敵に塩を送る
[Uncyclopedia|▼Menu]

敵に塩を送る(てきにしおをおくる)とは、そのままだと単なる嫌がらせにすぎないがれっきとした日本ことわざである。ウィキペディア専門家気取りたちも「敵に塩を送る」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
目次

1 意味

2 由来

3 実例

4 最近の例

5 脚注

6 関連項目

意味

敵を窮地に追い込むという意味である。なお、苦境にある敵を助けるという意味で使われることが多いが、下の由来からもわかるようにそれは誤用である。
由来

戦国時代武田信玄上杉謙信は大いに争っていた。武田信玄の位置する甲斐(山梨県)は言うまでもなく内陸部で、慢性的な塩不足に悩まされていた。そこで、海の近くの越後(新潟県)に位置する上杉謙信は、塩不足に悩んでいる信玄に対してを送った。 信玄は大いに喜び、送られてきた塩を大量に舐めまくった。その結果、信玄とその一味は、高血圧になり不健康になってしまった。その結果武田軍は一気に衰退。上杉軍に圧倒されてしまうようになったのである。

また、塩を送ったのではなく上杉謙信が自分の領地の商人に武田信玄の領地で塩を売れと命令した説がある。塩がみるみるうちに金塊に変わったという。これが俗にいう塩バブルである。塩止めをおこなっていた今川氏真の手紙をガン無視し、売りに売りまくった。このせいで借金をした武田信玄は上杉謙信に備前一文字・弘を担保として持っていかれた。

なお、上杉謙信がこの結果を見越して塩を送ったかはいまだに不明である。[1]
実例

このナメクジ野郎!と相手を挑発する時に使う。鉄腕アトムは東京に現れたカタツムリの怪獣「ゲルニカ」に対して塩を送って撃退したことがある。
最近の例

中国が工業用の塩を日本に輸出する。

フリーザがナメック星を攻めた時に使ったのは伯方の塩である。

高血圧症の上司へお中元やお歳暮に塩を送る。

2001年には某秘密結社のボスである若本さんが大量のお塩を天から与えられたことにより、天文学的な数の人間が塩分過剰摂取よってを落とした。

脚注^ ただし、高血圧による脳溢血で死んだのは上杉謙信のほうであり、武田信玄は徳川家康配下の狙撃兵に撃たれて死んだのである。以上の事から、上杉謙信が送った塩には、高性能のラジオビーコンが埋め込まれていたと推測される。

関連項目

武田信玄

上杉謙信





ナメクジ

傷口に塩を塗る


この項目「敵に塩を送る」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2017年9月2日(土)20:51
取得日時:2020/01/22 06:12


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5579 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef