日本における新型インフルエンザ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…予防[編集]前述のように病原体が空気であり、人間は空気無しでは生きていけないため完全な予防は不可能である。ただし、病原性を持った空気にたいする感受性には個人差があるといわれており、また日本の住民以外では感染が確認されていないことから、そのような免疫を持った人たちの考え方や行動を真似することで感染を予防で b68 きる可能性がある。もっとも有効とされる予防法は科学的に思考する訓練であるが、効果には個人差がある。ただし日本の諺ではバカは死んでも治らないと言われており、これが正しい場合免疫が無い人に使える予防法は無い。ワクチンは今のところ開発のメドが無く、これを予防できるワクチンを開発すればノーベル賞確定だと言われている。
治療

病原体が空気であるため、通常のインフルエンザに対して有効なタミフル、リレンザなどのノイタミラーゼ阻害薬は効果が無い。また前述のように馬鹿は死んでも治らないので、根本的な治療法は皆無である。ただし、キッチンペーパーを使ったマスクの自作などが、マスク欲しさの犯罪などを抑えるために有効な対症療法として挙げられる。
社会的影響

この新型インフルエンザはその症状ゆえに社会に対して強い影響を与えている。感染が拡大した地域では老若男女を問わずマスクを求めて薬局に人が殺到したためマスクが売り切れた他、ネット上で90枚1万2千円という異常な高値でマスクが取引される、市が行った備蓄マスクの放出に対して1000人余りの人が販売開始3時間前から行列を作る、マスクを求める人々によってマスクメーカーのマスク輸送車が襲撃される、コンビニ eba でマスク着用での入店を拒否された発症者が逆上し店員を刺し殺すなどの事件が起きており、厚生労働省ではマスクメーカーに対して24時間体制でのマスク製造を要請した他、マスクを求め反社会的行動に出る人々が絶えない現状を受け「マスク乱用はダメ、ゼッタイ」キャンペーンを急遽行うことが決定した。
その他

今回の日本村インフルエンザはマスクメーカーと結託した厚生労働省が人為的に開発した人工ウイルスによるものだという者もいるが、信憑性は無い。

今回のインフルエンザが日本以外で見られない事について、日本に何故か根強く残っている「
空気を読む」ことを重視する風習と、それによるデマに対する免疫力の無さを指摘する専門家もいる。

 
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本における2009年新型インフルエンザ」の項目を執筆しています。

2009年新型インフルエンザ

インフルエンザウイルス
19a5

更新日時:2020年8月7日(金)15:40
取得日時:2021/02/27 18:40


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8574 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef