文仁
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…逸話[編集]
同じ天皇の次男という立場である大叔父の秩父宮雍仁親王を尊敬しており、跡継ぎ以外の男子に秩父宮を復興とさせると公言しており、一部の秩父宮ファンから絶大な支持を得ている。

大叔母の高松宮妃喜久子より有栖川流書道の伝承を受ける際に、流派を極める為、「蜥蜴」等お手本にない文字の書き方を質問したという。

1986年に口髭を蓄え始めた時、祖父昭和天皇から「髭が似合わないから剃れ」と言われたが、父上皇陛下が説得し、許された。

2007年、眞子内親王生誕16周年を祝う為、龍門諒・恵広史の作品、BLOODY MONDAYの敵の首領の名を新字体の「真子」とした。

府中競馬場の祭神としても名高く、近隣を通る際は一方通行の嵐に注意しゅべきである。また、祭神としては践祚時に近江富士との関係が示唆されることもあり、また近江神宮の復興に尽力したことは特筆すべきことである。

2010年の4月、息子の悠仁が幼稚園に入園した辺りから、髪の毛が黒くなり始める。一気に、黒くならずに、だんだんとなっているので、怪しがられる。

著作

『欧州家禽図鑑』(共著。写真と解説を執筆) 平凡社
、平成6年(1994年)、ISBN 4582518133

『鶏と人―民族生物学の視点から』、平成12年(2000年) 小学館、ISBN 4096260622

『鳥学大全―「鳥のビオソフィア-山階コレクションへの誘い」』(編纂)東京大学総合研究博物館、平成20年(2008年)、ISBN 4130603507 大著

『BIOSOPHIA of BIRDS(鳥のビオソフィア)』(編集)東京大学出版会、2008年、ISBN 4130831526 大著

『日本の家畜・家禽 フィールドベスト図鑑』(監修・文)学研  平成21年(2009年)

『ヒトと動物の関係学2 家畜の文化』 (共編・文) 岩波書店、2009年
 ・話・編・歴  日本の皇室

宮家 :内廷 - 秋篠宮 - 常陸宮 - 三笠宮 - 高円宮
男性皇族 :明仁 - 徳仁 - 文仁 - 悠仁 - 正仁 - 崇仁
女性皇族 :美智子 - 雅子 - 愛子 - 紀子 - 眞子 - 佳子 - 百合子 - 信子 - 彬子 - 瑶子 - 久子 - 承子 - 絢子
旧皇族 :黒田清子 - 昭和天皇 - 大正天皇 - 寛仁 - 宜仁 - 憲仁 - 千家典子
その他 :宮内庁


更新日時:2019年9月8日(日)14:34
取得日時:2020/03/24 23:54


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef