新日本プロレス
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新日本プロレス」の項目を執筆しています。

新日本プロレス(しんにほん - )とは、大日本帝国初代大統領・長渕剛が、第一次世界大戦終了を期に欧米の脅威に対抗出来るようにと、日本各地の筋肉バカを集め、彼らに素手で戦車を壊させたりジャンプしてヘリを打ち落とさせたりする為に1918年に結成した秘密結社である。工作員はたまにお笑い芸人と戦う。現在は武士団の下部組織なので足軽である。現在の主たる稼業は決算書の粗探しであり、きかんしゃトーマツあずさ2号と熾烈な抗争を繰り広げている。
目次

1 歴史

1.1 猪木政権

1.2 坂口政権

1.3 混迷の時代

1.4 脱・猪木


2 有名選手足軽

2.1 鎌倉時代

2.2 南北朝時代

2.3 室町時代

2.4 戦国時代

2.5 安土桃山時代


3 レフェリー

4 背広組

5 ルール

歴史
猪木政権

平安時代、世は力道山を当主とした日本プロレスが絶対王権を布き、或る意味盤石であったのだが、力道山が宴席で謀殺されると、その奸臣らによる傍若無人な振る舞いが顕著となる。その隙を伺う欧米列強に対するには新たな政権が必要であった。

そこで力道山の家臣であったアントニオ猪木が豊登と共に東京プロレスを旗揚げし、新興勢力であった国際プロレスの後援を得て奸臣打倒を掲げたものの、豊登が政務を顧みず酒宴に明け暮れたために内部崩壊の憂き目を見る。しかし、同僚のジャイアント馬場も力道山の縁者・支援者を糾合して独立勢力「全日本プロレス」の旗揚げに成功、奸臣らが慌てる隙を突いて猪木も新日本プロレスを旗揚げして再起を果たす。遂に日本プロレスは潰滅した。武士による時代 634d 、鎌倉時代の幕開けである。

新日は当初より大人気であった。が、その実態は猪木の個人事業のための資金源という役回りであった。猪木が看板レスラーであったため最初期こそ文句は出なかったが、徐々にその放蕩振りに内部から不満の声が上がり始める。新日と全日という2つの政権が並び立つ南北朝時代、遂にUWF勢と長州一派(後のジャパンプロレス)が猪木への不満から独立、または全日への鞍替えに及ぶ。残った家臣らはもはやこれまでと猪木を「押込」とし、家督を坂口征二に譲らせ隠居させることとなった。以降を室町時代という。
坂口政権

社長が坂口に代わると、大量離脱で虫の息であった新日はそこから最盛期を迎える。闘魂三銃士の台頭やドーム大会の開催、全日ファンを釣り上げて戻った長州一派の帰順に、未だドル箱興業として続く「G1クライマックス」の開始、「トップ・オブ・スーパージュニア」開催によるジュニアクラスの盛り上がりに加え、WARやUインターとの抗争、nWoブームなどで天下に覇を唱えた。正に戦国時代である。
混迷の時代

しかしこの隆盛振りに、隠居である猪木の悪い虫がうずき出す。今度は自らの政治活動資金を得るべく新日の収益をあてにし始めたのである。だが坂口政権下ではそれは叶わないとして、自らの傀儡として藤波辰巳を次の社長に据えたのであった。思惑は図に当たったが、猪木への資金譲渡のための経営というコンニャク経営術に選手らが猛反発、長州力・武藤敬司・橋本真也・佐々木健介・小島聡・ケンドー・カシン・大谷晋二郎・高岩竜一といった錚々たる面々が離反することとなった。

流石にマズいと感じた猪木は藤波を更迭、有識者である草間政一を社長に据えたが、なんと草間は荒れた政権の正常化を目論むあまり猪木の統制下より抜け出さんとしたのである。猪木は裏から総合格闘技ブームを仕掛けると、少しの業績低迷を理由に草間をも追放、自身の娘婿・サイモンケリー猪木を後釜に据え、恥も外聞も無くただ政治資金捻出の為だけにユークスに臣下の礼まで取る始末であった。ただ一時の安定政権、安土桃山時代への突入である。
脱・猪木

猪木はこれで政権は盤石と思ったが、自らが仕掛けた総合格闘技ブームに足元をすくわれる。業績は火の車となり、猪木は責任回避とばかりに娘婿共々姿をくらませるのであった。新日はユークスにも見限られ、新社長となった菅林直樹は武士道への回帰を掲げ、苦心惨憺の末に大大名木谷高明への従属を果たした。これにより御家断絶の危機を免れたばかりか、再び業界のトップへ躍り出たのである。

猪木により誕生し、猪木により荒廃した新日は、今ようやく安定政権を得られるまでに復活したのである。
有名選手足軽
鎌倉時代
アントニオ猪木
本名 猪木太郎。ブラジル人を南半球に追いやった張本人。サッカーブラジル代表のユニフォームが黄色いのは彼のせいだと言われている。「破壊神」「創世者」「ゴミクズ」等々、プロレス関係者からの評価は様々。必殺技は髪の毛を引っ張る、唾を吐く、服を脱ぐ、ポエムタバスコを売りつける、永久電気のネジを一本締め忘れる、など。
坂口征二
本名 世界野 荒鷲。元世界柔道選手権の日本代表。顔からは想像もつかないが、俳優坂口憲二の父。猪木に半ば騙されて新日入り。更に猪木に騙され選手としても冷遇された。だが、猪木が自らの事業のために会社の金を使い込んで社長を退陣させられると、代わりに社長となる。すると商才をいかんなく発揮し、新日の最盛期を築いた。変わり者だらけの新日にあって唯一無二の良識人。無類な競馬好きで、特に「G1ステークス」に興味を惹かれ、真夏に行う賞レースへ『G1クライマックス』を名づける。実際・結果的に新日をJRAとコラボレーションするまでに至る。
寺西勇
本名 寺西 等。元立浪部屋の力士。アンコ型のままプロレスデビュー、国際プロレス残党として新日に殴り込み、そのまま新日に入団、下っ腹を支えるようにヘソまである白いショートタイツをリング上で輝かせた。長州力のジャパン・プロレスに参加して全日に殴り込み、そのまま全日に入団、そこでもヘソまである白いショートタイツをリング上で輝かせた。が、ケガにより一時引退、復帰はしたがリングからフェードアウトした。その後、白いショートタイツを履くレスラーは度々あったが、寺西の域にまで達した者はいまだ皆無である。
ストロング小林
本名 金剛力士像。国際プロレスが金網マッチ用にドラゴンクエストモンスターズの闘技場からスカウトしてきた。しかし、ただ使役される生活に飽き飽きし、新日の「闘魂列伝」に移籍した。怪力レスラーとして活躍したものの、かつてキングスライムにより受けた「のしかかる」攻撃による古傷の腰痛を悪化させてしまい引退。
星野勘太郎
本名 ビツシビシ幾三。身長は指に足らない一寸ほどであるが、リアルファイトでは負け知らずで、オジキである猪木に鉄砲玉として重宝がられて突貫小僧の異名を取る。引退後の彼は魔界村へ居を構え魔族となり、プロレスがド下手クソなために闇落ちした者共に特殊マスクを被せて洗脳、その者達を集めて『星野リゾート・魔界倶楽部』を結成し新日本隊に殴り込みをかけた――が、なんとなく空回りしたまま人知れず解散した。そして小原と後藤達俊とヒロ斎藤の3人が造る犬小屋『星野ハウス』へコーナーポストから滑り落ちて、すぐさま入居する。
山本小鉄
本名 ハートマン軍曹。遠隔戦では相方の突貫小僧を爆弾として放ち、近接戦闘では竹刀を振り回して攻撃する。引退後は若手の指導者となるが鬼軍曹として恐れられ、若手を「分かったか、ウジ虫ども!」、「さっさと立て! 隠れてマスかいてみろ クビ切り落としてクソ流し込むぞ!」、「タマ切り取ってグズの家系を絶ってやる!」と罵倒しては、竹刀を叩き込んでスパルタ指導に及ぶ。これには、あの前田日明でさえ恐怖で震えあがったという。
ヤマハブラザーズ
星野勘太郎と山本小鉄が腕をクロスさせて融合・変身した姿。別称を「YB-1(ヤマハ・バロム-1)」。125ccなので二輪中型免許が必須。
マサ斎藤
本名 斎藤昌典。アメリカ修行中に警官を殴って服役、その最中に腕回りと腰回りに佐々木小次郎の霊に憑依されて太ましくなり、また服役中に会得した監獄固めを引っ提げて猪木と巌流島で戦った。小次郎の霊が抜け出ると、ワールド・プロレスリングの解説者に転身、しかし小次郎の霊が抜け出た際の穴が塞がっておらず、その穴からしょっちゅうマスクマンの正体を洩らした。言い間違いも多いが、その穴から出てきた言葉なので当の本人には自覚がない。
キラー・カーン
本名 綺羅唖可汗。帰化名 小澤正志。モンゴルの東方部族の王様。騎馬民族でありながら馬から振り落とされて部下たちとはぐれてしまい、帰国費用を稼ぐべくまずはモンゴル相撲の経験を活かして春日野部屋に入門、角界の決まりなので日本に帰化した。しかし伸び悩んだためにレスラーに転向すると一転して才能を開花、アンドレ・ザ・ジャイアントの足を圧し折る程の極悪ファイト振りを見せつけた。しかし、戦いに飽きて引退、今は日本で居酒屋を経営し切り盛りしている。
木戸修
本名 同じ。いぶし銀にして寡黙、また肌の張りや色ツヤの良さ、幾ら動いても一切乱れない七三分け、更に相手の攻撃を完璧にいなして正確無比に関節技へ持ち込むことから、実は猪木が北朝鮮と共同で開発したアンドロイドではないかとまことしやかに囁かれるが、真実は藪の中。試合中に相手選手が髪を乱しにくると途端にリミッターが解除、殺意の覇道に目覚め、いじった相手にセメントを仕掛けて血祭りにあげるまで止まらなくなる。
アンドレ・ザ・ジャイアント
本名 アンドレ・レネ・ロシモフ。人里を離れた山奥で木こりをしていたのを、丸大食品のハンバーグ担当者により見出された最初の巨人。本国フランスからアメリカに上陸した後、新日に登場、猪木や坂口、果てはスタン・ハンセンと抗争を繰り広げる。一時将軍KYワカマツに洗脳され覆面を被ってマシーン軍団の一人となり、北海道生まれという記憶まで植え付けられたが、案外あっさりと元に戻る。その後は全日本プロレスにて読売巨人軍出身の巨人と組んで、調査兵団を危機的状況に追い詰めた。が、足腰が巨体を維持しきれず重力崩壊を起こし、今は中性子星として夜空に輝いている。
南北朝時代
藤波辰巳

本名 大分県産コンニャク。猪木を別府地獄めぐりに誘い込み、その才を認められて一緒についていった。大分県が誇る『マッチョ・ドラゴン』。長州が彼の人気を妬んでいる。坂口の後を継いで新日の社長となったが、自らが確立した「コンニャク経営術」という正にフニャフニャとしてやる事の定まらない方法で新日を経営する。結果、収益が大いに下がり、更に社長がコロコロ変わるという混乱期をもたらした元凶。藤波を崇拝してやまない西村修に誘われるまま 166a 無我ワールド・プロレスリングを旗揚げするが、ここでも「コンニャク経営術」をいかんなく発揮、西村にすら呆れられ、無我の商標共々、立ち去られてしまう始末。今は「ドラディション」だか「ドラえもん」だかいう団体の代表。
木村健悟
本名 木村 聖裔。アメリカ産パクチーとして売られていたのを猪木が買取り、大分県産コンニャクのタッグパートナーへ任命した。越中詩郎が平成維震軍を結成するとそれに参加、必殺技はピカチュウを自らのスネに縛りつけて蹴る「稲妻レッグ・ラリアット」で、長州力・佐々木健介ら並み居る強豪のみならず、ポケモンGO歩きスマホをするクソどもをトコトン葬り去り、猪木や任天堂・Niantic, Inc.を震えあがらせた。ただ、地面タイプのポケモンである大分県産コンニャクにだけは然して効果がなく、ポケモンボールの中へと戻された。
長州力
本名 金正日。引退と復活を繰り返す美少女。「御小」、「メスカブト」。浮浪者のような格好をして試合をする事から、「ホームレスレスラー」「宿無しリキ」「かませ犬」などとも呼ばれている。一時期小川直哉主催のHUSTLEにも登場していたがガチで試合をしてしまう為クビになる。必殺技は、ギターで殴る。名セリフとして「またぐなよ」「キレてないですよ」「ナニコラタココラ」「500万は返せないぞ」など。引退していたが大仁田と友達になるため復帰。
長州小力
本名 久保田 和輝(くぼた かずてる)、西口プロレス所属、ただのチビデブ。必殺技は笑い殺しだ。人差し指を立てて左右に振りながら切れてなーいというだけで技に全く切れがない。他に、パラパラの技を持つが、見るに耐えない。
藤原喜明
本名 すっぽん皇帝。エロオヤジテロリストで、女であれば誰でもよいのか、自らの弟子であり「女子プロレス 4b72 最強の男」と称される神取忍の尻すら躊躇なく撫でまくる。頭部が異常に硬く、あまりの硬度ゆえにダイヤモンドですら砕けない。また、理論上の存在に他ならなかった「脇固め」を世界で初めて発見、その功績を讃えアメリカでは脇固めを「フジワラ・アームバー」と称している。『冬の札幌』において、花道を歩く長州へ襲撃している功績で、以降の毎年を札幌大会は必ず「何かが起きる?」事で有名にした。
小林邦昭
本名 虎 半太。「目つきの悪い劇団ひとり」との触れ込みでデビュー。しかし、劇団ひとりがまだ生まれてすらいなかったためにファンには伝わらず、今いち人気が出なかった。そのため、自らの後輩で人気絶頂だった初代タイガーマスクに嫉妬し、「虎もオレの前ではネコになる」と、実は自分がタチであり、二人が昔アーン♥ ♥に及んだ検閲により削除な関係であることを実況の古館伊知郎を介して暴露、そこから両者の抗争にハッテンする。小林はあの頃? を思い出してか、毎試合毎試合、タイガーのマスクを強引に脱がそうとした? その行為に嫌気がさしてか、タイガーはUWFを作り新日から去ってしまう。ならばと、小林は長州のジャパンプロレス旗揚げに参加し、全日本プロレスに誕生した2代目タイガーマスクを次なる獲物として付け狙うようになった。しかし、2代目が自らマスクを脱ぐと裏切られたように感じて、新日へ戻る。そしてそこで3代目を生み出そうと謀った。だが、せっかく誕生した3代目も自らあっさりマスクを脱いでしまい、失意の小林は、同じく2代目タイガーに含みを抱く越中詩郎を同士だと感じて平成維震軍へ合流した。現役を引退して一時期レフェリーをする頃も旺盛で、田中稔が意図的に味方へ反逆し・お株を奪う中で、稔へ味方する形で出てきてやはり彼はマスクのライガーへ向けて攻撃する健在ぶりをアピールする。
ハルク・ホーガン
本名 テリー・ボレア。NWAからWWF(現・WWE)へ移籍した際、ガンマ線を浴びて超人ハルクになる。但し、線量が少なかったのか緑色にはならず、また未だにマーベルコミックにその使用料を払い続けている。新日がWWFと提携していた関係で来日。決め技は、ショー化が進んでいるアメリカでは客へアピールしやすい「ギロチンドロップ」であるが、ハイスパート・レスリングの新日では「アックス・ボンバー」である。しかし、あまりにハイスパート過ぎて猪木を失神させてしまった。WWF社長のビンス・マクマホンとケンカしてWCWに移籍するとnWoを創立、一大ブームを巻き起こしWCWを世界No.1に押し上げたが、所属レスラーの9割近くがnWoに所属してしまい、プロレスが成り立たなくなるという本末転倒を引き起こしてWCWを潰した。結局WWEに復帰したが、またもビンスとケンカして退団、今度はTNAに上がったが、またまたWWEに復帰…したのも束の間、またまたビンスとケンカして退団。仲良くケンカしな
保永昇男
本名 同じ。寡黙でいぶし銀にして老獪。常に怖い顔をしており、目線以外の表情を一切変えることが無い。またジュニアクラスの裏番で、若手の良き相談役でもあったが(でも表情は変えない)試合内容には厳しく、しょっぱい試合をすると控室で容赦なく制裁を加えた(でも表情は変えない)。引退後はレフェリーとなるが、リング上の秩序を乱す者には容赦なく制裁する(でも表情は変えない)。
ヒロ斎藤
本名 斎藤弘幸。マサ斎藤の従兄弟の兄嫁の叔父の従兄弟の妹婿の従兄弟の従兄弟の子供。プロレス巧者で選手からの信頼も篤いにも拘らず、目立つのが苦手で、それでいて常に反体制側に居るという棚橋あたりにゃ絶対に務まらない正にジョバー・オブ・ジョバー、バイプレイヤー・オブ・バイプレイヤー。必殺技はセントーンで、選んだ理由は相手にも自分にも痛みに優しい技だから。
スーパー・ストロング・マシーン
本名 オマィエ平田太"郎?。将軍KY若松によりアンドレ・ザ・ジャイアントらと共に魔改造されたレスラー。機械でいながらも、オナラしたり廊下をクソまみれにしたりと、周囲へ迷惑をかける。後にアンドレらが正気に戻される中、何故か唯一改造人間のままとされた。しかし、いつの間にか蝶野正洋に使役され、そのあまりの仕打ちに耐え兼ねて、稲川淳二の降霊術により人の心を取り戻す。このときに発した「しょっぱい試合でスミマセン」は「21世紀に残したい昭和男の名言100」に選出された。以後は、稲川淳二より名前を貰い受けて平田淳二として戦っていたが、いつの間にか霊魂が体より抜け出て、再びただの改造人間と化す。その機械がまともに動かなくなって、2018年でスクラップと化してしまう。
佐山聡
本名:同じ。また長州と同じ山口県出身。初代タイガーマスク。始めブルース・リーの血を引く親戚『サミー・リー』を名乗っていた。しばらくしてから電話一本で呼び戻されてすぐにイギリスより戻りタイガーマスクを被る。しかし正体を知る観客やセコンドが「佐山ーっ、頑張れーっ!」と応援する事でイヤになる事150回以上でマスクを脱ぎ、今や昔を見る影もないデブネコになった。それからシューティングゲーム(現:修斗)に没頭し寝技・絞め技・ダイエット方法を研究するが、前田から金的を喰らい悶絶し断念した。
タイガーマスク
4人が現在までに実在する。初代は猪木・アリ戦で負った借金返済のために佐山聡がイヤイヤやらされ、2代目の権利は他団体に持っていかれる。3代目は下記の金本で、4代目は正体不明…元々佐山の弟子で、デビュー時からマスクを被っているため素顔になられたところで誰だか判るわけがない。スーパータイガーやらその2代目やら金本浩二ならぬ金本知憲とおぼしきタイガースマスクやらボノタイガーやら派生も多く、全ての把握は正直めんどくさい。4代目は、「再びタイガーブームを起こす」と宣言したが、太ましくなった今の佐山より飛べてない。
ブラックタイガー
現在7代目までいる――らしい。確実なのは初代(マーク・ロコ)と2代目(エディ・ゲレロ)までで、3代目以降は勝手に中の人が入れ替わるので詳細の把握が不能。
ブラック・キャット
本名 マル・ビクトル・マヌエル。元々メキシコ『クロネコ(Kuroneko)』を名乗って活躍するが、やはり日本へ来る際に登録商標を巡って揉めているようで、かっこいい名前にした。なおやはり内職やアルバイトで宅急便の仕事をしておらず、必殺技と言えば『親の七光り』や『オヤジの威光』で、息子を癒し系ペットのスティグマにしたり、かたやもう一人の息子をジャニーズ事務所に入れたりとゴリ押し。そんな無理をし続け、2006年に亡くなってしまう…。
ダイナマイト・キッド
本名 トーマス・ビリントン。イギリスにあるの穴を出る、スタンピード系で伝統あるファイター。藤波とマッチョを巡る争い、また佐山がタイガーとしてデビューする相手でもある。WWEへ登りつめる点や、長年ステロイドで作り上げる筋肉を、後述するペガサスことクリス・ベノワが憧れる存在で、しかし彼らは共々に私生活でズタズタになってしまう。そして還暦を迎えるその日に、今から余生を過ごせると言う時に、亡くなってしまう…。
ビッグバン・ベイダー
本名 レオン・ホワイト。新日に殴り込みをかけたたけし軍団の鉄砲玉(見た目は大砲だが)。体重を自由に増減可能。いきなり猪木と対戦しムーンサルトプレスであっさりと圧殺、またその時の衝撃波で両国国技館のマス席のパイプやイス57脚、壁や扉、座布団などが破壊し尽くされた。更に他の日本内外の団体も荒らし捲り、還暦を過ぎた今も続行中。2016年も、人気沸騰中のウィル・オスプレイに年甲斐も無くケンカを売ってマットに沈めた。
前田日明
本名・同じ。元大阪のストリートファイター。子供の頃に大阪城を破壊するゼットンへケンカを仕掛け、これを見事に倒し、翌日に大阪城を修復する功績を持つ。しかし、オレより強い奴に逢いに行くには伝手も海外遠征資金も無い 3b66 ことに気付き、日本代表をリュウとエドモンド本田に譲って新日に入団。当初はプロレスにマジメに励んでいたものの、血の気が騒いだかアンドレ・ザ・ジャイアントにセメントを仕掛けて本気にさせてしまい、殺されそうになったのを返り討ちにした。再びリアルファイトに目覚めた前田はUWFを経てリングスを旗揚げ、だがセメントを恐がる師匠の佐山が彼を反則にしてしまい、居なくなる。引退後は不良を更生させる意味で「THE OUTSIDER」を主催したが、更生する気も無くただ暴れたいだけの連中も集まりがちなため、一部の者は警察の御厄介になったり、一部の者は逆ギレして前田を恐喝するなど何かと気苦労が絶えない。
越中詩郎
本名 同じだって! 最初は全日本プロレスへ入門、三沢光晴と海外修行に出たが、三沢が先に日本へ呼び戻されて不信感を覚えたって! そんなとき、坂口征二から新日のハワイ遠征に呼ばれて、新日に移籍することを決めたって! その後、誠心会館と抗争後に意気投合して反選手会同盟を立ち上げ、それが後に平成維震軍になるんだって! いつの間にか『G・B・H動物園』へ入っており、なぜか俺は「ヒップ」と言う動物になっていたんでって! 天山よ、俺は『エッチュー』じゃねえ、江東区出身なんだって!綺麗な嫁さんと結婚して、みんながうらやましがってるんだって!「ブレーンバスター!」と叫んで、俺だって少なからずコーナーポストから落ちるくらいやるんだって!けどやっぱり俺はずっと、お一筋にこだわって、ケツだけで試合、やってやるって!
後藤達俊
本名 同じ。日産自動車で衝突実験のダミー人形『GT-R(後藤達俊ロケット)』をやっていたのに飽きて新日に入門、しかし若手時代はケガに悩まされて荒んでいった。そんなとき反体制側の常連であるヒロ斎藤と保永昇男に悪の道に誘い込まれてブロンド・アウトローズを結成、馳浩をバックドロップで殺害するなど(馳は心肺停止状態からラテンの血を輸血されて蘇生)悪の限りを尽くした。しかし、ヒロや保永が実はいい人だと気付くと失望して反選手会同盟(後の平成維震軍)に移籍した。その後は愛犬小原道由と、雨の中でブルブル震えていたのを連れ帰った子犬の中邑真輔、PRIDEの崩壊で捨て犬となっていたエンセン井上、それらを率いてクレイジー・ドッグスを結成し、魔界倶楽部に噛み付く。だが、魔界倶楽部が自然消滅した上に復帰した長州がガタガタうるさく吠えるのが煩わしく藤波辰巳のドラディションに入団する。ただし、藤波のコンニャク経営術は後藤の進退をもフニャッフニャにグラつかせ、結局は退団を余儀なくされた。得意技は前述のバックドロップ...と見せかけて、老人に威嚇する、フードコートのチャーシューをお持ち帰りする。
山崎一夫
本名 同じ。入門し立ての頃は中嶋勝彦、もしくは井上亘の幼体だった。このままいくと3代目J Soul Brothersの小林直己になるかと思いきや、新日を離脱し第2次UWFに参加している間に外見はほぼほぼ893に変身した。でも中身はほぼほぼお笑い芸人。新日に電撃再移籍したことで、Uインターとの全面対抗戦というドル箱興業を呼び込ぶという座敷童子要素も持つ。引退後はプロレス中継の解説者や整体師をしながら飯塚の過去の痴態を暴露する生活をおくっている。
馳浩
本名 イロ・アセ。専修大学出身で長州を慕う後輩、また卒業してしばらく教師をしていた。しかし谷村新司や堀内孝雄に似ており、レコード盤のように回りたい衝動に駆られてプロレス入りし、ジャイアントスイングで翻弄する。谷村と堀内が歌う「You are king of kings !」、まさに『チャンピオン』。33回転や45回転を調整できるが、多い時で最大60回転と本来レコードプレーヤーに無いパワーも見せる。
室町時代
蝶野正洋

本名同じ。元新日本プロレスの執行役員兼レスラー。何処ぞのハゲアメ公(ハゲる前)に首をアレされてから楽チンヒールに転身。彼の出る試合は客が入らないとして、最近は選手としての活躍はほとんど無い。G1でこそ勝利するもベルトが取れないのが不満でグレて狼軍団を結成、無理矢理入団させたスーパー・ストロング・マシーンに逃げられると、ヒロ斎藤を済し崩し的に入団させ、帰国したばかりで事情をよく知らない天山広吉を勧誘、3人で活動を開始した。その後、WCWでnWoブームが起こるとこれに参画、武藤や小島、スコット・ノートンなども加わり大軍団に成長したが、やがてブームも去り、造反した武藤とその同調者らも去ると、代わってTEAM2000を結成するも誰も集まらず、更にケガで休んでる間にメンバーが徐々に減って、結局一人でやって一人で解散した。T.M.Revolutionみたいな感じ(本人談)。必殺技はルーニーの顔マネ、大きな声を出す、役に立たない豆知識(スペインの国旗の赤い部分は敵の血など)。大晦日に月亭方正をビンタするのが風物詩となっており、これがなければ新年を迎えられないと言われている
橋本真也
本名同じ。蝶野と洗濯機を争うライバル。エルヴィス・プレスリーに憧れていた。またタイガーマスク時代の佐山聡にも憧れて蹴り技『重爆キック』を磨いた筈なのに、何故か太った頃のエルヴィスと佐山まで意識してしまい自らも段々と太っていった。更に卑猥な絵を描いて喜ぶなどして荒みきり、後輩で来る小川直也に返り討ちに遭う上、長州のカンへ触ってクビになって、大谷晋二郎、高岩竜一を率いてプロレスリングZERO-ONEを旗揚げ。赤穂浪士を気取って討ち入りを計画し・新聞の紙面を飾って長州へ反逆に成功し、嘗ての宿敵であった小川を盟友として共闘したが、レスリングの練習をおざなりにして、佐山やエルヴィスに更に近付くための食 1412 べる練習に勤しんだ結果、非業の死を遂げた・・・。
闘魂三銃士
橋本真也・蝶野正洋・武藤敬司によるお笑いユニット。橋本がボケ、蝶野がツッコミ、武藤が賑やかしを担当している。この立ち位置は後にネプチューンに模倣されている(橋本の立ち位置を原田泰造、蝶野を名倉潤、武藤を神奈月)。
スコット・ノートン
本名 同じ。切り分ける前のケバブに男梅の腕が合体して、天然木の床柱が脚として生えてきた肉壁。・・・何を言っているのかわからねーと思うが、でも大体そんな感じの選手。並の攻撃は一切通用しないため、RPGのラスボス同様、チクチクとHPを減らしていかないと並の日本人ではまず勝てない。マイクアピールは苦手で肉体で語ろうと突進してくるので、そのときはまぁ高速道路でちょいとダンプカーにでも撥ねられたと思って諦めるべし。
鈴木みのる
本名 同じ。新日に入団し、デビュー間も無く第2次UWFが発足すると総合格闘技の方が向いてるとばかりそれに参加、でもなんか違うと感じて藤原組に流れ、それも違うと感じ船木誠勝に誘われパンクラスを旗揚げするとようやく腰を据える。だが内心プロレスが恋しかったのか、船木が引退すると新日に殴り込み、天龍源一郎・佐々木健介・高山善廣と「最強外敵軍」を結成し、藤波社長と猪木の迷走によりグダグダとなった新日本隊の弱体化ぶりを世間に露呈、更に2004年大阪ドーム大会の見たい試合アンケートで、「鈴木みのるvs佐々木健介」が得票数で一位を取ってしまい、これに危機感を募らせた猪木は鈴木・健介戦をメインではなくセミファイナルに下げ、それどころか外敵軍4人を出禁にする(ほぼほぼ 1056 マジ)。鈴木は当て付けとばかり新日以外の色んな団体に上がり、その内に小島から子分を横取りして信頼感が出来てきたので「鈴木軍」を結成し、猪木が夜逃げした新日へ再び殴り込みをかけた。でも、そのときの気分で主戦場をコロコロと変えてはレスラーと観客をケムに撒いて楽しんでいる。2017年1月5日、黒船に乗ってオカダ・カズチカの港へ1日でやってくる。自分達は「てめえ達の宝ぁ、俺達に全てよこせぇ!」と豪語するが、オカダと争い、あっさり負けた。
飯塚高史
本名 飯塚孝之 。海外遠征してきた直後は武藤とそっくりだった。マジで。ベビーフェイス時分・ヒール時分を問わず元より寡黙で、ほとんど会話を交わさず、後に組む天山とも握手程度で終えるシャイな人。『魔性のスリーパー』で締め上げ天山を裏切り、今はイメチェンしてプロレスみるのが初めての人が飯塚を見ると「こいつは基地外じゃね」と思ってしまうらしい(現在は反選手会同盟時代の後藤達俊を細くした感じである)。本体はどっかに封印されてるらしい。必殺技は野上アナウンサーをボコボコにする、アイアンフィンガーでテンコジ2人を突く、さらに矢野も裏切りイスで叩きアイアンフィンガー、そして後藤洋央紀のブーツを完食するまでひたすら噛みつく、トドメに鈴木みのるからイスを取り上げて反逆…と思いきややはり友情タッグTシャツを宣伝する天山へ騙し討ち。昔、猪木主催の「北朝鮮平和の祭典」に佐々木健介や、全日本女子プロレスの北斗晶ら複数の女子レスラーと出場したことがあったが、どうやら、そのうちの豊田真奈美を豊田自動車に見立ててケツに乗りアーン♥ ♥らしく、「責任を取った健介、取らなかった飯塚」と、後に山崎一夫により神奈川県のローカルTV番組で暴露されている(マジ)。もしこれが豊田でなく、井上貴子ならば、飯塚はどうなっていただろうか?しかし噛みつく癖をやめきれず、YOHとSYOを食っている最中にショボい丸め込み技を食らって負け、これを最後の晩餐に引退宣言してしまう。そして天山は彼を闇から戻すために尽力するも、やはり最後を彼は天山へ噛みつき、鈴木軍? 2a05 ??こぞってアイアンフィンガー!怨念坊主を貫いて人気を得て終えた。
AKIRA
本名 野上彰。昔、飯塚とJ.J.ジャックスを結成していた。が、AKIRAが御多聞に漏れずジュニアからヘビーに転向して失速気味だった以上に、当時の飯塚が今からでは想像もつかない程に面白味の無い堅物レスラーすぎたため、人気実力とも闘魂三銃士・馳健タッグに匹敵出来なかったどころか足元にすら及ばなかった。その後、飯塚に見切りを付けて平成維震軍入りしたが、突如グロンギに改造されズ・ザイン・ダとなって仮面ライダークウガとの抗争を開始した。
リック・スタイナー
本名 ロバート・リッヒシュタイナー。弟のスコット・スタイナーと共に、スタジャンを着た陽気なアマレスコスチュームタッグ「スタイナー・ブラザーズ」として新日で活躍した。しかし、スコットが突然に大味筋肉ヒールになり下がった上に、兄弟対決により御陽気キャラが殺されてしまったのみならず、弟だけがWWEに上がる始末で、やむなく一人でTNAに上がった。その後、弟があっさりWWEを解雇されたので再びTNAで組むも、弟の塩さ加減の巻き添えを喰らう形でメジャー団体では見かけなくなってしまった・・・。
スコット・スタイナー
本名 スコット・リッヒシュタイナー。リック・スタイナーの実弟。フランケンシュタイナーの開発者。兄と共に陽気にタッグ戦線を沸かせていたが、突然パンプアップに目覚めてカッチカチの筋肉男へ変貌。サングラスをかけて力こぶにキスして、「スタイナー楽したいなぁ」と改名したキャメルクラッチを決め技とする選手となった。そのしょっぱさから以降「大先生」との称号を得る。WWEにも行ったが終始そんな感じであり、当然早々に解雇された。一時TNAにも上がっていたが、今はどこで何しているやら…。
ドン・フライ
本名 ドナルド・フライ。マクドナルドポテトでなく、またイーグルスのメンバーでもなく、元UFCファイター。新日に参戦し、へ変身して噛みつくヒールとして悪の限りを尽くした。その一方、まだプロレスが真剣勝負だと信じられていた時代に、ベビーフェイスだった佐々木健介がアメリカで総合格闘技に参戦する際のトレーナーをつとめるなど、作られたヒールであるのを何気に露呈してしまうお茶目さんでもある。後にPRIDEに参戦し男塾塾長へ就任するとザ・たっちの殴り合いのネタを高山善廣と共に披露。更に地球防衛軍に所属してゴジラを攻撃したり、インスタント焼きそばを振る舞う学園の道場主になったりもした。彼は歳を取っても健在で、2019年に対抗試合で武藤側BATTへ属し、新日・蝶野側TEAM2000を相手に戦う。ところが突然に仲間の1人に居る太陽ケアへ反逆し、蝶野へ加担しアシストする暴走をやってのけた。
獣神サンダー・ライガー
本名 ケミカルブラザーズ。出生名『山田太郎』を名乗る3歳の頃に両親が生活苦の為にサーカス小屋に売り飛ばされ、それから中学校を卒業するまでは学業と火の輪くぐり、トランポリンを繰り返す日々であった。高校でレスリング部に入部、その時の部長であった西川きよしに憧れ、警察官になる事を夢見る。必殺技はカラオケで上司が歌っている時にトイレに行く、変な着メロ(トランスフォーマーコンボイの謎など)、桃鉄を自分一人VS赤鬼で99年ちゃんとやる。
エル・サムライ
本名松田納。両親が「松重ストア」というスーパーを経営していたが、イタズラ好きの三代目タイガーマスクに店の商品を軽トラ二台分万引きされた為、閉店した。天敵は金本と御小。余談だが、ワイルド・ペガサスにスーパー・パワーボムをされ、失神してしまい、救急車が来るまでの間、控え室で安静にさせていたのだが、救急車が来た時には、エル・サムライはタバコを吸っていた。念のため病院に運んだが当然、大事には至らなかった。この態度を『オレ・ラ・ヒマデストラル』と言う。
ワイルド・ペガサス
本名 クリス・ベノワ。外国人にして新日の練習生になったその魁。覆面レスラーペガサス・キッドとしてジュニアの一角として活躍、しかしマサ斎藤がプロレス中継の解説中にしょっちゅう正体をバラすので、覆面を脱いでワイルド・ペガサスと改名する。本名でWCWでも活躍していたが、どいつもこいつもnWoに入りたがる現状に辟易しWWEへ移籍する。体重をむりくりヘビー級にしてレッスルマ? 1334 ?アでヘビー級王座を獲得するまでに出世したが、自らの症状と不治の病の息子の将来を悲観し無理心中を図って死亡。でもアメリカには無理心中という文化は無いため、いまだにアメリカでは単なる殺人者扱い。
エディ・ゲレロ
本名 同じ。日本では主にブラックタイガーの中の人(2代目)。今のところ最初で最後のベビーフェイス側の黒虎でもある。ワイルド・ペガサスらと共にジュニア戦線を沸かせたが、WWEに移籍したので新日とは疎遠となった。しかしアル中で解雇されTEAM 2000の一人として素顔で新日に参戦、でもすぐWWEに復帰し大人気となり、ベノワと同様に体重をむりくりヘビー級のウェイトにしてヘビー級王座を獲得する。ただ、当時はブラック企業だったWWEがロクに休みをくれなかったため、疲労に因る動脈硬化で死亡。ビンスは追悼式で「サンキュー、エディ」とは述べたが謝罪は一切していない(贖罪と反省はしてるっぽいが)。
金本浩二
本名同じ。とにかく顔を踏む、踏む、踏む。スーパーマリオブラザーズのモデルになったといわれている。声がしゃがれているのは昔から。得意技は、ツイッター上からの元嫁への糾弾。そして今の奥さんへ浮気を疑われ顔面ウォッシュ!金本の名に違わない、ケンカファイトを展開する番長。しかしスクールゾーンへツバを吐いて他校へ殴り込もうとすると、スクールボーイ達が自転車で襲ってきてひき逃げ、一瞬で負けて到達できなかった。ジュニアヘビー級で居ながら、軽々しい態度で規定を無視して体重を増量せずヘビー級王座に挑む。その風穴を彼が初めて開けるが、軽さが仇になり、王者・棚橋が投げっぱなしジャーマンをすると軽く1回転して額を打ちつけたり、ドラゴンスリーパー態勢から軽々と持ち上げジャイアントスイング感覚でブン回して、投げると思いきや叩きつけて、吹けば飛ぶような軽さで負けた。前述の得意技による成果が出たのか、無事お縄となる。
戦国時代
天山広吉

本名 ブルース・リー。北朝鮮からホームステイで現在網走刑務所で生活している。顔は、体が 116c 獅子、腕がアナコンダ、の羽を持つ想像上の動物。必殺技は無い。想像上だから。シーッ。『G・B・H動物園』、初代園長で。そんな彼は桃太郎のように手下達を管理しきれず、石井ブルドッグを誤爆で一寸法師にしてしまい、そこから真壁ゴリラや本間サル矢野タヌキや邪道ハゲタカや外道ブルドッグや越中ヒップから偉大なる反逆に遭い、さらに味方に居る飯塚ドーベルマンにまで裏切られ、挙げ句を本隊へ属する長州こと吉田太郎、ライガーこと山田太郎、蝶野太郎、平田太郎、永田太郎、そして変隊へ属する金村金太郎と佐藤太郎がダメ出しして孤立した。そこを小島太郎全日本プロレスから帰ってきて、世界一カッコいい『天コ寺動物園』を復活させた。
小島聡
本名 小鳥恥。「1+1は2じゃないぞ。俺たちは1+1で200だ。10倍だぞ10倍!」と、29歳の時に算数の概念を変えた天才。「故事故事カッター」を得意技にしているが、周囲の選手曰く「全然痛くない」。尚、スティーブ・オースチンは『トーキック・スタナー』、アン〇ーソン選手やタマ・◯ンガ選手の「ガンスタン」は小島のそれと同型だが威力が全く違うところは気にしたら負けである。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:130 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef