新人類
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新人類」の項目を執筆しています。

新人類(しんじんるい)とは、1960年代以降の日本に現れた進化した人類を示す言葉。
目次

1 概要

2 特徴

3 脚注

4 関連項目

概要

日本における主要民族生態系は、第二次世界大戦の前後で大きく変化することになった。極端な多産奨励や促成教育の普及により、遺伝子レベルでのブレイクスルーが起きたことで戦後生まれ世代[1]は戦前世代と大きく異なるメンタルやフィジカルを獲得したのである。この突然変異的な進化は土地によって微妙な差異はあったものの、短い期間で日本社会全体へと波及していった。

それでも戦後直ぐに生まれた層は古い世代からの教育もありそちらの世代の特徴が大きく出ていたが、「もはや戦後ではない」と言われた1960年代以降に生まれ1980年代に社会へと出た世代は、内外共にもはや別の人類と呼べる程に旧世代と異なっている。故に「新しい人類」即ち「新人類」と呼ばれるのである。
特徴

新人類の特徴として、「本能的な欲求の希薄さ」がまず挙げられる。旧世代の男性がハンティングするように女性を求め、貫いたの数を勲章として誇ったのとは対照的に「遊びの延長」としてのライトな付き合いを求める傾向が強い。また進歩し過ぎたせいか全体的に厭世的で、画一的な価値観を望むのも大きい。その一方で哲学やジャズを同じように愛好する「思想/行動のファッション化」が進んでおり、実際にはいい意味でも悪い意味でも個性的である。その悪い面として、彼ら彼女らが子育て世代となった1990年代以降に社会問題となった「モンスターペアレント」が例にあげられる事が多い。

外見の特徴としては、全体的なアングロサクソン化が進行しており体格が飛躍的に向上した事が分かりやすい。特に女性のバストは一気に急成長し、80年代では巨乳の代名詞だったDカップが00年代には普通サイズ扱いされている。GカップだのHカップだのという前時代には規格外だった[2]バストも方々で見られるようになっていき、巨乳よりも貧乳が珍重されるという逆転現象も起こる始末である。ただし進化はしたものの旧世代との交配はまだ可能であり、遺伝子上の差異は小さいと思われる[要出典]。
脚注^ 「戦争を知らない世代」とも呼ばれた。
^ 「私、大きすぎてブラが売ってなくて…」という自虐的自慢は、この世代ではもう死文化となっている。

関連項目

人類

団塊の世代 - 新人類の前世代

ゆとり世代 - 進化しすぎたことで、旧人類の理解を越えた「新・新人類」。

世代

現代っ子

現代人

イナズマン

人類は衰退しました


更新日時:2018年10月2日(火)12:57
取得日時:2019/07/13 04:35


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4583 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef