日勤教育
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日勤教育」の項目を執筆しています。

日勤教育(にっきんきょういく)とは、某鐵道会社のお仕置きである。
目次

1 まず日勤教育とは

2 日勤教育中の主な作業(拷問)

2.1 除草

2.2 便器掃除

2.3 反省文作成

2.4 炭坑労働

2.5 強姦

2.6 グモッチュイーーン

2.7 レンジャー


3 日勤教育に対する批判

4 実情

5 関連項目

まず日勤教育とは 日勤教育を受けているとある運転士への拷問の様子。

日勤教育は、北朝鮮の強制収容を参考にした、業務上で重大な失敗を犯した社員に対する処罰である。処罰期間は短くて3年、長ければ死亡するまで課せられることもある。また、某鉄道会社はこの教育によってエクストリーム・謝罪へ持ち込むことに成功した。(特に股尾前科は常連である。うーん、まあいいか。)
日勤教育中の主な作業(拷問)
除草

車両基地や詰所に生えた雑草をひたすら抜いていく。間違えて腰を抜いてしまうと、ジャイアンが敷地に入り込んでギッタギタにされる。また、歯を抜いてしまうとAK-47を持った上司によって射殺される。
便器掃除

駅トイレや車内トイレなどの便器の汚れをひたすら舌で掃除する。間違えて上司をなめると雛見沢の研修センターに送られ二度と生きては帰れない。また、脱走を試みると滝宮センター長のサリンによって粛清される。
反省文作成

失敗を犯した反省文を書く。しかし、1日3000000字以上書かなければならない。「本当にすみません」とか「許してください」とかいい加減な言葉を書くとバールのようなもので殴られる。また、サンダーバードの活躍について書くと、AK-47を持った上司によって射殺される。
炭坑労働

日勤教育中に課される作業の中で最も過酷だと言われている。0.05秒さぼっただけでリンチされる(あまりに対象者が多いのでリンチする側の方が過酷であるとも言われる)。下手をすれば炭坑送りの本場である北朝鮮送りとなり、最低65年は帰国することができない。
強姦

近年、女性運転士が次々と登場して、そこで女性用に設けられたお仕置きの一つ。サンダーバードの乗客にさせ、そこで男性の上司がまた他の乗客になりすまし、「俺はサンダーバードだ。逃げたら殺す」と脅しレイプする。そして第三者がそれを止めようとすると車内に硫化水素が発生させられ、その車両(場合によっては複数ないしは列車全車両)にいる人間が全員死亡する。
グモッチュイーーン

もはや反省する見込みがない運転士に課せられる最後の切り札の一つ。乗客に迷惑をかけないため、最終電車が終点に到着し、これから回送される列車に飛び込ませる。そしてその翌日のダイヤは始発から幻想文学になり、乗客がカンカンになって運転士の屍に投石だの生卵などを投げつける。
レンジャー

最後の関門。上司の命令に対し「レンジャー!!」以外の返事は絶対に許されない。陸上自衛隊の内容と同じで基礎体力から続くし、鬼の教官は1秒も目を離さないため地獄を味わう。 基礎体力はかがみ跳躍やロープ渡りや20km走などである。 自衛隊員は通常は倒れたら大抵はおしまいだが、これは倒れてもやらされるので苦痛である。これが出来なければ大変な目にあうかもしれない。
日勤教育に対する批判 冷たい目つきで日勤教育を施す社員

当然、労働者や4.25事故の被害者や遺族からの批判は絶えない。某鐵道会社には1日30000件もの苦情の電話がかかってくる。

ケースその1
「日勤教育マジうざい、死ね。」

ケースその2
「社長、貴様が喰らえ。」

ケースその3
「むしろ、井手正敬と垣内剛、お前らが食らえ。」

ケースその4
「全ては金正日の陰謀だ」

ケースその5
糞会社JR四国 12be に編入しろ」

また、国連は日勤教育に対する非難決議を発した。
実情

この日勤教育は某鐵道会社のみならず、某新幹線会社某赤会社にも存在し、前者に至っては今もなお続いているとされている。

また、鉄道会社のみならず、同じ元国有企業の小泉純一郎によって民営化された会社にも似たような教育が存在する。更に、純民間企業においても辞めさせたい社員に精神的苦痛を与えてその社員を追い出すために、某大手ゲーム会社のパソナルームはじめ、某電機メーカーや某大手金融などに「追い出し部屋」が存在する。
関連項目

鉄道

教育

ゆとり教育

拷問

洗脳


更新日時:2019年1月28日(月)20:55
取得日時:2019/07/19 04:23


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9252 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef