文節
[Uncyclopedia|▼Menu]
「僕は ねー お母さんと ねー 買い物に ねー 行った よ。 」
? 文節 について、文節を習いたての
中学生ユーモア欠落症患者の ねー ために ねー 、ウィキペディアの ねー 専門家気取りたちが ねー「文節」の ねー項目を ねー 執筆して ねーいます よ 。

文節(ぶんせつ)とは ねー 、学生の ねー 国語嫌いを ねー 助長する ねー 悪の ねー 化身で ねー ある よ。なお ねー これより ねー 先は ねー 、文節の ねー 区切りを ねー 「/」 で ねー あらわす よ。
目次

1 文節とは/どういう/ものか

2 理不尽な/「文節に/区切る」

3 上級者編

3.1 古文を/区切る

3.2 もっと/細かく/区切る


4 まとめ

5 脚注

6 関連項目

文節とは/どういう/ものか

中学校の/国語の/文法の/授業では/文を/このように/斜線によって/区切ると/いうのが/行われて/いる。

ただでさえ/「何故/習うのか/全く/分からない。」と/いう/声が/大きい/文法において、「文節に/区切る」と/いうのは/めんどくさい/上に/社会に/出ても/全くと/言って/良い/ほど/使わない/行為で/ある。

中には/理不尽な/区切り方も/存在して/いる/ことから/そのような/問題を/解いた/学生は/スチューデント・アパシー(学生無気力症候群)に/なりやすいと/指摘されて/いる。[要出典]

また/習いたての/頃は/文節の/区切りの/部分で/「ねー」[1]と/文の/終わりには/「よ」等の/(省略する/ことも/ある。)合いの手を/入れるのが/一般的と/なって/いる。もし/外国人が/この/光景を/目撃したら/「日本の/国語の/授業では/地域の/伝統的な/民謡を/皆で/歌うのか」と/勘違いされて/しまうかも/しれない。
理不尽な/「文節に/区切る」

ここでは/具体例を/挙げて/説明しよう。(1)この部屋はきたない。(2)掃除機が動かない。(3)私の心に掃除したいなどという気持ちはない。

上の/三つの/文を/それぞれ/文節に/区切ると/(1)この/部屋は/きたない。(2)掃除機が/動かない。(3)私の/心に/掃除したい/などと/いう/気持ちは/ない。

この/ように/なる。

(1)、/(2)と/(3)を/比べて/みると/後者は/「ない」が/独立して/いるのに/前者は/して/いない。同じ/「ない」なのに/文節に/区切ると/違いが/出ると/いうのは/おかしな/話で/あると/同時に/理不尽で/ある。[2]
上級者編
古文を/区切る

高校生に/なると/古典文法を/学ぶように/なる。既に/お分かりだと/思うが/古文も/文節に/区切らなければ/ならなく/なる。「古文と/いっても/日本語には/変わり/ないだろう。」/などと/思う/者は/とても/痛い/目に/あう。これを/見れば/古文が/いかに/今の/日本語と/違うかが/分かるだろう。

また/古文にも/理不尽な/区切り方は/存在する。再び/具体例を/挙げて/説明しよう。(1)今、平家を討つべし。(2)今めかしきこと年寄りより憎まるるは、世の定めなり。

上の/二つの/文を/それぞれ/文節に/区切ると(1)今/平家を/討つべし。(2)今めかしき/こと/年寄りより/憎まるるは/世の/定めなり。

今度の/場合は/「今」と/いう/字に/注目して/いただきたい。やはり/同じ/「今」なのに/区切り方が/違うので/ある。[3]
もっと/細かく/区切る

「文節に/区切る」を/習得したら/「単語に/区切る」と/いうのを/習う。これは/文を/文節に/区切るの/よりも/さらに/細かく/区切る/もので/ある。単語に/区切って/書かれた/文章は/かなり/読みにくい/もので/ある。この/記事も/かなり/読みにくいが/単語に/区切って/書かれた/文章は/ぱっと見では/意味が/理解できない。下に/一文だけ/紹介しよう。アンサイクロペディアン/は/ウィキペディアン/を/嫌っ/て/いる/と/思わ/れる/かも/しれ/ない/が/案外/そう/で/は/なく/むしろ/良く/思っ/て/いる/人/も/いる/そう/です/と/嘘つき/は/話し/た/そう/です。
まとめ

以上のように、わざわざ普通の文章を文節に区切ると読みにくく、また読むだけでストレスが溜まってしまうことが分かった。しかし文節に区切るというのは、文法を学ぶ上での基礎中の基礎とされている為、それから逃れることはほぼ不可能である。
脚注^ 「さー」や/「よー」なども/確認されて/いる。
^ 単語/レベルに/区切れば/違うだろうですって? ふ?ん/そうなんですか。
^ 品詞を/比べろですって? まあ/良いでは/ないですか。

関連項目

国語

未来の/国語教科書(この/教科書には/未来の/日本で/使われて/いる/文法の/解説が/あるには/あるが/文節のみ/ならず/品詞/等の/記述が/無い。したがって/未来の/日本では/文法は/あまり/教えられないのだろう。)


クソ記事に ねー 注意!!
この ねー 記事は ねー クソです よ 。筆者 ねー 自身がねー それをねー 認めます よ 。


この ねー 項目「文節」は ねー 、執筆者が ねー クラックを ねー キメていた ねー 可能性も ねー ありますが ねー 、今は ねー まだ ねー クソの山です よ。より愉快に ねー して ねー くださる ねー 協力者を ねー 求めて ねー います よ。これを ねー 見ている ねー あなたも ねー 、恥ずかしがらずに ねー 書き込んでねーみよう よ! (Portal:スタブ)
カテゴリ: ?

日本語

自己言及的な/ページ

読みにくい/文章


更新日時:2010年12月29日(水)16:24
取得日時:2019/07/20 08:16


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9098 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef