文体練習
[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。ちょっと待っててね…この項目「文体練習」は、執筆者が編集しすぎて大変重くなっています。表示されるまで少し時間がかかりますが、カップラーメンでも食べながら気長にお待ち下さい。

『文体練習』(ぶんたいれんしゅう)はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な文学作品である。「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体で叙述する。 表紙
目次

1 概要(体言止め)

2 概要(比喩)

3 概要(最上敬語)

4 概要(擬音語・擬態語)

5 概要(反語)

6 概要(倒置法)

7 概要(ロシア的倒置法)

8 概要(挿入語句)

9 概要(再帰論述法)

10 概要(反復法)

11 概要(冗語法)

12 概要(畳語法)

13 概要(二重否定)

14 概要(疑惑法)

15 概要(誇張法)

16 概要(箇条書き)

17 概要(未来形)

18 概要(仮定法過去完了形)

19 概要(言い換え)

20 概要(頭韻)

21 概要(頓呼法(呼びかけ))

22 概要(短歌調)

23 概要(俳句・川柳の解説的)

24 概要(古文)

25 概要(漢文)

26 概要(高橋メソッド)

27 概要(昔話的)

28 概要(映画の宣伝的)

29 概要(テレビショッピング的)

30 概要(次回予 7fed 告的)

31 概要(某国国営放送的)

32 概要(過激派的)

33 概要(整備文的)

34 概要(小学生の日記的)

35 概要(ルー大柴的)

36 概要(リ・チュンヒ的)

37 概要(田村正和的)

38 概要(えなりかずき的)

39 概要(古舘伊知郎的)

40 概要(インディー・ジョーンズ的)

41 概要(ノムリッシュ的)

42 概要(ハートマン軍曹的)

43 概要(ブライガー的(パラレリズム))

44 概要(クランチ文体)

45 概要(宇宙刑事的)

46 概要(世界まる見え!テレビ特捜部的)

47 概要(斬の説明口調的)

48 概要(糸色望的)

49 概要(ギレン・ザビの演説風)

50 概要(ウィキペディア的)

51 概要(アンサイクロペディアの糞記事的)

52 概要(アンサイクロペディアのNRV的)

53 概要(アンサイクロペディアのスタブ的)

54 概要(アンサイクロペディアのノートのコメント的)

55 概要(アジフライ語的)

56 概要(VIP的)

57 概要(Twitter)

58 概要(宇宙ヤバイのコピペ的)

59 概要(アンパンマンのコピペ的)

60 概要(ポルナレフのコピペ的)

61 概要(吉野家のコピペ的)

62 概要(かみのコピペ的)

63 概要(CHAGE and ASKA的)

64 概要(エアーマンが倒せない的)

65 概要(フルメタル・ジャケット的(軍曹ソング))

66 概要(ビジュアル系バンド的)

67 概要(回文)

68 概要(ポエム的)

69 概要(テスト形式)

70 概要(時報)

71 概要(鉄道的)

72 概要(軍事的)

73 概要(聖書的)

74 概要(クルアーン的)

75 概要(エレバン放送的)

76 概要(HSP的)

77 概要(VBA的)

78 概要(C++的)

79 概要(UTF-8的)

80 概要(Excite先生的)

81 概要(Excite先生再翻訳的)

82 概要(軍靴の足音的)

83 概要(裁判風)

84 概要(折田先生像的)

85 概要(ラジオ番組)

86 概要(DQN的)

87 概要(松岡修造的)

88 概要(田中宗一郎的)

89 概要(ブロントさん的)

90 概要(遊戯王的)

91 概要(ムスカ大佐的)

92 概要(ファンタCM昼メロ先生的)

93 概要(黒バラ的)

94 概要(MMR的)

95 概要(コミックのカバー裏的)

96 概要(ニュース的)

97 概要(レイクの古いCM的)

98 概要(修身の教科書的)

99 概要(ケータイ天皇的)

100 関連項目
[ ⇒編集]
概要(体言止め

文体練習はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な文学作品。「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度目撃」という短い話を99通りの文体で叙述。
概要(比喩

文体練習はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した、フラスコの中で液体を合成した結果誕生したかのような文学作品である。「まるでカバのように鈍重なバスの中で見かけた怒髪天を衝いたかの如くに乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」というあたかもHydeのように短い話を99通りの文体で叙述する。
概要(最上敬語

高名なるレーモン・クノー様におかれましては、1947年、御文の御稽古をお書きあそばされました。「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という素晴らしき御話を、畏くも99通りの文体で叙述なさりあそばされたのでございます。
概要(擬音語・擬態語

文体練習はフランス人の作家レーモン・クノー(ドッギャァァァン)が1947年にズギャァンと発表した実験的な文学作品である。「ブロロロローと走るバスの中で見かけた乗客をギャーギャー罵倒する若者を、2時間後に別の場所でフラッともう一度見かける」というチョロっとした短い話をクドクドと99通りの文体で叙述する。
概要(反語

フランス人の作家レーモン・クノーが文体練習という文学作品を書かないことがあろうか。その1947年に発表された作品が実験的でないことがあろうか。バスの中で見かけた若者は乗客を罵倒せずにすますことがあろうか。その若者に再び会わないことがあろうか。その短い話を99回も繰り返し書かないことがあろうか。そんな馬鹿げた小説があろうか。
概要(倒置法

1947年に発表された実験的な文学作品である、文体練習とは。フランス人の作家レーモン・クノーである、その作者は。99通りの文体で叙述したものである、短い話を。「2時間後に別の場所でもう一度見かける、バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を」という内容である、その短い話とは。
概要(ロシア的倒置法

ソビエトロシアでは、文体練習が1947年にレーモン・クノーを発表し、99回の出会いがバスの中で他の客を罵倒した若者を叙述する!
概要(挿入語句

文体練習(ぶんたいれんしゅう)はフランス(第四共和政下にあった)人の作家レーモン・クノー(より正しくはレモン・クノウ)が1947年(第二次世界大戦終結から2年後)に発表した実験的な文学作品である。「(当時パリの主要な交通機関であった)バスの中で乗客を罵倒する若者(年齢は明らかではない)を見かけ(主人公はあくまで傍観者である)、2時間後(これはわずかな時間の後、というほどの意味)に別の場所(具体的にはサン・ラザール駅前)でもう一度見かける」という短い話(10行ほどにすぎない)を99通りの文体で叙述する(これはクノーの豊かな技巧と才能を示している)。
概要(再帰論述法

文体練習はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な文学作品であるため、レーモン・クノーが1947年に発表したのは文体練習である。「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体で叙述したので、99通りの文体で叙述されたのは「バスの中で見かけた若者を、別の場所でもう一度見かける」という短い話だった。
概要(反復法

文体練習はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表したクノーのための実験的なクノーによる文学作品である。クノーの「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」というクノーなりの短い話をクノーが99通りのクノー式文体で叙述する。
概要(冗語法

文体練習はあの教科書に載るほどに有名なナポレオンでとても有名なフランスの生まれであるフランス人の作家である、と思われているレーモン・クノー氏が日本では皇室典範が公布されたりした1947年に発表した今でも充分に新鮮といえるほどにとても革新的な実験的文学作品のうちのひとつである。レーモン・クノーはあの教科書に載るほどに有名なナポレオンでとても有名なフランスの生まれであるフランス人以外の何者でもなく、彼は今でも充分に新鮮といえるほどにとても革新的な実験的な要素を含んだ文学作品として文体練習を20世紀の皇室典範が公布されたりした1947年に発表した。その内容は、「の一種であると思されているバスの中で見かけた人間のうちのひとりの乗客をとても激しく強くこれ以上ないほどにまわりの目もはばかることなく罵倒する人間のうちのひとりの俗に若者と呼ばれる若い人を、短くも長くもあるなんともいえない2時間という間の後にの一種であると思されているバス以外の別の場所でもう一度見かける」というとてもとてもそれだけでは文学作品足り得ないような短い話を99通りもの多彩な記述方法で表現するものである。あの教科書に載るほどに有名なナポレオンでとても有名なフランスの生まれであるフランス人の作家のレーモン・クノーが日本では皇室典範が公布されたりした1947年に発表した文体練習の中に書かれている話はとてもとてもそれだけでは文学作品足り得ないような短さなのだが「の一種であると思されているバスの中で見かけた人間のうちのひとりの乗客をとても激しく強くこれ以上ないほどにまわりの目もはばかることなく罵倒する人間のうちのひとりの俗に若者と呼ばれる若い人を、短くも長くもあるなんともいえない2時間という間の後にの一種であると思されているバス以外の別の場所でもう一度見かける」というとてもとてもそれだけでは文学作品足り得ないような短い内容をぴったりした数のひとつである100より1少ない99通りもの方法もしくは文体で記述してあるものがあの教科書に載るほどに有名なナポレオンでとても有名なフランスの生まれであるフランス人の作家であるレーモン・クノーが日本では皇室典範が公布されたりした1947年に発表した文体練習と呼ばれる作品である。
概要(畳語法

文体練習、文体練習、文体練習はフランス人の作家・レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な、まさに実験的な、真に実験的な文学作品である。「バスの中で見かけた乗客を罵倒し、罵倒し、さらに罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度、そう、もう一度見かける」という短い、とても短い、実に短い話を、クノーは書いた。そして同じ話を99通り、99通り、なんと99通りの文体で、クノーは書いた。クノーは書いた。クノーは書いた。書いた、書いた、書いた、書いた、書いた、書いた……。
概要(二重否定

文体練習は非フランス人ではない作家レーモン・クノーが1947年以外ではない年に発表した実験的と評価しないわけにはいかない文学作品であることは否定できない。「バスの中のほかどこでもない場所で見かけた乗客を罵倒せずにはいない若者を、2時間後に別ではないのではない場所で再び見かけないということはない」という短くないことはない話を99通りの文体で叙述しなかったとは誰にも言えない。 7ffb
概要(疑惑法

文体練習はフランス人とされている作家レーモン・クノーが1947年前後に発表した(おそらくは)実験的な文学作品であると一般的には言われている。「バスの中で見かけた、乗客かなにかそのような者を罵倒する若者にも見えれば老人にも見える男を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短いような長いような話を99通りの文体で叙述するとされているが……。
概要(誇張法

文体練習は芸術とワインと原発依存で有名な国の、ノーベル文学賞受賞を嘱望された作家レーモン・クノーが1947年に大発表し、世界中を驚愕させた、凄まじく実験的な文学作品である。「こともあろうに、バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、無限とも思えるほどに膨大な時間が過ぎた後に、奇跡とも思える程の偶然で別の場所でもう一度見かける」という、この世の物とは思えないほどに恐ろしく短い話を、現世では数え切れないのではないかと思えるほどの文体で極めて多彩に叙述する。
概要(箇条書き

文体練習は実験的な文学作品である。

著者はフランス人の作家であるレーモン・クノーである。

1947年に発表された。

短い話が99通りの文体で叙述された。

その話は「@まずバスの中で乗客を罵倒する若者を見かける A2間後に別の場所でもう一度見かける」というものである。

概要(未来形

文体練習はフランス人の作家たるべきレーモン・クノーが1947年に発表する予定の実験的となろう文学作品であると予測する。「バスの中で見かけることになる乗客を罵倒するつもりの若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける予定」という短い話を99通りの文体で叙述するものであることは後年確かめられよう。
概要(仮定法過去完了形

もしフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に文体練習という実験的な文学作品を発表していれば、それは「バスの中で乗客を罵倒する若者を見かけさえすれば、2時間後に別の場所でもう一度見かけていたはずだ」という短い話を99通りの文体で叙述したものであっただろう。
概要(言い換え

エクセルシス・ド・スティルは、文筆家のR.クノー(仏)が昭和22年に公表した試行的な小説である。「乗合自動車の中で視界に入った利用者を罵る青年に、120分後に違う所で再会する」という小話を11000112通りの記述様式で描写する。
概要(頭韻

文体練習はフランス人の作家
不細工でおなじみレーモン・クノーが1947年に発表した
不気味な文学作品である。
「ぶらり乗り込むバスの中
 物騒な調子の若者が
 ぶうぶう乗客を罵倒して
 無事にそれから2時間後
 ぶつくさ友人と話してる」という短い話を
ぶっ通し99通りの文体で叙述する。
概要(頓呼法(呼びかけ))

クノー、クノーよ、フランス人の作家であるあなたは、1947年に実験的な文学作品である文体練習を書いたのだった。「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者よ、2時間後に別の場所でもう一度見えん」、賢明なる読者よ、クノーはかくのごとき短い話を99通りの文体で叙述したのである!
概要(短歌調)

小話を 文体変えて 九十九度 クノーは書けり 文体練習 
概要(俳句・川柳の解説的)

短文を 表記変えつつ 九十九(つづら)書く くのお解説…この俳句から、「バスに乗っていた乗客に罵声をかける若者を、二時間後に別の場所でもう一度見た」という短文を、詠み手が表現を変えながら九十九回書いたという内容が読みとれる。一見季語がないように見えるが、「つづら」が夏の花「葛藤(つづらふじ)」の暗喩となっている。
概要(古文

今は昔、仏蘭西の国に礼紋・久能といふものありけり。乘合車にて客(まろうど)をば罵りける若人(わかうど)に、一刻後に別の処にて會へるとなむ、いと短き物語をば、九十九(つづら)の文(ふみ)にて綴りける。名をば、ぶんたいれんしふとなむいひける。
概要(漢文
漢文
仏国有雷蒙・格諾、能文。一九四七年著文体練習、以九十九文体曰「於箱車、主人観対乗客之若者罵倒、而経二時間、於別所、再見」。
読み下し
仏国ニ雷蒙・格諾アリ、文ヲ能クス。一九四七年、文体練習ヲ著シ、九十九ノ文体ヲ以テ曰ク「箱車ニ於テ、主人ハ乗客ニ対スル若者ノ罵倒ヲ観エ、二時間ヲ経リ、別所ニ於テ、再見ス」ト。
概要(高橋メソッド)文体練習とはフランス人の作家レーモン・クノーが

放送時間の都合上カットいたします。[ ⇒編集]
概要(昔話的)

昔むかし、あるところにフランス人の作家レーモン・クノーがおったそうな。おばあさんは川へ洗濯に、クノーは文体練習(ぶんたいれんしゅう)という文学作品を発表しに出かけたそうな。クノーは「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を、99通りもの文体で叙述したそうな。
概要(映画の宣伝的)

全仏No.1ヒット!

あの巨匠、レーモン・クノーが送る、前代未聞の実験小説! バスの中で見かけた乗客― 悲劇はここから始まった。罵倒し、別の場所で再び出会う若者を、99通りの文体で描ききる感動の超大作! 全仏が泣いた
概要(テレビショッピング的)

あのレーモン・クノーが1947年に発表した、バスの中の男の話を書いた小説「文体練習」が、なんと驚きのこのお値段!(えー!) しかも今なら、表現を変えた同じ話が98個も付いてきて、驚きのお値段据え置き!(すごーい!) お申し込みは今すぐ!
概要(次回予告的)

バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける。ついにクノーは、この話を99回書いて出版することを決意した! しかしそこに立ちはだかるは編集者。彼の原稿、そして彼の行く末は一体どうなってしまうのか!? 次回、「文体練習」156話は「クノーの苦悩」、お楽しみに!
概要(某国国営放送的)

親愛なる指導者、偉大な人民の太陽、百戦百勝の霊将であらせられるところのレーモン・クノー同志は、憎き日本帝国主義が朝鮮の地から撤退してから2年経った主体36(1947)年、実験で文学を動かす絶世の作家として「文体練習」を発表なさりました。これを祝し、革命の聖山白頭山には二重の虹が輝きました。

恐れ多くもその内容は次のように革命的なものです。「誰もが羨む楽園のごときバスを現地指導された時、乗客を罵倒する若者を熱狂的に指導した。しかしながら2時間後、別の場所で不遜にももう一度その若者見かけたため、無慈悲に指導した」。我らが人民の英雄はこのような偉業を達成なされました。並ぶ者のない我らの光明星、同志将軍様に栄光あれ!
概要(過激派的)

本日ここにィー、集結されたー、労働者、学生、幼児諸君! フランス人の作家ァー、レーモン! クノーはァ?、1947年! 乗客を罵倒するゥ?、反革命的な若者をー、許し難いことにィー、2時間後! 別の場所で! さらにもう一度! 見かけたのであーる! (ナンセーンス!)

これはァ?、体制側の振るうー、文学的実験のォ?、象徴であってェ?、我々が闘うべきィー、我々のォー、共通の敵なのであーる! (異議なーし!)
概要(整備文的)

『文体練習』とは、フランス共和国(西暦843年(承和十年)のヴェルダン条約によって成立した西フランク王国を母体とし、該作品著述時の政体(第四共和政)が西暦1946年(昭和二十一年)に成立した西ヨーロッパの国家。以下「フランス」という。)において、文筆業等を生業とするレーモン・クノー(敬称略。以下「当該主体」という。)が、西暦1947年(昭和二十二年)に著述を行った実験的な形態を有する小説著作物(著作権法(昭和四十五年五月六日法律第四十八号)第十条第一項において定義される著作物。)である(以下「当該小説」という。)。当該小説は、「フランス・パリ市内を通行する乗合大型乗用車(道路運送車両法(昭和二十六年六月一日法律第百八十五号)第二条第一項において定義される自動車であり、道路運送法(昭和二十六年六月一日法律第百八十三号)第二条第三項及び第三条第一項イに該当する一般乗合旅客自動車運送事業(乗合旅客を運送する一般旅客自動車運送事業)に供されるもの。)車両内において、特定の旅客甲を別個の若年層と見られる旅客乙が非常に強い感情を伴い非難する光景を目撃し、約二時間後、同市第八区サン=ラザール駅において、旅客乙を再度目撃した。」との報告文を、係る当該主体が合計99種類(後に3種類を追加した。)の多岐にわたる、相異なる手法を用いて表現を実施した著作物である。
概要(小学生日記的)

きょうは文体れんしゅうをよみました。フランス人のレーモン・クノーという人が1947年にかいた小せつでした。みじかい話を99回ちがうかきかたでかきました。みじかい話は「バスの中で見たおきゃくさんをおこった人を、2じかんごにちがうばしょでもう一回見た」という話でした。すごいとおもいました。[ ⇒編集]
概要(ルー大柴的)

スタイルプラクティスはフランスパーソンのオーサー、レーモン・クノーがナインティーンフォーティーセブンイヤーにアナウンスしたエクスペリメンティブなリテラルワークだ。「バスのインでルックしたパッセンジャーをアブースするヤングマンを、ツーアワーアフターにアナザープレイスでファインドアゲイン」というショートストーリーをナインティーナインケースのライティングウェイでエクスプレスしたんだ。
概要(リ・チュンヒ的)

フランスジンノサッカ、レーモンクノーガ! センキュウヒャクヨンジュウシチネンハッピョウシタ! 、ジッケンテキブンガクサクヒンハムニダ! バスノナカデミカケタ! 、ジョウキャクヲバトウスルワカモノヲ!、ニジカンゴニベツノバショウデマタミカケルタンワヲ!、キュウジュウキュウトオリノブンタイデジョジュツスルハムニダ!
概要(田村正和的)

(※声に出して読んでください)
べんていれんしぇえうぇ、ヘレンセぜんせっけレーメン・ケネーが、せんけえひぇけえんじぇえねねねんね、へっぴぇえせて、ぜっけんてけべんげけせけへんでえれ。

「べせねねけでめけけて、じぇえけけうぇべてえせれうぇけめねうぇ、ねぜけんげね、べてねべしぇでめええてでめけけれ」てええ、めぜけえへねせうぇ、けえじぇえけえてえれねぶんてえで、じぇじぇちぇせれ。
概要(えなりかずき的)

(※声に出して読んでください)
ぼんといろんしゅうほ、ホロンソじんそっこローモン・コノーご、そんきゅうひょくよんじゅうのののんにほっぴょうしと、ぞっこんとこのぼんごこそくひんどおろ。

「ぼそののこでみここと、じょうきょくをぼとうそろおこものを、にじこんごにぼとのぼしょどもおいちどみこころ」というみぞこいほのしを、きゅうじゅうきゅうとおろのぶんとおどじょじょつぉそろ。
概要(古舘伊知郎的)

さァー狂乱のエクスペリメンタル・ライター、フランスからやって来たレーモン・クノー! なんとバスの中で見かけた男を罵倒、2時間後に別の場所で再び出遭うという話を今、クノーが! 書いた―――――っっ!!  書いた―――――っっ!!(リプレイ)  書いた―――――っっ!!(リプレイ)  書いた―――――っっ!!(リプレイ)
概要(インディー・ジョーンズ的)

文体練習はフランス人の作家レーモン・クノーが1947年に発表した実験的な文学作品オイッ!その石を触るな!!!「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所で待て!そのブロックから足を退けるなよ……2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体でいいか、この部屋の双子の蛇のレリーフに触れるなよ
概要(ノムリッシュ的)

ワードボディア=プラクティリウム(ぶんたいれんしゅう)はフランセ・仏・カルボネリ人のアーティカ・零問・クノーが聖府暦1947ゼムイヤーに発表した実験的なノベティアルである。「パルスの中で見かけたライダースを罵倒するワカ物を、2ディアワー後に別のグラン・デ・イソラーゼでもう一度見かける」というショート・韋駄天・ノベティアルを99ドーリアのテクストクリエイティアスでワールドオンする。
概要(ハートマン軍曹的)

アカの手先のおフェラ豚のフランス人、レーモン・クノー?ふざけるな!本日よりクマー二等兵と呼ぶ!いい名前だろ、気に入ったか?答え無し?魔法使いのババアか!1947年に発表するまではウジ虫だ! 地球上で最下等の生命体だ!「バスの中で見かけた乗客を罵倒するパパの精液がシーツのシミになり、ママの割れ目に残っ? 8146 ??カスが!俺がこの世でただ一つ我慢できんのは!2時間後に別の場所でもう一度こいつを見かけるということだ!」こんな両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない話を聖母マリアでもウンコしたくなるような99通りの文体で叙述する!すごい![ ⇒編集]
概要(ブライガー的(パラレリズム))

夜空の星が輝く影で、文体練習作られる。
バスの男の小話を 文体かえて99回。
フランス作家レーモン・クノー お よ び と あ ら ば 即参上
概要(クランチ文体

文体練習=実験的な文学作品/レーモン・クノー=フランス人+作家――1947年に発表。

「バスに乗る――乗客を罵倒している=若者/二時間後のサン・ラザール駅前――若者を再び目撃」×99/しかも全て別の文体で。
概要(宇宙刑事的)

「執筆」! 実験作家 クノー!

レーモン・クノーは1947年に「文体練習」を執筆する。では、執筆プロセスをもう1度見てみよう。バスの中で見かけた乗客が、別の場所でスパークする。増幅された小話は実験小説として、全99通りの文体で叙述されるのだ。
概要(世界まる見え!テレビ特捜部的)

本日はフランスのドキュメンタリー番組から、前代未聞の偉業を成し遂げた男の話を紹介しよう。

この男の名はレーモン・クノー。フランス人の小説家である。何とこの男、今から「バスの中で見かけた乗客を罵倒する若者を、2時間後に別の場所でもう一度見かける」という短い話を99通りの文体で叙述しようというのだ。

1話目、もう書いたようだ。2話目、これもはやい。そして早くも3話目にとりかかる。それにしてもこの男、ノリノリである。

だが―、 52話目、ついに疲労がたまってきたようだ。筆が止まる。果たして、実験小説はこのまま未完成に終わってしまうのか?


2ヵ月後、そこには99話を書き終えたクノーの姿が!

クノー「いやぁ、一時はもうダメかと思いましたよ。周りの皆に感謝してるよ。もう99回も同じ話を書くのはコリゴリだね(笑)」
概要(の説明口調的)

普通の小説は実験的要素がない分あつかいやすいし
素人から玄人まで幅広く読まれているフランス文学の基本形態


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:82 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE