先取りした者の不幸により、惜しまれつつ日本では販売が取りやめになった。
プリメーラ・最高級の登場作品

ゲームグランツーリスモシリーズでは1から頼んでもいないのに登場する。

チョロQでも発売されていた(P12型)。

トミカでは赤箱(絶版品)とリミテッドで登場しているが中国製に移行したばかりの最悪の時期に製造されており全然似ていない(P10型)。

魔法騎士レイアースでも妖精さんとして登場する。というか名前をパクっただけである。

プリメーラ・最高級の関連項目

日産・オースター
プリメーラ・最高級の前身。初代の真っ赤なクーペのみ若者に人気。3代目はプリメーラファンにのみ人気。

日産・マーチ 日欧両市場で戦った戦友。こっちの方が言うまでもなく税金が安い。

日産・プレセア 名前はレイアースのほか、テイルズオブシンフォニアにもパクられている。

マツダ・ランティス 案外すぐに破れたライバル。

トヨタ・コロナ 上にあるとおり、リアデザインをパクった。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日産・プリメーラ」の項目を執筆しています。

この「日産・プリメーラ」は、リコールのDMが届いています。アクセルペダルの交換をして下さるディーラーを求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2013年10月6日(日)02:04
取得日時:2018/12/07 15:09


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE